3DCGとVFXソフトウェアの専門店

0
¥0

現在カート内に商品はございません。

0
¥0

現在カート内に商品はございません。

Krakatoa MX 2 プロフェッショナルバンドル アップグレード(旧バージョンから) (初年度メンテナンス含む)

¥266,200 税込
商品コード: C1S-THB-KRU1
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
[ お問い合わせ ]

※ダウンロード納品の為、商品代引きは不可 [佐川急便e-コレクト、ヤマト宅急便コレクト]
お支払い方法: クレジットカード決済、 銀行振込、 郵便振替 のみ対応

※旧バージョンからのアップグレード製品です。
※こちらの商品はオンラインによるプログラムのダウンロード販売となっております。ご注文の際に、英文字のユーザー情報 (会社名・お名前・住所・電話番号・E-Mailアドレス)、ライセンスサーバーのホストネームおよびMacアドレスが必要となりますので、お手数ではございますが、ご連絡頂けますようお願い致します。

Krakatoa MX 2 プロフェッショナルバンドル
2ワークステーションライセンスおよび10レンダリングライセンスが含まれています。

対応バージョン:3ds Max 2012 - 2017 64bit版のみ




Krakatoa MX 2.0 について

 Krakatoa MXは、Autodesk 3ds Maxの中でパーティクルの取得、キャッシング、修正、変形、シェーディング、およびレンダリングをするための効率的なパイプラインを提供します。これにより、アーティストは無類の形状表現で自然現象や固体オブジェクトを再現したり、あるいは抽象的なイメージを作成することが可能です。バージョン2.0の主な新機能は次のとおりです。

Hairレンダリングのサポート
 Krakatoa MXでは、3ds MaxのHair&Fur、Hair Farm、および通常のベジェスプラインをパーティクルに変換することが可能です。専用のPRT Hairオブジェクトは、オプションの描画による特徴的なパーティクルの分布や、Krakatoa Channelモディファイヤを使用したヘアシェーディングの高度な調整機能を提供します。また、Krakatoa MXはヘアのレンダリングに特化した2種類の新しいシェーディングを提供し、高度なコンポジット調整のためのレンダーエレメンツに対応します。
新しい環境効果
 Krakatoaは、レンダリング時にパーティクルのデータをポイントとボクセルの双方の描画に対応し、バージョン2.0から新しい環境効果により、3ds Max標準スキャンラインレンダラ、Chaos Group社のV-Ray、Cebas社の finalRenderを含む、3ds Maxの環境効果に対応する、他社製レンダラの中で直接的にボクセルのレンダリング結果と統合が可能となりました。
より速く、より強力なMagmaシステム
 完全にリファクタリング(※)されたMagma 2.0には、モディファイヤ毎に複数の出力ノード、ノード毎に複数出力ソケット、デフォルトの入力値および改良されたデバッグ機能が導入されました。また、高度なテクスチャマップのサンプリングやシーンオブジェクトのプロパティへのアクセス、プロクシのパーティクルデータのサンプリング機能などを含む、多彩な新オペレータが含まれます。
※リファクタリングは、プログラムの外部的動作を変更することなく、内部構造としてのソースコードの変更を行います。
PRT Creatorによるフラクタルデザインの生成
 バージョン2.0では、Magmaチャンネルの編集機能と組み合わせることにより、複雑なパーティクルの配置やアニメーションをプロシージャルに生成する新しいPRT Creatorオブジェクトが導入されました。
全体的なパフォーマンスの改善
 Krakatoa PRT Loaderは、利用可能な全てのコアを使用することにより、複数のパーティクル ファイルのシーケンスを並列で読み込むことが可能です。これにより、SSD(シリコンディスク)やFusion-ioカードなどの高速ドライブからの読み込みを大幅にスピードアップさせることができます。レンダリングの全ての工程におけるマルチスレッド処理も最適化され、全面的に高速化しました。


ライセンス形式:フローティングライセンス
フローティングライセンスとは、ご購入いただいたライセンス数まで同時に複数のコンピューターから製品をご利用いただけるライセンスです。インストールするコンピューターの数には制限はなく、同時に製品を利用するユーザーの最大数を勘案してご購入いただけます。

■Thinkbox software社ライセンスポリシーについて
Krakatoaのライセンスサーバー変更は、
1回目は無償となり、2回目以降は有償20,000円(税別)となります。

メジャーバージョンアップ時、このカウントがリセットされ、メンテナンスユーザー及びアップグレードのみ、
1回目は無償となり、2回目以降は有償20,000円(税別)となります。

Krakatoa カタログ(pdf-1.45MB)



Krakatoa 製品概要

Krakatoa(クラカトア)とは、米Thinkbox Software社により開発されたパーティクル操作・管理・粒子ベースボリュームレンダリング3ds Maxプラグインです。

Krakatoaでは、ほこり、煙、ドロ、海の泡などの自然現象、ソリッドオブジェクトまで、大量なパーティクル データの読み込み、操作、そしてレンダリングをこれまでのない速さで実現します。

Krakatoaはパーティクルフロー(3ds Maxに搭載している強力なイベントドリブンパーティクルシステム)に組み込まれ、他社製のパーティクルシステムとのデータのやり取りを可能にしています。

Krakatoaのレンダリング機能は3ds Maxの標準搭載マップとマテリアルを用いたシェーディング、テクスチャ塗りに対応し、被写界深度、モーションブラー効果を扱うこともできます。パーティクルの自己シャドウイング、実写合成用のマットマテリアルを適用したオブジェクトとの影の掛け合いが可能のほか、APME(周囲媒体による光の減衰)シミュレーション機能により、大気や水中における光と色の変化を再現することができます。

Krakatoaにおけるパーティクル操作には、おなじみのベンド、ツイスト、パス変形、ラティスなどの変形モディファイヤーとスペースワープでパーティクルを操ることができ、任意の形をしたオブジェクトで不要なパーティクルを確実に締め出すこともできます。

締め出しオブジェクト(球体)を用いてチーズに穴を開けます。

パーティクルの管理面では、Krakatoaは独特なパーティクル区割り手法を用いたシステムにより3ds Maxにおけるメモリ使用量の制限を越えて、何百万のパーティクルを扱うことを実現します。データ互換性を保つには、コンパクトで扱いやすい、そしてオープンなThinkbox Software社パーティクルデータ形式.PRTのほか、NextLimit社のRealFlowバージョン3とバージョン4より書き出した.BINデータも対応しています。さらに、シミュレーションデータをカンマ区切り形式.CSVへの読み書きが可能なので、テキストデータを読み込めるソフトウェアとのデータのやり取りを可能にします。

Krakatoaから書き出したパーティクルデータはKrakatoaのParticle Loader(パーティクル ローダー)オブジェクトで3ds Maxに読み込み、またKrakatoaのFile Birth(ファイル バース)とFile Position(ファイル ポジション)機能によりパーティクル フローに取り込むことができます。パーティクルデータの流れを保つことにより、異なるパーティクルシステム間に繋がるパイプラインを築くことができます。

Krakatoaは作り込まれたプリセットとヒストリー機能を提供します。Krakatoaのユーザインターフェースでレンダリングした画像のサムネールが自動的に生成、整理され、その画像に設定された情報が記録されることによって、レンダリング結果のプレビュー、比較、同じ質感を作り出すことに重宝します。

また、Thinkbox Softwareのプロダクション ネットワーク管理製品Deadline(デッドライン)に組み合わせることにより、Krakatoaのパーティクル演算、レンダリング処理を複数のマシンに分散することができます。

動作検証によると、Windowsの64-bit環境におけるメモリ使用量の最適化により、それを充分利用したKrakatoaは3ds Max 9 64-bitをインストールしたWindows XP 64-bit環境で32-bit環境より2倍速くなるという実績があります。

KrakatoaはBryan Singer監督の『Superman Returns』(2006)の制作では、劇中のクリプトナイト効果と水中シーンのVFXカットに使用されました。現在、『マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋』などの制作に採用されています。

ページトップへ

メーカー: Thinkbox Software

タイムセール値引前価格: 税込