FOUNDRY 2019 夏 テクニカルセミナー with ドラゴンクエスト ユア・ストーリー
[2019年9月5日(木) 開催!]

Responsive image

来たる2019年9月5日(木)に、ワテラスコモンホール にて 「FOUNDRY 2019 夏 テクニカルセミナー with ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」 を開催致します。

本セミナーでは、全国劇場にて絶賛公開中の映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』の制作プロダクションを担当された株式会社白組のアーティストをお招きして、過去作品における制作課題からの学び、同作品におけるキービジュアルからの画作りにおける挑戦、カラーマネージメントのポイント、NUKEによるコンポジションのアドバンテージなど、フルCG劇場映画におけるテクニカルナレッジの数々を具体的にご説明いたします。更に休憩時間にはNUKEのOCIOを利用しDCI-P3とsRGBの実機モニターを見比べるデモ展示がございます。

NUKEユーザやCG映像に関わるアーティストの皆様にとりまして充実したセミナーの1日になるでしょう。多くの皆様のご来場を心よりお待ちしております。

公式サイト「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」 https://dq-movie.com/

講演タイトル FOUNDRY 2019 夏 テクニカルセミナー with ドラゴンクエスト ユア・ストーリー
開催日時 2019年9月5日(木)  16:00 ~ 19:00(15:30開場)
参加対象

・NUKEやHIERO等のFOUNDRY製品にご興味のある方
・カラーマネージメントにご興味のある方
・CG映像のクオリティー向上にご興味のある方、など

プログラム概要

プロローグ:「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」作業の出発点として、前作の苦労からの改善点

「STAND BY ME ドラえもん」公開から5年。
「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」作業の出発点として、前作の苦労からの改善点を振り返る。

改善点においては2つの視点があり「表現力の課題」と「技術的な課題」があり「表現力の課題」として、従来のsRGB Gamma 2.2の16bit PNG形式での限界点、「技術的な課題」として制作環境とシアター上映環境との不一致によって発生する課題がポスト処理では改善できない限界点を、OCIOを活用する事で乗り越える。

第一章: カラーマネージメント

フルCG劇場映画をいかにしてカラーマネージメントするか?
コンポジットアーティストがシアターと同じ絵を見ながら作業できる環境づくりについて従来のsRGBで作成して、あとはDIに託すしかなかった作業がFOUNDRY製品を活用することで、DIルームと作業環境の差が大幅に縮めることができ、結果的にシアターで上映されるまでをマネジメントする改革に繋がったかを説明します。

※休憩時間を利用し、NUKEでOCIOを使った状態でDCI-P3とsRGBのモニターを見比べるデモンストレーションを行う予定です。

NUKE Color ManagementでOCIOを設定

第二章: キービジュアル

「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」にてどのように画作りが行われたのか?
今回の作品では従来よりも更にキービジュアルをゴールとして目指すことができるように、最終的にNUKEでコンポジットする前提で各種ソフトをまたいだ全体の流れを作り、動画としての物理的整合性を保持しつつ、イメージボードの持っている豊かな表現に近づくための解決策を説明します。

  1. キービジュアルとしてPhotoshopで作成されたイメージボードに対して
  2. Vray for 3dsMaxを使ってどのような状態でレンダリングを行い
  3. NUKEを使ってコンポジットし、物理的整合性を保持し、かつアーティストイメージボードの持っている印象に近づける

第三章: コンポジット

フルCG作品でNUKEを使用したコンポジットワークフロー、なぜNUKEを選んだのか?

  1. ツール・コンポジットの共有
  2. RRTの利点
  3. 今後の制作への希望
具体例としてRRTを使うことでどのように本来表現したかったものが実現できたのか?を説明します。


発光体などの表現力の違い


輝度の飽和する情報の表現力の違い


炎や爆発などの保持している情報の違いによる表現力の違い

 

※尚、プログラムは予告なく変更になることがございますのでご了承ください。

ゲストスピーカー

山口 拓史 様(ヤマグチ タクシ / Takushi Yamaguchi)

所属:三茶スタジオ
役職:Lead Shot Artist
経歴:
 2010年 株式会社白組に入社
担当:
 Modeling / Look Development / Rigging / Shot work / Pipeline
最新作:
 映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」 https://dq-movie.com/

小高 慶人 様(オダカ ヨシヒト / Yoshihito Odaka)

所属:調布スタジオ
役職:Compositor
経歴:
 2009年 株式会社白組に入社
担当:
 Composite
最新作:
 映画「アルキメデスの大戦」 https://archimedes-movie.jp/
 映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」 https://dq-movie.com/

早川 胤男 様(ハヤカワ ツグオ / Tsuguo Hayakawa)

所属:調布スタジオ
役職:Color Management / System Engineer
経歴:
 1986年 株式会社白組に入社
担当:
 Color Management
最新作:
 映画「アルキメデスの大戦」 https://archimedes-movie.jp/
 映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」 https://dq-movie.com/

株式会社白組

https://shirogumi.com/
開催会場

ワテラスコモンホール (東京 淡路町)
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2丁目101番地
JR「御茶ノ水駅」聖橋口より徒歩5分、東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」B2出口直結、丸ノ内線「御茶ノ水駅」より徒歩10分
地図・アクセス方法はこちら

参加費 無料
定員 150名
お申込方法 お申込ページより、必要事項を記入して送信して頂きます。「E-mail」は受信確認メールをお送りするのに必要となりますのでお間違いのないようご入力ください。
主催
協賛

個人情報の取り扱いについて

  • Foundry社およびインディゾーンは、お客様からお預かりした個人情報をFoundry社製品に関するサービスや情報の提供、お客様からのお問合せへの対応、キャンペーンやイベント等のご案内および運営等に利用します。
  • 本フォームから取得する個人情報を法令に基づく場合以外の第三者への提供はございません。
セミナーのお申込みはこちら