3DCGとノンリニア編集など映像創造ツールの専門店インディゾーン indyzone  インディゾーン東京TEL03-5733-8971 インディゾーン大阪TEL06-6448-8310
  トップ » カタログ » 3DCGプラグイン » Thinkinetic » C1-PDI-MYF02 会員登録/ログイン  |  カートを見る  |  レジに進む  |  お問い合わせ   
カテゴリー
3DCGソフト-> (97)
3DCGプラグイン-> (99)
  3d-io (10)
  Afterworks(Sitni sati) (18)
  cebas (6)
  Ephere (1)
  iCube (1)
  JOEALTER->
  nPower Software-> (8)
  PSOFT-> (2)
  RayFire (2)
  Thinkbox Software-> (36)
  Thinkinetic (9)
  VR4MAX-> (6)
映像制作プラグイン-> (55)
素材集-> (1094)
ソフトウェア-> (147)
ビデオ製品-> (13)
ストレージ->
ワークステーション-> (3)
Adobe-> (1)
書籍 (1)
商品検索
 
キーワードを入力して商品を探せます
詳細検索
メーカー
新着商品 全商品表示
Sapphire for Adobe CC,OFX v11 ノードロックアップグレード (旧バージョンのノードロックから)
Sapphire for Adobe CC,OFX v11 ノードロックアップグレード (旧バージョンのノードロックから)
お見積もり
インフォメーション

ショッピングについて
リースについて
プライバシーについて
ご利用規約
会社概要
お問い合わせ


CROSS
高解像度HDRi素材集、HDRi Locations
nPowerSOFTWARE Japan
Pulldownit Pro for Maya フローティングライセンス for Mac お見積もり
C1-PDI-MYF02

※ダウンロード納品の為、商品代引きは不可 [佐川急便e-コレクト、ヤマト宅急便コレクト]
お支払い方法: クレジットカード決済、 銀行振込、 郵便振替 のみ対応

Pulldownit 4 for Maya 新機能

Pulldownit 4 for Maya 新機能ビデオ

このビデオで説明中の強力な新機能を追加した待望のPulldownit 4 for Maya がリリース。このリリースは、新機能追加だけでなく、プラグイン全体のアップデート、安定性とパフォーマンスが向上するようにチューニングが実施されました。このバージョンでは、全てのFractureツールが1つのウインドウに集約され、Rigid bodyにも1つのウインドウが用意され、前バージョンのような複数のウィンドウを開いて作業する苦悩から開放されます。Shatteritモード内で新しいSeams View、さらにAdvanced Fractures内での破片選択ができます。Fractureソルバーの速度が約30%向上し、シミュレーションのキャッシュメモリの使用量を削減しました。ツールを使用する上でご理解いただけると思いますが、他にも多数の微調整が盛り込まれています。これら全てがこのPulldownit 4を高速化し、これによりMayaで作業している時に素早くイテレーションすることができます。

以下にPulldownit 4のハイライトを紹介します。

 

Shatter 新機能

新機能:Adquire Shatterスタイル
現在の破壊パターンを別のオブジェクトに転送できます(アニメーションキーも含む)。これを使用することで現在の破壊エフェクトを異なるシェーダーが適用されたモデルや、ハイポリモデルに適用することができます。

新機能:ボリュームシェイプをソースとして使うShatterオプション
あらゆるプリゴン形状を使って破壊エフェクトの効果をポリゴンモデル内に制限することができます。これは特にオブジェクトのインパクトを元に破壊する時に役立ちます。

Jagginess( v2.0) テッセレーションの非依存
新しいジャギー方法はオリジナルメッシュのテッセレーションに依存する事はありません。ハイポリの破片の軽量なジャギー、ハイポリをテッセレーションしたボーダー部分のアーティファクトを削除します。

新機能:ジャギーのsoften edges UI パラメーター
ジャギーのエッジをソフトにして内側の面に必要な粗さを調整する新しいパラメーター。それに加え新しい方法は、以前の方法で内部の境界線あたりに見えるつなぎ目を削除します。

新機能:ジャギーを壊れる破片にだけ適用するオプション
このオプションを使ってシミュレーション中で壊れた部分に対してジャギーをかける事ができ、レンダリングやリアルタイムゲーム用の軽量なメッシュを作成できます。

 

ダイナミクスの新機能

フラクチャーソルバー30%高速化
PDIダイナミックソルバーは初期バージョンから非常に高速でしたが、この最新リリースではダイナミクスの作業でさらに早いイテレーションを体感できます。

シミュレーションのキャッシュ50%削減
PDIキャッシュはCPUのメモリ使用量を50%削減し、これにより大量のメッシュを高速にビューポート上で動かすことが出来ます。

特定のフレームで破片を破壊する新機能
リジッドボディにヒットしてアクティベートする他にも、フレームを指定して破片がいつアクティブになるかを指定することが出来ます。これはリジッドボディにリンクされたアニメーションの付いたものに対しても可能です。

bake selectedオプションの追加
選択した破片だけをベイクして他の部分をシミュレーションで計算することが出来ます。ベイクされた破片はキネマティックボディとして他の破片にも影響を与えます。

Advanced Fracturesで破片の個別選択のパフォーマンス向上
ビューポートで個別に破片を選択するレスポンスが向上しました(特にStresses Viewを有効にしている場合)。

Cluster break energyは質量、スケールに非依存
破壊に必要なエネルギーが質量に依存する事は、オブジェクトのサイズによって爆破したりしなかったりと、シミュレーションの振る舞いを理解するのを難しくしますが、これを取り除く事で、設定したスレッショルド(しきい値)は質量やスケールに関わらず常に有効になります。

最初にヒットしたものの動かないオブジェクトをキャッシュとベイキングから除外
「break upon impact」と設定されたフラクチャーボディは破壊された部分または動いてる部分のみキャッシュし、スタティック(静的)に設定された破片はキャッシュされません。これによりビル等の巨大な建物の一部だけ破壊する時のPDIキャッシュファイルが小さくなります。

Pulldownit 3 for Maya 新機能

  • オブジェクトのシャッタリングが20%も高速化しました。
  • シャッタリング用の新しいプレビューモード:ジオメトリを壊す前に、全てのシャッターパラメータを可視化できます。
  • Conform Voronoiリシャッタリング: モデルのリシャッタリング時に強制されなくなり、あらゆるシャッターパターンを現行の破片のセットにシームレスに追加することができることに加え、新しいConform Voronoiリシャッタリングはシャッターパターンにおける直線のエッジの数を減少させるため、生成された破片のクオリティが向上します。

  • Radial Shatter用の新しいWidthパラメータ: 放射パターンのサイズを目で見ながら調整します。
  • 最後のシャッター操作のみをアンドゥするための、新しいUndo Lastボタン。
  • 新しいCrackerウィンドウ: ダイナミックなヒビを制御するための新しいウィンドウで、ヒビの生成を調整するためにいくつかのパラメータでカウントします。
  • 新しいClustersパネル: 同じ破砕ボディの中の異なる破砕パラメータで破片の集団を設定できるようになり、集団はいつでも編集可能で、シーンと一緒に保存されます。
  • バウンドしたフォースフィールドは破砕ボディを壊すことができる: あらゆるバウンドしたフォースフィールドは、適切な方法で破片ボディを壊すことができます。
  • 自動ボディ作成がスピードアップ: 複雑なジオメトリから一度に大量のリジッドボディを作成するスピードが高速化しました。
  • Maya 2015でMayaビューポート2.0に対応: Maya 2015はビューポート2.0に対応しますが、ツールのパフォーマンスはレガシービューポートを使う方がまだスピードは速いです。

Pulldownit for Maya 主要機能

ボロノイベースのプレカット「Shatter It!」

Shatter It! は、プレカットツールで、ジャギーな破片を古典的なポリゴンの破片よりもはるかにリアルに生成することができます。これは、脆性破壊にとって最適な数学的パターンであると証明されたボロノイ図をベースにしています。この技術により、3Dモデルを数百の破片に一瞬でプレカットできるほか、生成された破片をPulldownitソルバに簡単に接続して、高速で安定したシミュレーションを実行することができます。

ビルトインDynamics & Fractureソルバ

Pulldownit の破砕の技術は、他に類のない革新的な技術です。石、ガラス、漆喰といったあらゆる種類の脆い材料を破砕することができます。これを使えば、デジタルアーティストの方は、構造物やヒビが入っている地形を数分で破壊することができます。設定が簡単で、パワフルなストレスツールは、ヒビの作成を制御し、シミュレーションを望み通りに完了させることができます。

アニメーションに最適

Pulldownitには、現在のところAutodesk 3ds Max版とMaya版があります。ビューポートからジオメトリを取得し、最終結果をアニメーションキーとして計算します。シミュレーションのリセットや再開のほか、パラメータの微調整とあらゆるフレームでのシミュレーションの再開を、必要なだけ行うことができます。また、アニメーションしたオブジェクトやキャラクターを、シミュレーションしたものと相互に作用させることができます。

※ご注意

既にPulldonwitをご所有されていて追加でご購入頂く場合、ご購入頂いた時期およびライセンス形式に関わらず、こちらまでお問い合わせください。

Pulldownit 対応バージョン

  • 対応 Maya バージョン
    Maya 2013, 2014, 2015, 2016, 2017
    - for Windows Vista, 7, 8, 10(64bit)

年間サポートについて

サポート期間中にリリースされる最新バージョンへアップグレードすることができ、期間中はメーカーサポートを受けることができます。初年度は年間サポートが付属しており、次年度以降は更新頂くことでサポート期間を延長することができます。

ノードロックとフローティングの違いについて

ノードロック: マシン固定のライセンスです。
フローティング: ご購入いただいたライセンス数まで同時に複数のコンピューターから製品をご利用いただけるライセンスです。インストールするコンピューターの数には制限は なく、同時に製品を利用するユーザーの最大数を勘案してご購入いただけます。

Thinkinetic社ライセンスポリシーについて

Pulldownit Pro ノードロックライセンスは、ご購入後1年以内にコンピュータを変更された場合、1回目のみ無償でライセンス再発行が可能です。ご購入後1年以内2回目の再発行にはThinkinetic社の同意と20,000円(税別)の手数料が必要となります。 ご購入後2年目以降はライセンス移行および再発行は許可されません。

※上記ライセンス発行手数料は、1ライセンスあたりの価格となります。

※ご注文の際に、英文字のユーザー情報 (会社名・お名前・住所・電話番号・E-Mailアドレス)が必要となりますので、お手数ではございますがご連絡をお願いします。


この商品は 2014年10月07日 火曜日 にカタログに登録されました。

レビューを読む

     
イベント・セミナーカレンダー
NUKE アーティストセミナー 2018 [6月7日(木)開催]
【再開!】Mari 4.0 リリース記念 27%off プロモーション!
作りながら学ぶ Maya インディゾーンブログ
Foundry サポートブログ
Houdini 日本語情報ブログ
Nuke 入門クラス
Houdini 入門講座[大阪開催]
Houdiniダイナミクス基本講座
thinkboxsoftware 日本語サイト
3D-Coat
Houdini 日本語サイト sidefx.jp
ショッピングカート 全商品表示
カートは空です...
メーカー情報
Thinkinetic
その他の商品
友達に知らせる
 
この商品のURLを友達にメールする
レビュー 全商品表示
レビューを書くこの商品についてのレビューを書きませんか?

特定商取引に関する法律に基づく表示
Copyright © 2005 Indyzone Co.,LTD.
[株式会社インディゾーン東京] 〒105-0013 東京都港区浜松町2-7-11 芝KSビル 3F Tel.03-5733-8971 Fax.03-5733-8972
[株式会社インディゾーン大阪]〒550-0002 大阪市西区江戸堀1-15-27 アルテビル肥後橋 2F Tel.06-6448-8310 Fax.06-6448-2801