CARA VR 機能

カメラリグの解決 スティッチ 修正&カラーマッチ 360°トラッキング&安定化 VRコンポジットワークフロー
360°立体レンダリング&スリットスキャンシェーダ ヘッドセットでのレビュー

カメラリグの解決

NUKE内のカメラの位置、回転、焦点距離、レンズ歪み補正パラメータを簡単に解決し、改善します。Freedom 360 や Nokia OZOを含む一般的なカメラリグ用のプリセットを搭載しているだけでなく、カスタムカメラリグにも対応しているので、CARA VR™はあらゆる360°のフッテージをも扱うことができます。

スティッチ

CARA VRのGPUの加速化Stitcherを使用すると、NUKE内で単一およびステレオ出力の両方ともに高品質な360°スティッチを作成することができます。OCULAの表示テクノロジーを基に構築されたCARA VRは、ムービーシーンであっても、ラインやゴーストといった画像の乱れが生じないシームレスなスティッチを作成します。必要であれば個々のカメラビュー上で手動調整を行うためにスティッチを分離させ、即座にSTMapおよびUVマップをエクスポートし、アーティスト間でスティッチの設定内容を簡単に共有できます。

修正およびカラーマッチ

オート露光設定または環境ライティングは、カメラ間の露光およびホワイトバランスに差異が生じる原因となることがあり、結果的に視覚的なミスマッチで悩まされることになります。CARA VRを使用すれば、スティッチ処理中に自動的にこれらの差異を修正し、最低限の手作業調整で全てのカメラに対して一つの露光を生成します。露光が統一されれば、例えばゲイン(gain)の変化を時間の経過とともにアニメーションさせることで、微細なライティングエフェクトを生成することができます。

360°トラッキングおよび安定化

緯度/経度画像(lat/long image)の端のゆがみと連続性を処理するために最適化された専用の特徴点トラッカーを使用すれば、スティッチした360°フッテージ上でトラック、ペイント、あるいは直接マージすることができます。クオリティに妥協することなくより快適でダイナミックなVR体験を制作するためには、過度な動きを除去するためにスティッチ作業中あるいはスティッチ作業後に、フッテージのトラックおよび安定化を行って下さい。NUKEのCamera Trackerを用いたデータの安定化は、ワークフローの一部としても使用することができます。

VRコンポジットワークフロー

CARA VRは、迅速なロト、ペイント、トラックを可能にするノードツールセットを含むNUKE全機能のコンポジットツールを、360°マテリアル上で直接使用できる機能を搭載したことによってコンポジット作業をスピードアップする、GPUでの加速化ツールキットを提供します。新しいSpherical Transformノードは、レクトリニア 、緯度/経度、キューブマップ、魚眼投影を使用した作業を可能にし、いつでもこれらのモード間を切り替えられ、デリバリー用に選択した形式でエクスポートすることができます。さらに、360°マテリアル全体に対して、畳みこみあるいはブラーエフェクトを適用させることができます。

360°立体レンダリングおよびスリットスキャンシェーダ

CARA VRに搭載されているNUKEのレイトレースレンダリングエンジンのバージョンは、360°フッテージ内の極点でデプスをコントロールすることができるスリットスキャンシェーダと合わせて、立体レンズモデルも追加で対応しており、結果的に見上げた時や見下ろした時により心地の良いVRのビューを体験することができます。デプスの減衰は、共通のスティッチおよびレンダリングパターンにマッチするようにコントロールすることができ、ポストパイプライン全体で確実に一定の結果を生成します。

ヘッドセットでのレビュー

一般的なVRヘッドセットに対応しているため、プロジェクトをNUKEのビューア内やNUKE STUDIOのタイムラインから再生する際に別のレビューアプリケーションにエクスポートすることなくプレビューすることができます。CARA VRは、Windows上でHTC ViveおよびOculus Rift CV1、そしてWindows、MacおよびLinuxOS上でOculus Rift DK2にも対応しています。