Electronic Arts SEED所属
プロシージャル アーティスト
Anastasia Opara 来日決定!

Houdini イベントを2018年8月に開催!

詳細は以下

2018年8月に、Anastasia Opara 様をお招きしてセミナーを開催します。

弊社より Houdini FX または Houdini Core をご購入頂いたお客様で、AUP契約期間が8月時点で有効なお客様はご参加頂けます。対象者および参加可能人数は以下をご覧ください。

※イベントに関する情報は、今後随時更新予定です。

対象製品および参加可能人数

Houdini FX AUP ご契約中のお客様

2018年8月時点でご契約中の場合、1本につき2名様ご参加頂けます。

Houdini Core AUP ご契約中のお客様

2018年8月時点でご契約中の場合、1本につき1名様ご参加頂けます。

Houdini FX 年間ライセンスご購入のお客様

2018年8月時点でライセンスが有効な場合、1本につき2名様ご参加頂けます。

Houdini Core 年間ライセンスご購入のお客様

2018年8月時点でライセンスが有効な場合、1本につき1名様ご参加頂けます。

※AUP契約は新規購入時に含まれるので、新規購入ライセンスも対象です。
※教育機関版 および Houdini Engineは対象外です。

5月31日まで、Houdini Core 33%off プロモ実施中!
この機会にぜひご購入をご検討ください!

詳細・ご購入はこちら

Anastasia

Opara 様

について

Image

Anastasia Opara 様は現在EAの SEED (Search for Extraordinary Experiences Division) という部門に所属しています。Siggraph 2017 、 GDC 2018 、Everything Procedural 2018でご講演をされています。

幼い頃からアートに興味を持ち、16歳になる頃には写真、ビデオアート、サウンドデザイン、ドローイングや詩などを用いて20回もの展覧会に参加しました。 周期性と普段の生活の中で織りなされる何層ものパターンに非常に興味を持ち、プログラミングとプロシージャルアートを用いてこれらを表現しています。プロシージャルのシステムを作る時に、アートがどの様に作られているかという思考プロセスの分析に影響を受け、オランダのNHTV ブレダ応用科学大学の International Game Architecture and Design でKim Goossensの元で勉強した時にプロシージャルアートに出会い、その世界に魅了されました。 コンピューターとアートという相反する関係は非常に興味深く、私達が考えるアートというものをどうやってコンピューターが理解できる形にするのかというのはこれからのチャレンジであり、すなわち自分がどうアートを解釈するかという知覚に向き合っていくという事です。

Image

Anastasiaの制作事例

Anastasiaの作品を日本語で紹介しています。
(画像をクリックすると表示されます)

イベント情報は随時更新いたします!
乞うご期待!