MARI 3がリリースされました!

VFX、アニメーション、およびゲーム業界のテクスチャおよびルック開発アーティストにとって理想的なMARI 3は、生産性の向上を図る機能と、より広範囲にわたって緊密性が高いパイプラインとのインテグレーションを実現させました。それらには、上級者向けのノードグラフ表示と、The Foundry社の3Dコンテンツ作成ソリューションであるMODOのレンダリングとベイキング機能とのインテグレーションが含まれます。

 

Mari 3.3 の新機能と利点

Mari 3.3は、重要なバグ修正に加えて劇的なパフォーマンスとワークフローの改善をもたらす「ポイント」リリースです。Shader Recompilation、色空間ベイクの改善、テクスチャ管理の最適化はパフォーマンスを大幅に向上させて、新しいMarquee Lift Actionツールはアーティストに複雑なプロジェクトでも作業できるよう柔軟性を提供します。

  • ・ Mari 3.3はパフォーマンスとワークフローを改善し、アーティストの生産性を最大限にするために構築されました。
  • ・ Mari 3.3へアップデートして、パフォーマンスとワークフローの改善をご活用ください。
  • ・ 既存および新規のユーザーにとって、Mari 3.3はMari 3のベストバージョンです。

昨今の壮大なVFX、アニメーション、ゲーム制作で高品質なコンテンツを作成する必要があるアーティストにとって、Mariは強力で使いやすい3Dペイントソリューションです。複雑さを軽快に処理し、ハイレベルのリアリズムをを作り上げるために強力なシステムの制作環境を提供します。他の3Dペイントツールとは異なり、Foundry社製品はユーザーが解像度やパフォーマンス、パイプラインとの統合において制限を気にしないですむ安心感を与えます。

  • パフォーマンスとテクスチャ管理の最適化
  • Marquee Lift Action機能
  • Shader Recompilation機能 (機能強化)
  • 色空間ベイクの最適化 (機能強化)
  • 領域選択(Marquee Select)ツールのリフトアクション (新機能)
  • テクスチャ管理の最適化 (機能強化)
  • ノードグラフでBake Pointノードをベイクする
  • その他の機能改善
  • ダウンロードについて

Mari 3.2 の新機能と利点

  • ノードグラフ (機能強化)
  • Bake Point ノード (新機能)
  • Open EXR 2.2 へのアップデート
  • セッションスクリプト (機能強化)
  • Connectedness Mesh Selection (新機能)
  • 色空間の無効化 (機能強化)
  • 均一なスケーリング (新機能)

Mari 3.1 の新機能紹介

  • mGo システム
  • Steady Stroke
  • コンテキストセンシティブ・ヘルプ

Mari 3 の新機能紹介

  • MODOレンダリングおよびベイキング
  • ノードグラフ表示およびGizmo
  • OpenSubdivに対応
  • 色空間管理
  • Arnold、V-Ray、UnrealおよびRedshiftシェーダ
  • FBXジオメトリへの対応
  • セッションスクリプト
  • デベロッパーAPI
  • 強化されたテクスチャ転写
  • エンティティロケーター
  • Safeモード
  • 拡張された選択グループへのアクセス

Mari 3 新機能スクリーンショット