3DCGとVFXソフトウェアの専門店

0
¥0

現在カート内に商品はございません。

0
¥0

現在カート内に商品はございません。

新規 Cinema 4D サブスクリプション(1年間)

通常価格:¥84,700~ ¥116,600 税込
¥80,410 ~ ¥110,770 税込
商品コード: C1-C4D-R23SN ~ C1-C4D-R23SRN
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
[ お問い合わせ ]

チームライセンスには、トレーニング、サポート、ライセンスを管理するためのチーム・アカウント・ダッシュボードが含まれます。
各ライセンスの違いについては以下の「Maxonライセンスの違い」をご覧ください。
Maxonライセンスの違い

製品情報

Cinema 4D R25 新機能

直感的な3Dアプリケーションとして、定評のあるインターフェイスは、新しいモダンなスキン、ユーザーインターフェイスの強化、ワークフローを最適化するための広範なプリセットシステムにより、より直感的になりましたし。新しいカプセル化の技術は、Cinema 4Dのシーンノードシステムのパワーと柔軟性をクラシックなオブジェクトマネージャで直接プラグインのような機能を使って誰でも利用できるようにします。また、シーンノード内のデータインポートとスプライン機能は、シーンノード、シーンマネージャ、カプセルを介してユニークで便利なツールセットを提供します。

ユーザーインターフェイスの改善

Cinema 4D R25では、直感的な3Dアプリケーションとして評価の高いインターフェイスがさらに良くなりました。アップデートされたスキームとアイコンは、Cinema 4Dのクラシックなルックに新鮮でモダンなだけでなく、重要なことを直感的に伝え、アートワークにより集中できます。ダイナミックパレットは、スペースを有効に使った新しいレイアウトを可能にし、必要なツールを常に開いておくことができます。タブ化されたドキュメントやレイアウトにより、複数のプロジェクトやワークフローの間を簡単に切り替えできます。

カプセル化

Cinema 4Dのシーンノードコアで構築されたカプセルアセットは、プロシージャルなプラグインのような機能を提供します。これらのカプセルは、Cinema 4Dのクラシックオブジェクトマネージャでプリミティブ、ジェネレータ、ジオメトリモディファイアとして直接使用できます。また、カプセル構築を使用して、独自のノードベースの構築ノードでクラシックC4Dシーンを補強することもできます。

スプラインのインポート

Adobe IllustratorやPDF、SVGファイルからベクターアートワークを読み込んで、3Dシーンに活用できます。AdobeのユビキタスなPDFフォーマットを使用して、PDF互換で保存されたAdobe Illustratorファイルからスプラインをインポートします。シンボルやグラデーションを使った図形など、高度な機能にも対応しています。また、SVG形式で保存されたベクターアートも取り込むことができます。

アセットブラウザ

パワフルでフレキシブルなアセット管理
アセットブラウザは、ローカルまたはオンラインに保存されているプリセットコンテンツのライブラリに簡単にアクセスできます。これには、Cinema 4Dのサブスクリプション契約者が利用できる3Dオブジェクト、マテリアル、ノードカプセルの膨大なコレクションが含まれます。ライブラリは閲覧や検索が可能で、各アセットには豊富なメタデータとキーワードが含まれています。アセットはオンデマンドでダウンロードされるので、膨大なアセットのライブラリを事前にダウンロードする必要はありません。また、ローカルコンピュータにキャッシュされるので、お気に入りのアセットをすぐに再利用することができます。

シーンマネージャ

シーンマネージャ/シーンノード (プレビュー)
Cinema 4Dの新しいコアの作業の進捗と、それが形になっていく様子を実際に体験してください。Cinema 4Dのシーンマネージャは、強力なノードベースのアセットを使用して、プロシージャルジオメトリやシーン全体を階層ベースのビューで構築します。シーンマネージャは、最終的にCinema 4Dのクラシックなオブジェクトマネージャのような高速でクリエイティブなワークフローを提供します。クラシックC4Dオブジェクトをシーンマネージャにドラッグするだけで簡単に統合できます。シーンマネージャ内で行うすべてのことは、シーンノード内で対応するノードグラフを作成するので、自分の好みや仕事の要求に応じて、どのようなワークフローを選択することもできます。

トラックモディファイア タグ

オブジェクトやタグのアニメーショントラックをとてもすばやく変更できます。従来の方法ではトラックやキーを編集するのに非常に時間が掛かったものを解消するモードも含まれています。スプリングモードは、トラックにバネのような二次的なアニメーションを追加する便利な方法で、コマ飛ばしモードは、なめらかなアニメーションをストップモーションのような動きに変えられます。ノイズモードを使えば、アニメーションに簡単にランダム性を加えることができ、複数のパラメータで効果の強弱を設定できます。スムーズモードでは、アニメーションの揺れや回転を取り除くことができ、モーションキャプチャデータをきれいにするのに最適な方法です。モードを組み合わせることで、非常に複雑なアニメーションを、手間をかけずによりリアルに仕上げられます。

属性マネージャとタイムラインにおけるフィルタ機能

属性マネージャに追加されたフィルタ機能で、アニメーターが見る必要のあるパラメータだけを表示したり、タイムラインのフィルタ機能で特定のトラックだけを表示して不要なものを隠せます。

改良されたキーフレーム作業

より直感的な自動キーフレームとコマンドを使用して、階層やオブジェクトのグループ全体のキーフレームを簡単に設定できるようになりました。

イーズのコピーとペースト

イーズのカーブを、値に影響を与えずに別のキーフレームセグメントやトラックにコピーします。

マーカー

テンポ(BPM)に合わせてマーカーを作成したり、マークされた範囲の間をジャンプしたり、全く新しいHUDでマーカー間を移動したりできます。

CINEMA 4Dとは?

Cinema 4Dは、プロフェッショナルな3Dモデリング、アニメーション、シミュレーション、レンダリングのソフトウェアソリューションです。その高速でパワフル、柔軟で堅牢なツールは、デザイン、モーショングラフィックス、VFX、AR/MR/VR、ゲーム開発、そしてあらゆるタイプのビジュアライゼーションのプロにとって、3Dワークフローをよりスムーズで効率的なものにします。Cinema 4Dは、一人で作業しても、チームで作業しても、驚くべき結果をもたらします。

受賞歴のあるMOGRAPH

MoGraph は、モーションデザイナーが複雑で抽象的なアニメーションをすばやく簡単に作成できるようにする、プロシージャルなモデリングおよびアニメーションのツールセットです。MoGraph の中心となるのはクローナー・オブジェクトで、これを使うとさまざまな方法でオブジェクトを複製することができます。MoGraph のパワフルなエフェクタ・コレクションを組み合わせれば、サウンド、破砕、フィールドなどを使って、すべてを無限に動かすことができ、しかも多くの場合、キーフレームを 1 つも作成する必要がありません。MoGraphは、プロの放送用グラフィックデザイナーが愛用するシステムであり、2019年には米国映画芸術科学アカデミーからアカデミー技術功労賞を受賞しました。

動作環境

オペレーションシステム

  • Windows:
    Windows 10 バージョン 1809以上
    SSE3をサポートするIntel 64ビットCPUまたはAMD 64ビットCPU
    8 GB RAM、16GB以上を推奨
  • macOS:
    macOS 10.14.6以上、macOS 10.15.7を推奨します。これは、いくつかのMetal機能強化によるパフォーマンス、安定性、およびビューポートとの操作性を向上させるためです。
    IntelベースのApple MacintoshまたはApple M1搭載のMac
    4 GB RAM、8 GB以上を推奨
  • Linuxのコマンドライン・レンダリング:
    CentOS 7, 64-bit
    Ubuntu 18.04 LTS, 64-bit
  • 要オンライン接続
  • 推奨最低解像度 1920x1080

グラフィックスカード

  • Windows:
    最低動作環境: NVIDIA Maxwell GPU、AMD Polaris(AMD GCN 4)、DirectX 12 with feature level 11.0をサポートするIntel Kaby Layke以降の機種
    最低動作するGPUドライバー: NVIDIA 461.40、AMD 21.3.2、Intel 27.20.100.9168

  • mac OS:
    Metal: macOS GPUFamily1 v3以上 (確認方法: Mac → システムレポート → グラフィックス/ディスプレイ)
    GPU:Appleが公式にサポートするハードウェアのみ(機能セットmacOS GPUFamily1 v3+)
    e-GPU:公式にサポートされたハードウェアのみ(https://support.apple.com/en-u... を参照)

Cinema 4Dは、DirectX 12機能レベル11.0、またはMetal GPUFamily1 v3対応のすべてのグラフィックスカードをサポートしていますが、AMDまたはNVIDIAのチップセットを搭載した専用の3Dグラフィックスカードの使用をお勧めします。Intel GPUの場合、統合型GPUがコンピュータの使用可能なRAMの半分を使用するため、16GBのRAMを推奨します。

Maxonは、個々のグラフィックスカードのDirectX 12、OpenCL、Metalモードへの対応については責任を負いません。利用可能なチップセット、オペレーティング・システム、ドライバー・バージョンの数や種類が多いため、すべてのシステムの互換性を保証することはできません。

グラフィックスカードのドライバーは、常に最新の公式ドライバーを使用してください(ベータ版は不可)。

重要事項

新しいCinema 4Dリリースの発表時に使用可能なドライバーおよびOSバージョンとの製品の互換性をテストし、一般的なミッドレンジからハイエンドシステム、およびローエンド(最小要件)の基本的な範囲のシステムにフォーカスしています。さらに、ハードウェア、ドライバー、OSの更新がリリースされ次第、それらをフォローするように努めます。

それでも、このCinema 4Dバージョンの発表後に出荷された新しいハードウェアおよびオペレーティングシステムのサポートを保証することはできないことをご理解ください。

Maxon製品の技術仕様は常に変化しています。ソフトウェアの最新のデモバージョンを使用して、コンピューターでの互換性をテストしてください(特に、より複雑な構成がある場合)。

ご注文時の必要情報

※Cinema 4D のライセンスは、Maxon 社の MyMaxon アカウントに紐付けされます。
同アカウントをお持ちでない場合は、以下のPDF「MyMaxon の作成方法」をご参照の上、【発注時に申請頂くE-mailアドレス】で、アカウントの作成をお願いします。

【MyMaxon アカウント情報】
・MyMaxon アカウントに使用した E-mailアドレス

MyMaxon の作成方法はこちら(PDF)

ページトップへ
タイムセール値引前価格: 税込