Responsive image

Houdiniでプロシージャルにキャンドルを作ろう!

Houdiniを学び始めたものの、Houdiniを使うと何ができるのか分からないという方のためのセミナーです。Houdiniデスクトップの使い方から簡単なモデリング、簡単なシミュレーション方法まで順を追ってご理解いただける内容となっております。

今回のセミナーではキャンドルを題材として、モデルをプロシージャルに作成します。Houdiniはポリゴンモデリングだけでなく、ボリュームと呼ばれるデータ形式を使用してモデリングを行うことができ、より複雑な形状を再現したいときに重宝されます。

また、プロシージャルに作成したモデルに対してバリエーションを付け、大量に配置することもHoudiniの得意とするところです。モデリングで使用したボリュームデータは別の用途で使用することができます。今回はキャンドルの炎を簡単にセットアップしてみます。最後に、マテリアルの設定、ライティング を行い、Karma レンダラーを使用してレンダリングを行う流れをご紹介します。

セミナータイトル Houdiniでプロシージャルにキャンドルを作ろう!
開催日時 2022年12月16日 (金) 14:00~17:00 (3時間 途中休憩あり)
使用バージョン Houdini19.5.408
対象 Houdiniを触り始めた初心者の方
内容
1. Houdiniデスクトップの紹介

初めに、Houdiniのデスクトップレイアウト、各種ツールやウィンドウの使い方をご紹介します。

  • 3Dシーンビューの操作方法
  • ノードの作成方法
  • パラメータ―の操作方法
  • 便利機能の紹介
2. キャンドルのモデリング (パターン1)

ここでは、よく目にする円柱状のキャンドルをモデリングしていきます。キャンドルは火をつけると、熱によって溶けていきます。溶けたロウは、キャンドルの側面に滴る際に冷えて固まります。これを繰り返すことで、火をつけてからある程度時間が経ったキャンドルは複雑な形状になります。HoudiniにはOpenVDBと呼ばれるボリュームデータをモデリングに使用することができ、複雑な形状の生成に役立ちます。

  • キャンドルのベースモデルの作成
  • 面取りの方法
  • 簡単なアトリビュートの説明
  • OpenVDBとは
  • OpenVDBを使用したモデリング
3. キャンドルのモデリング(パターン2)

パターン1では、ボリュームデータを使用することで、溶けているキャンドルの形状を再現しました。溶けたキャンドルの形状を再現する方法は1つだけではありません。 ここでは、Houdini19.5から新しく追加されたFlip Solver SOPを使用して再現を行う方法をご紹介します。

  • 簡単なシミュレーションを使用したモデリング
  • Flip Solver SOPの使い方
4. 炎の追加

Houdiniには炎や煙をシミュレーションするPyroと呼ばれる機能が備わっています。最近は少ないノード数でも簡単にセットアップを行えるようになりました。ここでは、キャンドルの揺らめく炎を作成していきます。

  • 簡単なPyro Solver SOPの使い方
  • シェーディング用ノードの使い方
5. キャンドルをプロシージャルに配置する

Houdiniはオブジェクトの大量配置を簡単にセットアップできます。例えばロゴに沿ったり、文字に沿って並べたりといった操作や、大きさをランダムに切り替えてあげることもできます。

  • Houdini19.5以降のコピーの方法について
  • For Loopを使用したバリエーションの付け方
6. レンダリングの方法

レンダリングを行うためには、マテリアル設定、ライティング、カメラの設定が必要です。HoudiniにはSolarisと呼ばれるシーン作成の便利なツールがあります。今回はSolarisとKarmaレンダラーを使用して、画像を出力してみます。本章では、そのセットアップの流れについて学びます。

  • Solarisの簡単な説明
  • Solarisにデータを持ち込む方法
  • マテリアル、ライト、カメラの設定方法
  • Karmaレンダラーの設定方法
7. 質疑応答
会場 Zoom ウェビナー (オンライン)
受講料 無料
お申込方法 以下「お申込みはこちら」のリンク先、Zoom ウェビナーページよりお申込みください。
主催
協賛
お申込みはこちら(Zoomウェビナー)
Houdini について
Houdiniは、優れたパフォーマンスと飛躍的で使いやすい新機能を併せ持ち、あらゆるCGプロフェッショナルに、パワフルで使いやすい3Dアニ メーションのユーザエクスペリエンスを提供します。CG業界のUI標準に合わせて設計された新しいユーザインターフェースにより、制作時間を大幅に削減し、プロダクションパイプラインの柔軟性を高めるパフォーマンスを享受することができます。
>> 製品詳細はこちら