Responsive image

これから始める Houdini

こちらの講座は、Houdiniを触ったことのない方のために、ノードの操作等、Houdiniの中で操作が独特で難しい部分をできるだけ少なくし、より直感的な操作でHoudiniを体験していただける内容になっています。

前半では、ロケットを題材にして、モデリング、アニメーション、ライティング、レンダリングの基本的な流れをハンズオンにてご説明します。

後半では、いくつかHoudiniの注目すべき機能をピックアップ致しました。複数のノードをまとめて1つのノードを作成できるデジタルアセットと、ゲームコンテンツ制作をより効率的に進めることを目的にしたGame Development Toolset、そしてシェルフツールを中心にシミュレーションについて、それぞれの項目の概要を簡単にご紹介致します。

ロケットのレンダリング時の動画
この動画は、イメージとなります。本講座内で、ロケットからの煙の 作成は行いません。

パラメータを用いたプロシージャルなモデルの変更
モデル制作と最終ネットワーク図
パスアニメーション時の画像
ロケットのレンダリング画像
(煙のシミュレーションは講座内では行いません)
講座タイトル これから始める Houdini
開催日時 2018年11月21日(水)18:00~21:00(3時間)
対象 ・すでに他の3Dソフトウェアの使用経験がある方
・Houdiniを触ったことがない方又はHoudiniにご興味のある方
使用ソフト Houdini 17.0
内容

1. はじめに

  • Houdini とは?

2. Houdiniを触ってみよう!

  • 講座内で主に使用するインターフェースのご紹介
  • その他のインターフェースについて

3. ノードを使用したモデリングに挑戦!

  • 配色されたボディの作成
  • 窓の作成
  • ロケットのボディ部分と窓の合成

4. ロケットにアニメーションをつけよう!

  • パスアニメーションの設定

5. マテリアルとカメラとライティングを学ぼう!

  • Material Paletteについて
  • シェルフからカメラの作成
  • 光源の設定について

6. ロケットをレンダリングしよう!

  • レンダービューを使用したレンダリング
  • レンダリング設定について

7. 様々なHoudiniの機能について

  • Part1  デジタルアセット
    • デジタルアセットって何だろう?
    • デジタルアセットのメリット
  • Part2  Game Development Toolset 
    • Game Development Toolsetを学ぼう!
    • Game Development Toolsetで出来ること!
  • Part3  物理シミュレーション
    • シミュレーションで使用するシェルフとは?
    • シェルフを使用したシミュレーションのご紹介
開催会場 株式会社インディゾーン
〒105-0013 東京都港区浜松町2-7-11 芝KSビル 3F / 
Tel.03-5733-8971
http://indyzone.jp/

GoogleMapはこちら

受講料 一般:5,400円(税込) 学生:3,240円(税込)[当日学生証の提示が必要]
受講特典 ・インディゾーンオリジナルテキスト
・当講座で使用するデータ(.hipファイルおよび関連ファイル)
定員 8名
お申込方法 お申込ページより、必要事項を記入して送信して頂きます。「E-mail」は受信確認メールをお送りするのに必要となりますのでお間違いのないようご入力ください。
主催
協賛
お申込みはこちら
Houdini について
Houdiniは、優れたパフォーマンスと飛躍的で使いやすい新機能を併せ持ち、あらゆるCGプロフェッショナルに、パワフルで使いやすい3Dアニ メーションのユーザエクスペリエンスを提供します。CG業界のUI標準に合わせて設計された新しいユーザインターフェースにより、制作時間を大幅に削減し、プロダクションパイプラインの柔軟性を高めるパフォーマンスを享受することができます。
>> 製品詳細はこちら