3DCGとノンリニア編集など映像創造ツールの専門店インディゾーン indyzone  インディゾーン東京TEL03-5733-8971 インディゾーン大阪TEL06-6448-8310
  トップ » カタログ » 3DCGソフト » modo » modo » C1-MD1304 会員登録/ログイン  |  カートを見る  |  レジに進む  |  お問い合わせ   
カテゴリー
3DCGソフト-> (107)
  3D-Coat (4)
  Atoms Crowd (6)
  Autodesk-> (20)
  houdini (16)
  Redshift (1)
  RenderMan-> (4)
  SpeedTree-> (13)
  NEXTLIMIT-> (15)
  Lightwave3D (3)
  CINEMA4D-> (16)
  modo-> (8)
    modo (6)
    MODO Kit
    セット
    MODOプラグイン (2)
  Zbrush (1)
3DCGプラグイン-> (105)
映像制作プラグイン-> (55)
素材集-> (1031)
ソフトウェア-> (71)
ビデオ製品-> (11)
ストレージ->
ワークステーション->
Adobe-> (1)
書籍 (3)
商品検索
 
キーワードを入力して商品を探せます
詳細検索
メーカー
新着商品 全商品表示
MODO サブスクリプション/1年間(更新)
MODO サブスクリプション/1年間(更新)
81,000円
インフォメーション

ショッピングについて
リースについて
プライバシーについて
ご利用規約
会社概要
お問い合わせ


CROSS
高解像度HDRi素材集、HDRi Locations
nPowerSOFTWARE Japan
MODO メンテナンス/継続更新/既存ユーザー向け 55,620円
C1-MD1304

クリエイティブの始まりはMODOから

ゲームやバーチャルリアリティといったリアルタイム系のアセット制作やコンセプトデザイン、映像制作、さらには建築パースやプロダクトデザイン、微細なディテールまで求められるプロダクトの製造など、ハイエンドなモデリングから、UV、リギング、3Dペイント、スカルプティング、アニメーション、レンダリングに至るまで、ユーザーへより快適、かつ効率的な3D制作環境を提供します。

MODO 13 シリーズのご紹介

MODO 13 シリーズは、大幅な機能追加により MODO の堅牢なアニメーション、モデリング、およびレンダリング機能を強化しています。 キャラクタアーティストは、既存のアニメーションデータに手を加えることなく、アニメーションのレイヤーをコントロールしたり、既存のアクションを簡単に上書きすることができるようになりました。また複雑なリギング、手続き型のプロシージャルモデリング、そしてパーティクル関係の配列を操作して、さまざまなデータ形式で出力できます。さらには AMD の Radeon Pro Render™ によるネイティブ GPU レンダリングも可能です。MODO 13 はシリーズが進むにつれてこれまで期待されていた機能を実現させ、さらにはマルチスレッディングと巨大なシーンのパフォーマンスを大幅に改善することを目指しています。

MODO 13 主な追加機能

AMD の Radeon Pro Render™ によるオフライン GPU レンダリング

AMD の GPU アクセラレートパストレーサーである Radeon Pro Render が、MODO のパワフルなレンダリングオプションの一部として実装されました。本バージョンからいよいよ、MODO のレンダリングに柔軟性をもたせ、さらなる API の改善が始まりました。この改革の最初のバージョンである MODO 13.0 では、ハードウェアにとらわれないオフラインレンダリングソリューションにより、かつてはリアルタイムビューポートに限られていたハードウェアを活用する選択肢をアーティストに提供します。

また AMD のパワフルなノイズ除去テクノロジーも、この 13.0 で追加されました。これにより、利用可能な 2 つのオプション、バイラテラルとメディアン、いずれかにアクセスすることでレンダリング時間を短縮するオプションがユーザーに提供されます。 Radeon Pro Render と同様、AMD のデノイザはベンダー固有のものではなく、 Windows および OSX 上のすべてのユーザーが利用できるレンダリングオプションを拡張しています。


KitFusing™ が加わった MeshFusion™

MODO のダイレクトモデリングツールセットは 3D アーティストにとって最も直感的な経験であり、エッジリラックスや最短パス検索選択などの新しい機能を使ってクリエイションワークフローを強化、高速化します。

高い評価を誇る MeshFusion ツールセットをベースに、Modo 13.0 では Kit Fusing を導入しました。アーティストはブーリアン演算の作成に、使用するメッシュの一部のみを定義できるようになります。 このパワフルな機能強化により、複雑なメッシュの活用しやすくなり、サーフェイスの内側に機械的な構造を持つファングリルのような複雑なネガティブ形状の印象的な穴を作り出すことができます。


レイヤーシステムによるアニメーションワークフローの向上

ゲームや映画、テレビの業界で MODO を使用している世界有数のリギンング/キャラクタアーティスト達のフィードバックと、実際に MODO を運用しているプロダクションの現場の声を元に、アニメーションワークフローをターゲットとしたソリューションの設計を行いました。 一つ前の MODO 12 シリーズではスケマティックビューポートに大幅な改革が進められ、共同作業上でのパイプラインを強化するために、注釈などの機能を使用して、よりクリーンで管理しやすいエクスペリエンスを提供しました。 MODO 13 ではさらに、新しいアニメーションレイヤー機能を使用して特定のアクションを破壊することなく編集していくことができます。各レイヤーは、トップダウン形式で一番上にあるレイヤーを優先させたり、前にあるアニメーションレイヤー上へと追加で適用するようにコントロールできます。

新しいアニメーションレイヤーシステムではマスク機能を利用することで、アニメーションの個々の要素を分けて、それぞれに定義することができます。


MODO のプロシージャルモデリング機能を高める Array (配列)

MODO は、アーティストやプロジェクトのニーズに合わせてカスタマイズされたワークフローをユーザーが作成できるという点において無二のソフトウェアです。 Array (配列) は MODO のリギングシステムに新しく追加された概念であり、高度な保存、操作、さまざまな形式でのデータの出力を可能にし、アーティストは MODO 上で設計を行うことができます。 Array (配列) を使用すると、リギング、プロシージャルモデリング、パーティクルなどを含む MODO の多くのシステムで活用できる複雑な関係を構築できるだけでなく、さらにはカスタムのモデリングツールであっても、高度なモーショングラフィックシステムであっても、クリエイティブなビジョンを実現するために必要な特定のツールや動作を作成できます。


MODO のブリッジツールが Unity をサポート

Modo ブリッジには、 Unreal ブリッジでサポートされていたのと同じ機能が Unity 用に追加されました。共有インターフェースを通して、リアルタイムのシーン作成における相互作用を効率化します。 ユーザーは、メッシュ、インスタンス、テクスチャ、マテリアル、カメラを MODO と Unity 間で双方向通信で転送することができ、アーティストはどちらからでもアイテムをやり取りできます。


洗練された UV ツール

クリーンな UV マップを生成するのに必要とされる時間を大幅に激減するため、MODO 13.0 では UV ツールセットがさらに洗練されました。 新しい UV カットマップは、選択セットを定義し、3D ビューポートでモデル上に色付けされたラインを表示することができます。UV 分割、ワイヤーフレーム表示、パック、そしてエッジスライド及び頂点スライドの機能強化により、MODO の UV 性能が強化され、複雑な UV マップの展開と利用をよりコントロールできるようになりました。


システム要件

動作保証OS

  • Windows7, 8, 10(64ビットのみ対応)
  • Mac OS X 10.12.x、10.13.x、10.14.x
  • Linux 64ビットOS (RHEL 6.8+ & CentOS 7+)

※日本国内においては、Linux版はサポートしておりません。
Linux版をご利用いただく方は、Foundryレジストリサイトより英語版をダウンロードの上、ご利用ください。
https://www.foundry.com/

MODOを利用するコンピュータの「最小環境」、「推奨環境」などの詳細につきましては、「システム要件」のページをご覧ください。
システム要件 :: MODO JAPAN GROUP


ご購入時の必要情報

ご注文の際、以下情報のご連絡をお願い致します。

・会社名(法人の場合):
・ご担当者様名:
・メールアドレス:
・更新対象のメンテナンス契約のアクティベーションキー:


製品のご案内

製品名

MODO メンテナンス/継続更新/既存ユーザー向け

購入対象

本製品は、「MODO メンテナンス」を日本国内で登録されており、メンテナンス契約を更新されるユーザ様を対象とした製品です。

提供内容
  • MODO メンテナンスでは以下のサービスが提供されます。

    .瓮鵐謄淵鵐昂戚鶸間中(1年間)は、リリースされるMODOの最新バージョン(マイナー、メジャーを問わず)が提供されます。

    ▲瓮鵐謄淵鵐昂戚鶸間中(1年間)は、メールでのテクニカルサポート・ベータプログラム等最新の機能情報が提供されます。

注意事項

メンテナンス更新製品は更新対象のメンテナンス製品の種類、購入時期によってご購入いただける製品が異なります。 詳しくは以下のページをご覧ください。

メンテナンスの更新 :: MODO JAPAN GROUP

  • メンテナンス契約を継続される際の更新価格は54,800円(予定)になります※為替の大幅な変動により予告無く変更になる場合があります。
  • 契約したメンテナンスを継続して更新されずに、30日以上の空白期間がある場合は、再度メンテナンスを始めるときの費用は80,000円(予定)になります。※為替の大幅な変動により予告無く変更になる場合があります。
  • このメンテナンス契約は、1年ごとの更新となります。契約終了日が近づきましたら、前もって弊社から販売代理店を通じて、並びに、お客様へ直接、契約更新の有無のご連絡をいたします。
  • メンテナンス契約を継続されない場合は、以降の最新バージョン(マイナーおよびメジャーを含む)の提供はされませんが、契約終了時にお客様がご所有されているバージョンのマイナーリビジョンまでについては恒久的にご利用になることができます。
  • メンテナンス契約を継続されない場合は、上記´△離機璽咼垢鮗けられなくなります。サポートに関してはライセンス取得やインストール方法に関する初歩的なサポートのみとなります。


この商品は 2018年12月13日 木曜日 にカタログに登録されました。

レビューを読む

     
イベント・セミナーカレンダー
Media & Entertainment Collection 新規サブスクリプション 15%off
作りながら学ぶ Maya インディゾーンブログ
Foundry サポートブログ
Houdini 日本語情報ブログ
Nuke 初級講座
Houdini 初級講座
thinkboxsoftware 日本語サイト
3D-Coat
Houdini 日本語サイト sidefx.jp
ショッピングカート 全商品表示
カートは空です...
メーカー情報
Foundry
その他の商品
友達に知らせる
 
この商品のURLを友達にメールする
レビュー 全商品表示
レビューを書くこの商品についてのレビューを書きませんか?

特定商取引に関する法律に基づく表示
Copyright © 2005 Indyzone Co.,LTD.
[株式会社インディゾーン東京] 〒105-0013 東京都港区浜松町2-7-11 芝KSビル 3F Tel.03-5733-8971 Fax.03-5733-8972
[株式会社インディゾーン大阪]〒550-0002 大阪市西区江戸堀1-15-27 アルテビル肥後橋 2F Tel.06-6448-8310 Fax.06-6448-2801