リースについて
1.リースについて 2.リースのメリット3.リース契約の流れ4.リースお支払い
1.リースについて
インディゾーンでマシン等をご購入の法人/個人事業者を対象に、お支払方法としてリースをご案内いたします。

インディゾーンではリース並びに割賦契約をご利用いただけます。
割賦契約とは、お客様が物件を購入したのと同じ事で、お支払いを分割するものです。(お支払い終了までは、物件の所有権がリース会社に保留されます。)
また、割賦には動産保険を掛けることができ、客様自身で保険を掛ける場合に比べて、リース会社では非常に安い保険料で掛けられますので、大変お得です。
お支払い例はこちらから
 
2.リースのメリット
1.リースは機械設備の陳腐化を防ぎます
機械設備の実質的な使用年数に見合った期限を選択することにより、陳腐化に対処することが可能です。

2.リースは事務を軽減させます
所有に伴う資産の計上、償却、固定資産税の申告、納付などのわずらわしい事務が一切不用になり、事務の合理化となります。

3.リースは100%の融資効果を発生させます
資金調達無しで機械設備そのものを利用できるリースは、100%の融資効果を受けた場合と同じ効果を発生させます。

4.リースは資金運用の効率化を図ります
一時的に多額の資金を必要としないため、資金が固定することなく、より効率的な運用がはかれます。

5.リースは費用の原価意識を高めます
契約期間中のリース料は一定金額のため、原価はあくを容易にし、意識を高めます。

6.リース料は経費で処理できます
リース料は全額経費として損金処理できるため、使用期限に見合った合理的な償却を均等に行う事ができます。
 
3.リース契約の流れ

▼ 1.リース料の見積もり
ご希望の物件の機種、価格などに基づいて、リース会社がお見積もりを行います。

▼ 2.リースの申込
会社経歴書、営業報告書(3年分)など、貴社の内容がよくわかる書類をご用意下さい。

▼ 3.審査
リース会社にて検討があり、お客様のもとへ結果の連絡があります。

▼4.リース契約締結
契約に際しましては、登記簿謄本、代表者の方および連帯保証人様の印鑑証明をご用意下さい。

▼ 5.リース物件の発注
リース契約の完了と同時に、弊社はリース会社より物件発注を受けます。

▼ 6.リース物件の納入
リース物件は、弊社から貴社へ直接納入いたします。

▼ 7.リース物件の検収
検収は所定の「物件借受証」にご捺印を頂いて完了し、同時にリース開始となります。

▼ 8.リース料のお支払い
物件借受日に、リース契約に基づく第1回目リース料のお支払いをお願いいたします。以降(第2回目以降)のお支払いは毎月一定日となります。


4.リースお支払い例
¥税別価格(¥税込価格)
月々のリース料金例:
物件価格
月々のリース料金例
4年リース
5年リース
¥1,000,000
(¥1,050,000)
¥24,000 (¥25,200) ¥20,000 (¥21,000)
¥1,250,000
(¥1,312,500)
¥30,000 (¥31,500) ¥25,000 (¥26,250)
¥1,500,000
(¥1,575,000)
¥36,000 (¥37,800) ¥30,000 (¥31,500)
¥1,750,000
(¥1,837,500)
¥42,000 (¥44,100) ¥35,000 (¥36,750)
¥2,000,000
(¥2,100,000)
¥48,000 (¥50,400) ¥40,000 (¥42,00)

¥税別価格(¥税込価格)
月々の割賦(保険付)料金例
物件価格
月々の割賦料金例(3年/36回払いの場合)
3年
¥1,000,000
(¥1,050,000)
¥31,000 (¥32,600)
¥1,250,000
(¥1,312,500)
¥38,800 (¥40,800)
¥1,500,000
(¥1,575,000)
¥46,500 (¥48,900)
¥1,750,000
(¥1,837,500)
¥54,300 (¥57,000)
¥2,000,000
(¥2,100,000)
¥62,000 (¥65,100)
※上記表は参考価格です。商品等により料率が多少異なります。