MARI 3がリリースされました!

VFX、アニメーション、およびゲーム業界のテクスチャおよびルック開発アーティストにとって理想的なMARI 3は、生産性の向上を図る機能と、より広範囲にわたって緊密性が高いパイプラインとのインテグレーションを実現させました。それらには、上級者向けのノードグラフ表示と、The Foundry社の3Dコンテンツ作成ソリューションであるMODOのレンダリングとベイキング機能とのインテグレーションが含まれます。

 

Mari 3.2 の新機能と利点

  • ノードグラフ (機能強化)
  • Bake Point ノード (新機能)
  • Open EXR 2.2 へのアップデート
  • セッションスクリプト (機能強化)
  • Connectedness Mesh Selection (新機能)
  • 色空間の無効化 (機能強化)
  • 均一なスケーリング (新機能)

Mari 3.1 の新機能紹介

  • mGo システム
  • Steady Stroke
  • コンテキストセンシティブ・ヘルプ

Mari 3 の新機能紹介

  • MODOレンダリングおよびベイキング
  • ノードグラフ表示およびGizmo
  • OpenSubdivに対応
  • 色空間管理
  • Arnold、V-Ray、UnrealおよびRedshiftシェーダ
  • FBXジオメトリへの対応
  • セッションスクリプト
  • デベロッパーAPI
  • 強化されたテクスチャ転写
  • エンティティロケーター
  • Safeモード
  • 拡張された選択グループへのアクセス

Mari 3 新機能スクリーンショット