Responsive image

[Houdini Professional Workshop]
プロシージャルに花を咲かせましょう!

今回のセミナーでは実際に仕事で使用したプロジェクトを元に、Houdiniでプロシージャルに花を咲かせます。

リアルな花を作るというよりは、シンプルなモデルから大量の複雑なアニメーションを作るために、プロシージャルワークフローをどう活用すればいいのか、というのを目的にしています。

Houdiniのプロシージャルワークフローでは、プロシージャルなモデリングだけでなく、それを元に、さらに複雑なアニメーションやレンダリングにまで応用することができます。

今回、花の咲くアニメーションを作ることで、モデリング・アニメーション・レンダリングまで、一連の流れでプロシージャルネットワークのデータの流れを効率よく使う方法を学びます。

全体の複雑なアニメーションを制御するのに、なるべく少ないパラメーターで制御する方法を試しています。元のプロジェクトの都合でMantraを使用していますが、VOPでのマテリアル制作はKarmaにも応用できます。

ご参加頂く際にご用意頂く環境

  • インターネットに接続されたマシン、タブレットなど
  • 音声を聞き取るためのイヤホンあるいは付属のスピーカー

ご注意事項

  • 本ウェビナーの録画、録音等は禁止させていただきます。
  • 今回はZoom ウェビナーを使用したセミナーとなりますので、ご利用環境などをあらかじめご確認の上、ご参加をお願いいたします。Zoom 接続テストはこちら
  • オンラインでのセミナーのため、システム等不具合が生じる場合がございます。事前にご了承の程お願いいたします。

本ウェビナーの動画について

  • 本ウェビナーの動画は、弊社または弊社パートナー様より対象のHoudini製品をご購入いただいた方、また、ご提供の時点でAUP契約期間が有効なお客様に後日ご提供致します。
セミナータイトル [Houdini Professional Workshop]
プロシージャルに花を咲かせましょう!
開催日時 2023年1月27日(金) 14:00 ~ 17:00 (3時間/途中休憩あり)
対象 実際の制作作業におけるプロシージャルワークフローについて知りたい方
内容
・ 概要説明

プロシージャルワークフローについて
プロシージャルワークフローで必要な、最低限の知っておきたいこと

・ モデリング

アニメーションを考慮しながら、基本となる花びらをプロシージャルにモデリング。プロシージャルに花の形に配置する。

・ アニメーション

アニメーションの元になる花のタネを作る。
たくさんの花が咲くアニメーションをプロシージャルに制御する。
花のタネから波紋のアニメーションを作る。

・ マテリアル・レンダリング

花のタネを元にライトのインスタンス・アニメーションの制御。
SOPアトリビュートを元に質感設定。
SOPで作った波紋のアニメーションをマテリアルにも応用する。

・ いろいろなバリエーション

元の花から簡単にいろいろなバリエーションの作成方法を紹介

・ 質疑応答
講師紹介

畑田 博史 様

Houdini 1.0 からのユーザーで、インディゾーンにて Houdini 初級講座、プロシージャル基本講座およびダイナミクス基本講座の専属講師をしている。

会場 Zoom ウェビナー (オンライン)
受講料 無料
お申込方法 以下「お申込みはこちら」のリンク先、Zoom ウェビナーページよりお申込みください。
主催
協賛
お申込みはこちら(Zoomウェビナー)
Houdini について
Houdiniは、優れたパフォーマンスと飛躍的で使いやすい新機能を併せ持ち、あらゆるCGプロフェッショナルに、パワフルで使いやすい3Dアニ メーションのユーザエクスペリエンスを提供します。CG業界のUI標準に合わせて設計された新しいユーザインターフェースにより、制作時間を大幅に削減し、プロダクションパイプラインの柔軟性を高めるパフォーマンスを享受することができます。
>> 製品詳細はこちら