3DCGとVFXソフトウェアの専門店

0
¥0

現在カート内に商品はございません。

0
¥0

現在カート内に商品はございません。

Pulldownit Pro for 3ds Max 1年間ライセンス

通常価格:¥41,580~ ¥52,360 税込
¥41,580 ~ ¥52,360 税込
商品コード: C1-PDI-MXN ~ C1-PDI-MYLF
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
[ お問い合わせ ]

Pulldownit 4.8 for 3ds Max 新機能

Pulldownit 4.8 for 3ds Max の新しいアップデートは、特にダイナミクスでアニメートされたオブジェクトを使用する場合や、既に計算されたシーンに小さな変更を加える場合に、3ds Maxのユーザーエクスペリエンスを向上させることに重点を置いています。

このため、アニメーション化されたオブジェクトをフラクチャするために改良されたメソッドを導入しています。この新しいメソッドは、オブジェクトがフラクチャし始めると、よりスムーズなトランジションを実現します。また、二次クラック(Secondary Cracks)ポリシーがフラグメントごとに適用されるようになり、メインブロックまたはアニメーション化されたパーツは分割されず、小さなフラグメントは自動的に分割されます。単一のフラグメントのリシェイプが非常に簡単にできるようになったため、破壊プロジェクトで作業するときに、現在のシミュレーションにシームレスに小さな変更を加えることができます。

Shatter Itツールは全体で2倍高速です。つまり、数百の破片がほぼ瞬時に作成できます。パスベースの粉砕は、特に3ds Maxフリーハンドスプラインを使用するときに粉砕点をよりスムーズに生成できるように再調整されました。カット面のジャギーに関して、ギザギザのポリゴンのテッセレーションがより規則的になり、境界に表示されるアーティファクトがいくつか除去されました。


Pulldownit 4.8 for 3ds Max で最も関連性の高いハイライトを以下にリストしました。

粉砕の新機能

Shatter Itツールは2倍速く、メッシュを結合すると8倍速くなり、異なるパーツを結合したモデルはより速く粉砕されます。また、粉砕プレビューはhi-polyメッシュで最大3倍高速になります。これにより、ベイク処理されたフラグメントを再粉砕するのが簡単になり、任意の範囲で繰り返すことができます。さらに、新しく作成された破片は、ダイナミクスでオリジナルのフラグメントのモーションを取得します。

パスベースの粉砕が再調整され、カーブに沿った粉砕ポイントの生成が、3ds Maxフリーハンドスプラインを使用する場合に特にスムーズになりました。

ジャギーテッセレーションの精度が向上し、ジャギーポリゴンのテッセレーションがより規則的になり、境界に表示されるいくつかのアーティファクトが除去されました。

ダイナミクスの新機能

フラクチャボディのトランジションアニメーションダイナミクス手法が改良され、ブレイクするアニメーションオブジェクトがより正確に計算されるようになり、スムーズなトランジションが得られ、オブジェクトがいつ、どのようにフラクチャし始めるかを細かく制御できるようになりました。

新しいフラグメントごとの二次クラック(Secondary Cracks)ポリシーでは、オブジェクト全体ではなくフラグメントごとに二次クラックが適用されるようになり、オブジェクトの大部分が切り離されてアニメーション化されたパーツと区別され、それに応じてエフェクトを調整します。

選択した粉砕グループが「すべての粉砕を元に戻す(Undo All Shatter)」を確認する前にハイライト表示されるようになりました。この新しい動作により、どのフラグメントが選択されたかが即座にフィードバックされてから元に戻されます。


Pulldownit 主要機能

ボロノイベースのプレカット「Shatter It!」

Shatter It! は、プレカットツールで、ジャギーな破片を古典的なポリゴンの破片よりもはるかにリアルに生成することができます。これは、脆性破壊にとって最適な数学的パターンであると証明されたボロノイ図をベースにしています。この技術により、3Dモデルを数百の破片に一瞬でプレカットできるほか、生成された破片をPulldownitソルバに簡単に接続して、高速で安定したシミュレーションを実行することができます。

ビルトインDynamics & Fractureソルバ

Pulldownit の破砕の技術は、他に類のない革新的な技術です。石、ガラス、漆喰といったあらゆる種類の脆い材料を破砕することができます。これを使えば、デジタルアーティストの方は、構造物やヒビが入っている地形を数分で破壊することができます。設定が簡単で、パワフルなストレスツールは、ヒビの作成を制御し、シミュレーションを望み通りに完了させることができます。

アニメーションに最適

Pulldownitには、現在のところAutodesk 3ds Max版とMaya版があります。ビューポートからジオメトリを取得し、最終結果をアニメーションキーとして計算します。シミュレーションのリセットや再開のほか、パラメータの微調整とあらゆるフレームでのシミュレーションの再開を、必要なだけ行うことができます。また、アニメーションしたオブジェクトやキャラクターを、シミュレーションしたものと相互に作用させることができます。


Pulldownit 対応バージョン

  • 対応 3ds Max バージョン
    3ds Max 2021,2020,2019,2018,2017

ノードロックとフローティングの違いについて

ノードロック: マシン固定のライセンスです。
フローティング: ご購入いただいたライセンス数まで同時に複数のコンピューターから製品をご利用いただけるライセンスです。インストールするコンピューターの数には制限は なく、同時に製品を利用するユーザーの最大数を勘案してご購入いただけます。


※重要※ Thinkinetic社 ライセンスポリシー

Pulldownit Pro ノードロックライセンスのご使用マシン変更等によるライセンスの移行・再発行は、1年間のライセンス有効期間中に1回目のみ無償で対応可能です。2回目以降の再発行には、Thinkinetic社の同意と、1ライセンスあたり20,000円(税別)の手数料が必要となります。


必要情報について

※ご注文の際に、英文字のユーザー情報 (会社名・お名前・住所・電話番号・E-Mailアドレス)が必要となりますので、お手数ではございますがご連絡をお願いします。

ページトップへ

メーカー: Thinkinetic

タイムセール値引前価格: 税込