概要

現在、弊社で行なっている チャレンジ USD コンテスト 2023 と連動して、国内外のUSDに知見のある方々との交流を図ることを目指します。

Universal Scene Description(USD)は、オープンソースの3Dグラフィックスデータの相互運用性を改善するために Pixar Animation Studios によって開発されたテクノロジーです。USDは、複数のアプリケーションやプロダクションワークフローで3Dデータを効果的かつ効率的に共有できるようにするためのオープンで拡張可能なフレームワークです。

※詳細は順次アップデートします。

イベント概要

イベント名 OpenUSD Tech Summit 東京 2024
開催日時 3月5日(火) 18時-21時 前夜祭 (第2回 チャレンジ USD コンテスト 2023 各種表彰式)
3月6日(水) 10時-16時 プレゼンセッション(開始時間遅らせる可能性あり)
開催場所
(両日ともに)

浜松町コンベンションホール&Hybridスタジオ [A&B]
〒105-0013 東京都港区浜松町二丁目3番1号
日本生命浜松町クレアタワー 5F
地図・アクセス方法はこちら
※オンラインでのライブ配信はありませんが、後日弊社YouTubeチャンネルでアーカイブ配信予定となります。

目的 日本のCG/VFX関係者がUSDの利点や最新の開発に関する知識を深め、コラボレーションと情報交換を促進する。
参加費 無料
定員 100名
主催 株式会社インディゾーン

会場案内図 (5Fフロアマップ)

浜松町コンベンションホール&Hybridスタジオ 5F 大ホールA & B

Logo

スポンサー

Logo Logo Logo

協賛

Logo

 

講演者

img

Luca Pataracchia
SideFX
Senior Production Consultant, Vancouver Canada

カナダバンクーバー在住のシニアプロダクションコンサルタントです。SideFxでは、過去7年間、現在の職務に従事しています。業界としては、映画、テレビ、ゲームシネマティックスのプロジェクトに携わりました。Houdiniユーザー歴は23年間あり、そのうち12年は、 Digital Domain社、 Sony ImageWorks社、 DreamWorks社、 Disney社、Blizzard社などで、エフェクトテクニカルディレクターとして活動してきました。
https://www.sidefx.com/profile/lucap1/

img

手島 孝人 様
株式会社ポリフォニー・デジタル

CG エンジニア。90年代より DoGA プロジェクト、ナムコ CG 開発部、ポリフォニー・デジタル、ピクサー・アニメーションスタジオでゲームや映画の CG パイプライン、ツール開発に従事。ピクサー R&D 部門では Presto 開発とともに OpenSubdiv、OpenUSD、Hydra などのオープンソースプロジェクトを担当した。現在は再びポリフォニー・デジタルにてコンソールゲーム制作に携わりながら、OpenUSD のさらなる活用と発展に取り組んでいる。

img

吉阪 豊 様
NVIDIA

国産3DCGツールの開発に20年ほど携わっていました。開発はモデリング、レンダラ、プラグイン、情報共有のためのチュートリアル作成、3Dコンテンツ作成など幅広く展開。
国内初のNVIDIA Omniverseアンバサダー。

OmniverseやUSDについて情報公開をしていた縁もあり、今はOmniverseのConnector開発を行っています。

img

金子 元隆 様
株式会社スタジオブロス

SPEJ・ANIMAX編成制作ディレクター、円谷プロダクション制作マネージャーを経て、株式会社スタジオブロス代表取締役に就任。エンタープライズ分野を始めとして映画、CM、テーマパークなど多岐にわたり、リアルタイム・グラフィック・システム開発を担当。2023年NHK大河ドラマ「どうする家康」バーチャルプロダクション・プロデューサー。2018年からOmniverseを通じてUSDの業務利用を始めました。

img

近藤 義仁(@GOROman)様

幼少期からプログラミングに明け暮れ、コンシューマーゲーム業界でゲームプログラマーを歴任。2012年クラウドファンディング KickStarter にてOculus Rift DK1に出会い、自らエヴァンジェリストへ。2014年Oculus Japan Teamの立ち上げに参画し、その後親会社であるFacebook(現Meta)でパートナーエンジニアスペシャリストに従事。著書「ミライを作ろう!」(翔泳社)

現在はViXion株式会社のテクノロジー・エヴァンジェリストとして活躍中。

img

痴山 紘史 様
株式会社日本CGサービス

JCGS代表。 IMAGICAにて放送局向けリアルタイムCGシステムの構築・運用に従事。その後、リンクス・デジワークスにて映画やゲームの映像制作パイプライン構築、リグ開発、エフェクト、モーションキャプチャーといった幅広い分野のテクニカル業務を手がける。

2010年に独立。以降、映像制作プロダクション向けのパイプライン構築を事業の核として展開している。UE4をはじめとしたリアルタイムCG技術やクラウドコンピューティングといった技術を活用し、映像制作プロセスの効率化と品質向上を目指している。

CGWorld.jpにて「CG映像業界のテクニカル系の仕事を探る」連載中。

img

山口 貴弘 様
Foundry Japan
Manager of Creative Service, APAC

アジアパシフィックエリア各地域特有のトレンドやニーズに合わせ、FoundryクリエイティブサービスではNukeを始めとする各製品を通じて複雑化する映像制作における効率化や課題解決を提案しています。ちなみにFoundryにジョインしてもうすぐ8年になるところです。

セッションでは各Foundry製品がパイプラインのどのポジションで役に立てるのか、そしてパイプラインにUSDの導入を検討されている皆様にとってKatanaがどのように効率化と課題解決に貢献できるのかをご紹介いたします。この機会にKatanaを知ることから始めてみませんか。

セッションのハイライト

1. USD入門セッション
 ・USDの基本概念とワークフローの理解
 ・USDのデータ構造と階層的なシーングラフ
 ・インターオペラビリティと異なるアプリケーション間でのUSDの利用方法

2. 最新のUSD機能と開発
 ・最新バージョンのUSDでの新機能の紹介
 ・開発者向けのベストプラクティスとヒント
 ・プラグインや拡張機能の作成方法

3. USDを活用したプロダクションワークフロー
 ・USDを使用した実際のプロダクションケーススタディ
 ・USDを導入する際のベストプラクティス
 ・CG/VFXプロフェッショナルのための実用的なヒントとトリック

参加メリット

  • USDの基本を理解し、プロダクションワークフローの最適化
  • 最新の開発トピックに関する洞察を得る
  • 日本のゲーム開発およびCG/VFXコミュニティとのネットワーキングの機会

お申し込み方法

当セミナーは、「Peatix」というチケットサービスを経由してお申し込み(無料)をして頂きます。

Peatixへの新規登録はこちら  ※Peatixの新規登録のヘルプはこちらをご覧ください


[IndyZone Presents]
OpenUSD Tech Summit 東京 2024
お申し込み

Peatixバナーリンクよりお進み頂き、お申し込みください。
両日ともご参加の場合は、お手数ですがそれぞれお申し込みください。

お問い合わせ先

[株式会社インディゾーン 本社] 〒105-0013 東京都港区浜松町2-7-11 芝KSビル 3F / Tel.03-5733-8971
[株式会社インディゾーン 大阪営業所]〒550-0002 大阪市西区江戸堀1-15-27 アルテビル肥後橋 2F / Tel.06-6448-8310

お問い合わせはこちら

すべてのブランド名、製品名、および商標はそれぞれの所有者に帰属します。
当サイトは株式会社インディゾーンが運営しています。