3DCGとVFXソフトウェアの専門店

0
¥0

現在カート内に商品はございません。

0
¥0

現在カート内に商品はございません。

Pulldownit Pro Maya & 3ds Max バンドル 1年間ライセンス for Windows

通常価格:¥62,370~ ¥78,540 税込
¥62,370 ~ ¥78,540 税込
商品コード: C1-PDI-MYMXBF ~ C1-PDI-MYMXBN
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
[ お問い合わせ ]

通常納期:発注後2,3営業日

Pulldownit 5 for Maya 新機能

Pulldownit 5 for Mayaがリリースされました。パフォーマンスや有用性に重要な更新をもたらし、フラクチャソルバは少なくとも2倍高速に計算できるようになり、衝撃領域では更なる調整の必要なく、より多くの破片を取得することができます。

長い表面の亀裂の作成が大幅に簡素化されたので、曲線の一部に沿って粉砕する新しい機能により、ユーザーは亀裂の微調整を視覚的な方法で必要な数だけ行うことができます。動的な亀裂のリバースをワンクリックで行うことができ、さらに表面の亀裂を制限することができるので、壊れた破片を表面上に強制的に付着させたり、必要に応じて落下させることができます。

切断面に粗さを追加する素晴らしい機能であるJagginessにも重要な更新が追加されました。デフォルトでは、粗さを適用できるのはシミュレーションにおいて壊れた領域のみになり、レンダリングまたはゲームエンジンへのエクスポート時にメッシュがはるかに軽くなります。

その他のパフォーマンスおよび有用性における改善点は、以下でご確認いただけます。また、Pulldownitにおける修正の完全リストは、バージョンログページをご確認ください。

Pulldownitウェブサイトバージョンログで修正の完全リストを読む

粉砕の新機能

Shatter itツール用の新しいExtentパラメータ、これは粉砕領域を視覚的に縮小することができる新しいパラメータで、モデルの任意の領域の破片の密度を非常に簡単に増やすことができます。

Shatter it Draftモードで曲線の一部を除外する新機能。マウスをシンプルにドラッグすることで、粉砕用に使用する曲線の範囲を必要な回数だけ選択することができるので、すべての再粉砕操作を行うのには1本の曲線だけで十分です。

Jagginessを壊れた破片にのみ適用。デフォルトでは、Jagginessはシミュレーションで壊れた領域にのみ適用され、レンダリングまたはゲームエンジンへのエクスポートするためにはるかに軽量なメッシュを取得します。

動態的な新機能

PDIFracture Solver2倍高速に。動態的で数百または数千の破片が含まれるシーンは、前バージョンと安定性が同じでも、少なくとも2倍高速に計算されるようになりました。

Fractureソルバのクオリティが向上。亀裂がよりリアルになり、衝撃の境界にある小さな破片を引き出したり、さらなる調整を行うことなく領域を切り離したりすることができます。

新しいクラッカー用の制限された動作。ユーザーは、分離した破片を表面上にくっつけたり自由に落下させたりして移動できる距離をコントロールすることができるようになりました。。

新しいAdd Particlesオプション「Visible Faces Only。破片を結合して放出する際、この新しいオプションは結合したノードの表示面上にのみnParticlesを拡散します。

UIの強化

PDIシーンのロードが2倍高速に。これによりMayaで大規模な破壊シーンを読み込む速度が少なくとも2倍高速になりました。

Crackerの方向を元に戻す新しい機能。動的な亀裂のリバースがパネルボタンのクリックでできるほど簡単になりました。

ユーザーが参照曲線を変更する際にCracker Pathを更新する新しいオプション

フラクチャボディの作成が4倍高速に。数千の破片で作成されたフラクチャボディは、PDIソルバでほんの数秒で作成できるようになりました。

ストレスビューの「フレームで破壊」クラスターが緑色で表示されるようになりました。Stress Viewのとき、ユーザーはフレームで破壊するよう設定されたクラスター(緑色)を他のものと簡単に区別できるようになりました。

フラクチャクラスターの作成が、ほぼ瞬間的にできる操作になりました


Pulldownit 主要機能

ボロノイベースのプレカット「Shatter It!」

Shatter It! は、プレカットツールで、ジャギーな破片を古典的なポリゴンの破片よりもはるかにリアルに生成することができます。これは、脆性破壊にとって最適な数学的パターンであると証明されたボロノイ図をベースにしています。この技術により、3Dモデルを数百の破片に一瞬でプレカットできるほか、生成された破片をPulldownitソルバに簡単に接続して、高速で安定したシミュレーションを実行することができます。

ビルトインDynamics & Fractureソルバ

Pulldownit の破砕の技術は、他に類のない革新的な技術です。石、ガラス、漆喰といったあらゆる種類の脆い材料を破砕することができます。これを使えば、デジタルアーティストの方は、構造物やヒビが入っている地形を数分で破壊することができます。設定が簡単で、パワフルなストレスツールは、ヒビの作成を制御し、シミュレーションを望み通りに完了させることができます。

アニメーションに最適

Pulldownitには、現在のところAutodesk 3ds Max版とMaya版があります。ビューポートからジオメトリを取得し、最終結果をアニメーションキーとして計算します。シミュレーションのリセットや再開のほか、パラメータの微調整とあらゆるフレームでのシミュレーションの再開を、必要なだけ行うことができます。また、アニメーションしたオブジェクトやキャラクターを、シミュレーションしたものと相互に作用させることができます。


Pulldownit 対応バージョン

  • 対応 Maya バージョン
    Maya 2016, 2017, 2018, 2019, 2020, 2022

ノードロックとフローティングの違いについて

ノードロック: マシン固定のライセンスです。
フローティング: ご購入いただいたライセンス数まで同時に複数のコンピューターから製品をご利用いただけるライセンスです。インストールするコンピューターの数には制限は なく、同時に製品を利用するユーザーの最大数を勘案してご購入いただけます。


※重要※ Thinkinetic社 ライセンスポリシー

Pulldownit Pro ノードロックライセンスのご使用マシン変更等によるライセンスの移行・再発行は、1年間のライセンス有効期間中に1回目のみ無償で対応可能です。2回目以降の再発行には、Thinkinetic社の同意と、1ライセンスあたり20,000円(税別)の手数料が必要となります。


必要情報について

※ご注文の際に、英文字のユーザー情報 (会社名・お名前・住所・電話番号・E-Mailアドレス)が必要となりますので、お手数ではございますがご連絡をお願いします。

通常納期:発注後2,3営業日

Pulldownit 5 for 3ds Max 新機能

Pulldownit 5 for 3ds Maxがリリースされました。パフォーマンスと操作性の面で重要な更新が行われたため、フラクチャ・ソルバは少なくとも2倍の速度で計算が可能になり、さらに調整することなく、衝突領域でより多くの破片を取得できるようになりました。

カーブの一部に沿って粉砕する新しい機能により、ユーザは視覚的に必要なだけ亀裂を微調整することができ、サーフェスの亀裂を境界線で囲み簡単に良好な応力効果を作成でき、亀裂を反転させるにはワンクリックで済みます。これにより、サーフェスの亀裂の作成と調整がこれまでよりも簡単になりました。

カット面に粗さを追加する機能であるジャギネスにも重要なアップデートがあります。デフォルトでは、ジャグジネスはシミュレーションの壊れた部分にのみ適用されるので、レンダリングやゲームエンジンへのエクスポート時にメッシュを軽くすることができます。

その他のパフォーマンスとユーザビリティにおける改善点は、以下でご確認いただけます。また、Pulldownitにおける修正点の全リストは、バージョンログページをご確認ください。

Pulldownitウェブサイトバージョンログで修正の完全リストを読む

粉砕の新機能

Shatter itツール用の新しいExtentパラメータ、この新しいパラメータを使用すると、粉砕領域を視覚的に縮小できるため、モデルの任意の領域でフラグメントの密度を簡単に増やすことができます。

Shatter it Draftモードで曲線の一部を除外する新機能。マウスをシンプルにドラッグすることで、粉砕用に使用する曲線の範囲を必要な回数だけ選択することができるので、すべての再粉砕操作を行うのには1本の曲線だけで十分です。

Jagginessを壊れた破片にのみ適用。デフォルトでは、Jagginessはシミュレーションで壊れた領域にのみ適用され、レンダリングまたはゲームエンジンへのエクスポートするためにはるかに軽量なメッシュを取得します。

ダイナミクスの新機能

PDIFracture Solverが2倍高速に。動態的で数百または数千の破片が含まれるシーンは、前バージョンと安定性が同じでも、少なくとも2倍高速に計算されるようになりました。

Fractureソルバのクオリティが向上。亀裂がよりリアルになり、衝撃の境界にある小さな破片を引き出したり、さらなる調整を行うことなく領域を切り離したりすることができます。

新しいクラッカー用の制限された動作。ユーザーは、分離した破片を表面上にくっつけたり自由に落下させたりして移動できる距離をコントロールすることができるようになりました。

UIの強化

Crackerの方向を元に戻す新しい機能。動的な亀裂のリバースがパネルボタンのクリックでできるほど簡単になりました。

フラクチャボディの作成が2倍高速に。数千の破片で作成されたフラクチャボディは、PDIソルバでほんの数秒で作成できるようになりました。

フラクチャクラスターの作成が、ほぼ瞬間的にできる操作になりました

ストレスビューでの視覚化の改善。ストレスビューでは、マテリアルに関係なく、すべてのフラグメントが単色で表示されるようになりました。

ストレスビューの「フレームで破壊」クラスターが緑色で表示されるようになりました。Stress Viewのとき、ユーザーはフレームで破壊するよう設定されたクラスター(緑色)を他のものと簡単に区別できるようになりました。


Pulldownit 主要機能

ボロノイベースのプレカット「Shatter It!」

Shatter It! は、プレカットツールで、ジャギーな破片を古典的なポリゴンの破片よりもはるかにリアルに生成することができます。これは、脆性破壊にとって最適な数学的パターンであると証明されたボロノイ図をベースにしています。この技術により、3Dモデルを数百の破片に一瞬でプレカットできるほか、生成された破片をPulldownitソルバに簡単に接続して、高速で安定したシミュレーションを実行することができます。

ビルトインDynamics & Fractureソルバ

Pulldownit の破砕の技術は、他に類のない革新的な技術です。石、ガラス、漆喰といったあらゆる種類の脆い材料を破砕することができます。これを使えば、デジタルアーティストの方は、構造物やヒビが入っている地形を数分で破壊することができます。設定が簡単で、パワフルなストレスツールは、ヒビの作成を制御し、シミュレーションを望み通りに完了させることができます。

アニメーションに最適

Pulldownitには、現在のところAutodesk 3ds Max版とMaya版があります。ビューポートからジオメトリを取得し、最終結果をアニメーションキーとして計算します。シミュレーションのリセットや再開のほか、パラメータの微調整とあらゆるフレームでのシミュレーションの再開を、必要なだけ行うことができます。また、アニメーションしたオブジェクトやキャラクターを、シミュレーションしたものと相互に作用させることができます。


Pulldownit 対応バージョン

  • 対応 3ds Max バージョン
    3ds Max 2022,2021,2020,2019,2018,2017

ノードロックとフローティングの違いについて

ノードロック: マシン固定のライセンスです。
フローティング: ご購入いただいたライセンス数まで同時に複数のコンピューターから製品をご利用いただけるライセンスです。インストールするコンピューターの数には制限は なく、同時に製品を利用するユーザーの最大数を勘案してご購入いただけます。


※重要※ Thinkinetic社 ライセンスポリシー

Pulldownit Pro ノードロックライセンスのご使用マシン変更等によるライセンスの移行・再発行は、1年間のライセンス有効期間中に1回目のみ無償で対応可能です。2回目以降の再発行には、Thinkinetic社の同意と、1ライセンスあたり20,000円(税別)の手数料が必要となります。


必要情報について

※ご注文の際に、英文字のユーザー情報 (会社名・お名前・住所・電話番号・E-Mailアドレス)が必要となりますので、お手数ではございますがご連絡をお願いします。

ページトップへ
タイムセール値引前価格: 税込