3DCGとVFXソフトウェアの専門店

0
¥0

現在カート内に商品はございません。

0
¥0

現在カート内に商品はございません。

RenderMan 25 旧バージョンからのアップグレード 初年度メンテナンス含む

¥96,800 税込
商品コード: PX002-RM
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
[ お問い合わせ ]

※アップグレード・初年度メンテナンス(1年間)含む

RenderMan バージョン25

RenderMan のバージョン25は、アニメーションや視覚効果で広く使用されている、業界をリードする Pixar社のレンダリングソフトウェアの最新バージョンです。この新しいバージョンには、速度、品質、およびスケーラビリティを向上させる多くの機能と更新が含まれています。このリリースの基礎となるのは、機械学習を使用してレンダリングプロセスを大幅に高速化する Disney Research の高度なDenoiserです。Pixar社 の最先端のレンダリングテクノロジーである XPU も、ボリュームレンダリング、セカンダリパスの完全サポート、より高速なインタラクティブ性など、主要な新しいマイルストーンに到達しました。バージョン 25 のその他の改善点には、スタイル設定のクリエイティブコントロール、Pixar社 の USD との統合の強化、ライトベイクの改善が含まれます。最後に、ILM 社による MaterialX Lama の更新により、バージョン 25 のメジャーリリースの機能が完成します。

 

ELEMENTAL © Disney/Pixar

リリースハイライト

バージョン 25 では、Pixar社 は RenderMan に大幅な進歩をもたらします。

  1. 革新的なノイズ除去技術 — RenderMan Denoiser は、Disney Research によって開発されたまったく新しい最先端のノイズ除去技術であり、機械学習と Disney社、ILM社および Pixar社 からのトレーニングデータを使用して、ノイズ除去に新しいアプローチを採用しています。Denoiser は、最高品質の画像を提供しながら、長編アニメーションと VFX の両方のレンダリング時間を大幅に短縮できます。

  2. XPU の進歩 — Pixar社 の XPU 技術は、バージョン 25 で重要なマイルストーンに到達しました。これには、ボリューム、セカンダリパス、トレースグループのサポートや、ルックデベロップメント、ライティング、インタラクティブ性に対する多くの機能強化が含まれます。これらのマイルストーンは、Pixar社 の次世代レンダラーである XPU の大きな進化を表しています。

  3. ルックデベロップメント — バージョン 25 における多くの進歩は、新しいマテリアルライブラリから合理化されたパイプライン実装まで、ルックデベロップメントの創造的な側面を強化することに重点を置いています。RenderMan Stylized Looks はユーザー エクスペリエンスを強化し、強力な機能を追加しました。ILM社 および USD チームとのコラボレーションにより、物理ベースのマテリアルの作成と交換に優れた結果が得られました。

    ハイライトは次のとおりです。
    • Stylized Looks — ツールセットを更新したことにより、アーティストは、トゥーンシェーディング、イラストライティング、ラインワークをよりクリエイティブに制御して、Stylized Looksを生成できます。ハイライトには、ラインの歪み、オーバーホールされたトゥーンシェーディング システム、より多くのハッチング プリセット、最適化されたラインワーク、およびライブラリを拡張する新しいPreset Browser Stylized Looksマテリアルが含まれます。

    • MaterialX Lama — ILM 社は、MaterialX Lama の拡張と機能に貢献しました。これらには、異なる素材レイヤー間の光の相互作用をより正確に計算することが含まれ、新しい虹色(Iridescence)マテリアルレスポンスも含まれるようになりました。

    • MaterialX & Solaris — USD チームとの継続的な協力により、Solaris での MaterialX の直接サポートと、他の多くの DCC での MaterialX のサポートにより、マテリアル交換に肯定的な結果が得られました。RenderMan は、クラス最高のマテリアル交換方法をユーザーに提供することに専念しており、この進歩を可能にするために USD チームと緊密に協力しています。

ショーケース 1
革新的なノイズ除去技術

RenderMan 25 は、Disney Research のまったく新しい最先端のDenoiserを備えており、機械学習を使用して部分的に収束した画像を解決し、画像の詳細と時間的な一貫性を維持しながら、最終的な結果を完全な収束とほとんど差がないようにします。この高度なノイズ除去技術は、Pixar社、Walt Disney Animation Studios (WDAS)、および Industrial Light and Magic社 と連携して Disney Research によって開発されたものであり、ニューラル ネットワークが画像のノイズを除去する方法に関する新しい研究に基づいており、制作現場実証済みです。このデノイザーは、WDAS によって開発された RenderMan の現在のオフライン デノイザーを置き換えます。

ハイライト:

  • 機械学習 — Pixar社 の RenderMan Denoiser は、機械学習を使用して、部分的に収束した画像から高い精度と時間的コヒーレンスでノイズを除去し、完全に収束した画像とほとんど見分けがつかない最終的な画像を生成します。デノイザーは、ILM 社の VFX から Pixar社 や Disney社 の長編アニメーションまで、幅広い制作データセットでトレーニングされています。

  • プロダクション証明済み — この高度なノイズ除去技術は、Disney Research によって開発され、Pixar社、Walt Disney Animation Studios (WDAS)、Industrial Light and Magic社 での制作に使用されているため、信頼性が高く、非常に効果的であることが証明されています。

  • 最高の忠実度 — AI Denoiser は、他の方法では失われる可能性のある複雑で難解なディテールを保持する点で際立っており、長編アニメーションや VFX などの要求の厳しいアプリケーションに最適です。高い忠実度を維持しながらレンダリング時間を大幅に短縮し、業界のベテランから「魔法」と呼ばれることもあります。

LIGHTYEAR © Disney/Pixar

ショーケース2
XPU の進歩

バージョン 25 は、Pixar社 の次世代テクノロジーである XPU に重要な新しいマイルストーンをもたらし、プロダクション VFX パイプラインでの役割を強化すると同時に、完全なプロダクションレンダラーになるために進化を続けています。ボリュームとポイントのサポートにより、XPU はハード サーフェス以上に外観の開発に使用できるようになりました。 LPE と任意の AOV に対する XPU のサポートが追加されたことで、長編アニメーションと VFX に不可欠な合成ワーフローが可能になりました。最後に、多くの追加機能強化は、Pixar社 の GPU アクセラレーションレンダラーが大きく前進することを示しています。

ハイライト:

  • ボリューム — XPU にボリュームアグリゲートが導入されたことは大きな成果であり、ルックデベロップメントフェーズでのイテレーション時間が短縮され、最終的なレンダリングも高速化されました。花火の打ち上げなどを XPU でレンダリングできるようになりました。

  • LPE と AOV — XPU での LPE と任意の AOV の完全なサポートにより、合成やさまざまな制作シナリオで高品質の出力を生成するために必要な柔軟性と制御をアーティストに提供します。

  • Look Developmentの改善 — XPU での Look Development の進歩 (薄いガラスやトレースサブセットのサポートを含む) は、アーティストの制御を改善し、XPU レンダリングと RIS の間の一貫性をさらに高めるのに役立ちます。

  • 変形モーションブラー — XPU は完全なデフォメーションモーションブラーをサポートするようになりました。これにより、スタジオは XPU を使用して高速な品質管理したレンダリングを生成し、アーティストは、アニメーションキャッシュが正しく作成されたかどうかを検証する機会を得ます。

  • 完全なカメラ コントロール — XPU は pxrCamera の多くのコントロールをサポートするようになりました。これらのコントロールには、被写界深度や色収差などの追加機能が含まれており、インタラクティブ レンダリング中にすばやく調整できます。最新のサポートについては、ドキュメントを参照してください。

  • インタラクティブ性 — インタラクティブ性は、RenderMan 25 の XPU の重要な機能です。Progressive Pixelsなどの機能を通じて、カメラの動きやシェーダーパラメーターの変更に対する XPU の応答性を改善することで、インタラクティブなパフォーマンスを優先し、選択を改善するためのより迅速な画像フィードバックを提供しつつ、アーティストがより迅速に、より多くの情報に基づいた意思決定を行えるようにします。

  • レンダリング コントロール — XPU のレンダリングコントロールは、レンダリングプロセスに対してよりざらざらしたレベルの制御を提供し、アーティストがオブジェクトごとに拡散光線と鏡面反射光線の両方のトレース深度を設定できるようにします。これらのコントロールは、より速い収束速度を実現し、RenderMan の以前のバージョンである RIS によって生成されたものにより近いレンダリング結果を生成するのに役立ちます。

  • 低メモリ GPU サポートの改善 — テクスチャキャッシュが改善され、メモリに制約のある GPU でのパフォーマンスが向上しました。テクスチャキャッシュがコア外のテクスチャ ルックアップを実行する必要がある場合、GPU からのレンダリングが高速になります。

LIGHTYEAR © Disney/Pixar

ショーケース3
STYLIZED LOOKS

バージョン 25 の RenderMan の Stylized Looks ツールセットは、アーティストがノンフォトリアリスティックイメージを作成するためのよりクリエイティブなコントロールを提供します。アップデートには、改善されたToonシェーディング、ハッチング、ライン最適化が含まれます。UI はより直感的に再編成され、アーティストはLine Distort、Toon Mask、Color Spline Rampなどの新機能を新しいクリエイティブ コントロールを利用できます。

ハイライト:

  • ライン — RenderMan は、より手描きの外観を実現するために、すぐに使える歪んだ線をサポートするようになりました。パフォーマンスを向上させるための線の太さと線の並べ替えの最適化もあります。

  • Toon — Stylized Control ツールセットにToon Maskのサポートが追加され、Stylized Toon機能が新しいColor Spline Rampで更新され、クリエイティブなコントロールが向上しました。さらに、ホワイトシェーダーの計算が改善され、Signal Pre Gain/Gamma がツールセットに追加されました。

  • ハッチング— Stylized Hatchingは、トリプラナー プロジェクション、ハッチング マスク、トゥーンシェーディング、ブレンディング、およびレインボーテストビジュアライザーが更新されました。

  • UIのオーバーホール — Stylized Looksのユーザー インターフェイスのオーバーホールにより、アーティストにとってツールセットがより使いやすくなりました。パラメータは、より直感的で使いやすいように再編成されました。

ELEMENTAL © Disney/Pixar

ショーケース4
アーティストツール

RenderMan を DCCツールとより緊密に統合し続け、使いやすさと安定性を向上させました。 USD および Hydra チームとのコラボレーションにより、RenderMan の可能性が最大限に引き出されました。この機能強化により、制作パイプラインで RenderMan を使用するアーティストはシームレスなワークフローが提供されます。

  • サポートの更新 — Houdini、Katana、Maya、Solaris など、ほとんどの DCC の最新バージョンが RenderMan でサポートされるようになりました (最新の Blender もサポートされます)。また、Preset Browser や Texture Manager を含むすべての DCCツール で全般的な安定性が向上しています。

  • 新しいプリセット ライブラリ — Preset Browser に同梱されているアセットのライブラリは、ファー、ヘア、スタイライゼーション、多様なスキンなどのいくつかの新しいコレクションで大幅に拡張されています。すべて RenderMan Preset Browser から利用できます。

  • プロダクション級の花火 — パイロテクニックプリセットのライブラリがバージョン 25 で出荷されます。ライブラリには、Blender、Houdini、Maya、および Katana で使用するための Smoke、Flames、Campfire、Smokey Campfire、および Fire Ball が含まれており、Pixar社 VFX TD、Hope Shroers氏 と共同で開発されました。

  • ハイライト | Houdini Pyro HAD — Houdini ベースの Kaboom Box HDA は、写真のようにリアルな Pyro ボリューム、煙、火、およびその中間の高度な VDB 処理を備えており、すべてアーティストに馴染みやすいUIにまとめられており、Pixar社 FX TD の Hope Shroers 氏によって作成されました。

  • ハイライト | Solaris & MaterialX — Solaris での RenderMan の機能は、MaterialX のサポート、カメラ シャッターの制御機能の強化、およびモーション ブラーの修正により改善されました。

  • ハイライト | Katana 6 サポート — 最新バージョンのKatana 6 では、RenderMan でのマテリアル ノードのソロ化がサポートされるようになりました。

ELEMENTAL © Disney/Pixar

ショーケース5
追加機能

  • MaterialX Lama — バージョン 25 では、MaterialX Lama の最新の改善が ILM から統合されています。これには、異なるマテリアルレイヤー間の光の相互作用のより正確な計算が含まれ、アーティストにとってより物理的に正確な結果が得られます。さらに、新しい虹色(Iridescence)マテリアルレスポンスが含まれています。

  • ライトベーキング — スタジオがリアルタイムレンダリングに携わっている場合、それが LED ライトステージ、ゲーム、またはその他のものであるかどうかにかかわらず、グローバルイルミネーションのベイク処理を最大 2 倍改善し、解像度を制御するためのコントロールを追加しました。

LIGHTYEAR © Disney/Pixar

アプリケーションの互換性と必要条件

RenderMan RIS には、AVX 命令セット以上を実行できる CPU が必要です。RIS には 最小8 GB の RAM が推奨されます。

RenderMan XPU には、AVX 命令セットを実行できる CPU が必要です。64 ビットの Linux および Windows システム上でGPUアクセラレーションに対応。GPU アクセラレーションはMaxwellアーキテクチャ以降の Quadro、Tesla、または Data Center GPU 相当のNVIDIAグラフィックス カードでサポートされます。最小 11 GB の VRAM が推奨され、最高のパフォーマンスを得るためには24 GB の VRAM が推奨されます。ハイブリッド (CPU + GPU) 処理には最小 16 GB のシステム RAM が推奨されます。ドライバー要件の詳細については、XPU Technical Specificationsをご確認ください。

NVIDIA Optix A.I. DenoiserをRenderManツールセット「it」で使用するには、Optix 7 対応ハードウェア、NVIDIA Maxwell およびそれより新しいバージョンが必要です。

RenderMan は、次の 64 ビット オペレーティングシステムと互換性があります。

  • Linux CentOS/RHEL 7.2+
  • Windows 10
  • macOS 10.14 および 10.15

RenderMan は、次の DCCツール とも互換性があります。

  • Houdini 18.5、19.0、および 19.5 (プロダクションビルドのみ)
  • Katana 4.0、4.5、5.0、6.0
  • Maya 2020、2022、および 2023
  • Blender 2.83 LTS、2.93 LTS、および 3.0.x

RenderMan XPU は、次の 64 ビット オペレーティング システムと互換性があります。

  • Linux CentOS/RHEL 7.2+
  • Windows 10

RenderMan XPU は、 GPU アクセラレーション モードについて、以下と互換性があります。

  • NVIDIA「Maxwell」アーキテクチャ以降。

教育用アセット

バージョン 25 のリリースは、新しいEducational Lessons & Assetsで補完されます。

ELEMENTAL © Disney/Pixar

Pixar Animation Studiosについて

The Walt Disney Company の完全所有子会社である Pixar Animation Studios は、アカデミー賞を受賞した映画スタジオであり、コンピューターアニメーションの分野で世界的に有名な技術、創造性、制作能力を備えています。北カリフォルニアのスタジオにおいて、『トイ・ストーリー』、『モンスターズ・インク』、『カーズ』、『Mr.インクレディブル』、『レミーのおいしいレストラン』、『ウォーリー』、『カールじいさんの空飛ぶ家』、『メリダとおそろしの森』、『インサイド・ヘッド』、『リメンバー・ミー』、『私ときどきレッサーパンダ』など、史上最も成功し愛されているアニメーション映画を制作してきました。その映画とテクノロジーは 40 ものアカデミー賞® を受賞しており、映画の全世界の興行収入は 140 億ドルを超えています。Pixar社の第27作目である『マイ・エレメント』は、米国で2023年6月16日に公開、日本で8月4日公開予定です。

RenderManについて

RenderMan は、Pixar Animation Studios が開発した最先端のレンダリングソフトウェアです。これは、長編映画のアニメーションや VFX で高品質のビジュアルを作成するための、アカデミー賞を受賞したソリューションです。1989 年の最初のリリース以来、RenderMan は最新の技術的および創造的な課題に対応するために進化してきました。現在では、比類のない芸術的なコントロールで見事な画像を提供できる最先端のレイ トレーサーとなっています。 RenderMan は、『マイ・エレメント』、『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』『トップガン マーヴェリック』など、多くの大ヒット映画で使用されています。 RenderMan は、アーティストにインタラクティブなシェーディングのための合理化されたワークフローを提供します。信頼性と拡張性に関するソフトウェアの評判を維持しながら、照明、外観の開発を行います。このソフトウェアは、Autodesk Maya、SideFX Houdini、Foundry の Katana などの一般的な 3D ソフトウェアとシームレスに統合するための完全に統合されたプラグインを提供します。スタンドアロンのレンダラーとしても使用できます。創造性と柔軟性に重点を置いた RenderMan は、比類のない芸術的なコントロールを提供し、映画業界のアーティストにとって頼りになる選択肢となっています。

 

ページトップへ
メーカー : PIXAR
タイムセール値引前価格: 税込