NUKE アーティストセミナー 2018
〜国内外制作スタジオからNUKEの最新事情~
[ 2018年6月7日(木) 開催!]

来たる2018年6月7日(木)に、ワテラスコモンホール にて NUKE アーティストセミナー 2018 を開催致します。

2018年4月より絶賛上映中の映画「いぬやしき」を題材に、この映画のCGディレクターを担当された(株)デジタル・フロンティア 土井 淳 様をお招きして、実際のVFXメイキング映像を見ながらCG/VFXの制作過程をお話し頂きます。

英国からは、Double Negative (DNEG) コンポジティング スーパーバイザー Raphael Hamm 様をお招きして、ご自身の最新作における合成技術についてご解説頂きます。

また、ファウンドリ英国本社からコンポジティング/フィニッシング クリエイティブ プロダクトマネージャー Juan Salazar 様が来日して、NUKE製品の最新アップデート情報をご紹介致します。

国内外大手制作スタジオ2社からのNUKE最新事例やファウンドリ本社からのNUKE最新情報など、NUKE アーティストにとって最新情報満載の充実したセミナーになるでしょう。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

イベントタイトル NUKE アーティストセミナー 2018
〜国内外制作スタジオからNUKEの最新事情~
開催日時 2018年6月7日(木) 16:00 ~ 20:00 (開場 15:30 予定)
参加対象 ・Foundry製品にご興味のある方
・NUKEを導入されている方や検討されている方
プログラム概要
  • Foundry セッション

    プロダクトマネージャー Juan Salazar 様
    クリエイティブ・スペシャリスト 藤田 雅子 様

    NUKE製品の最新アップデート情報

  • 映画「いぬやしき」VFXメイキング

    土井 淳(どい あつし) 様
    株式会社デジタル・フロンティア CG制作部 ディレクター

    映画「いぬやしき」で使用した、デジタルヒューマンとリアルCG背景をメインにNukeのコンポジット技術を紹介したいと思います。

    いぬやしき (2018)
    http://inuyashiki-movie.com/

  • Nuke活用法の極意

    Raphael Hamm 氏
    Double Negative (DNEG) コンポジティング スーパーバイザー

    DNEGのコンポジティング スーパーバイザー、Raphael Hamm氏が自身の最新作における合成技術について解説。

Still from 'MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN' Courtesy of Twentieth Century Fox. All rights reserved.

Still from 'MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN' Courtesy of Twentieth Century Fox. All rights reserved.

Still from 'MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN' Courtesy of Twentieth Century Fox. All rights reserved.

© 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

© 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

DNEG | Film VFX Reel

※登壇者の都合により、内容に変更がある可能性がございますので、予めご了承の程よろしくお願い致します。

ゲストスピーカー

土井 淳(どい あつし) 様

株式会社デジタル・フロンティア
CG制作部
ディレクター

1973年広島県生まれ。リアリティを追求した作品作りを得意とする。代表作は「アイアムアヒーロー」、「biohazard DAMNATION」。

Raphael Hamm 氏

Double Negative (DNEG)
コンポジティング スーパーバイザー

Hamm氏はドイツ、ルートウィヒスブルクのFilmakadieでVFXを学び、1990年代の終わりにドイツ国内のTVやVFX制作会社でキャリアをスタート。2009年にDNEGのコンポジティング チームに加わり、現在にいたる。2015年、『インターステラー』で全米視覚効果協会主催のVESアワードの最優秀合成賞にノミネート。主な作品に、『ハリー・ポッターと死の秘宝 』 PART1、PART2、『ダークナイト ライジング』、『トータル・リコール』、『マン・オブ・スティール』、『マイティ・ソー / ダーク・ワールド』、『インターステラー』、『パディントン』、『ターミネーター : 新起動 / ジェニシス』、『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、『ジャスティス・リーグ』、『ダンケルク』がある。

Double Negative (DNEG) について
http://www.dneg.com/about-us/

Double Negative (DNEG)は、映画やTVのVFX /アニメーション制作を手がける世界的なリーディングカンパニーで、ロンドン、バンクーバー、ムンバイ、ロサンゼルス、チェンナイ、モントリオールに拠点スタジオを構えています。1998年にロンドンで設立され、当初はわずか30人のチームでのスタートでしたが、現在は全世界に2,500人以上の従業員を抱えています。溢れる創作意欲と映画製作者との緊密な協働関係により、大小を問わず、あらゆるプロジェクトにおいて、高度なクリエイティビティと技術力を駆使した作品制作を行っており、『インセプション』、『インターステラー』、『エクス・マキナ』のアカデミーVFX賞受賞、『インセプション』、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』、『インターステラー』の映画テレビ芸術アカデミー賞受賞、『インセプション』、『シャーロック・ホームズ』、『インターステラー』の視覚効果協会賞受賞など、その成果は高く評価されています。

メーカーセッション

Foundry コンポジティング/フィニッシング クリエイティブ プロダクトマネージャー
Juan Salazar 様

Foundryのコンポジティング/フィニッシング クリエイティブ プロダクトマネージャーとして、Nuke Studioの開発設計を指揮するJuanは、アーティストのニーズに応え、作業方法の改善を図る製品の開発に従事しています。過去3年間は、The Foundry のNuke ワークフロースペシャリスト兼クリエイティブスペシャリストとして、Foundryのソフトウェアの活用法とパイプラインへの導入について、世界中の企業にトレーニングやコンサルティングを提供してきました。

The Millほか、コロンビア、アメリカ、イギリスの数多くのスタジオで10年以上にわたり、 アニメーションディレクター、コンポジター、オンラインエディター、カラーリスト、VFXスーパーバイザーとして経験を積み、ロンドンでは、National Film and Television SchoolやEscape StudiosでNukeとMayaを教えた経験を持っています。アメリカのThe Art Institute of Fort Lauderdaleでコンピューター アニメーション、メディアアート、VFXの芸術学士、ロンドンのNational Film and Television Schoolで映画/テレビ デジタルポストプロダクションの芸術修士を取得しています。

Foundry クリエイティブスペシャリスト
藤田 雅子 様

1996年~1999年、Ray Corporation(McRAY)にてCGデザインを担当。その後、G-gravityに参加。2002年~2016年、Autodesk社では3ds Max, Flame, Smokeを担当。2016年6月より現在、FoundryにてNUKEを担当。

開催会場

ワテラスコモンホール (東京 淡路町)
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2丁目101番地
JR「御茶ノ水駅」聖橋口より徒歩5分、東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」B2出口直結、丸ノ内線「御茶ノ水駅」より徒歩10分
地図・アクセス方法はこちら

参加費 無料
定員 100名
お申込方法 お申込ページより、必要事項を記入して送信して頂きます。「E-mail」は受信確認メールをお送りするのに必要となりますのでお間違いのないようご入力ください。
主催
協賛
NUKE について
NUKE STUDIOは、これまでは不可能だった方法で、納期が短いプロジェクトに関わっている共同作業チームだけでなく、独立して働いているクリエイティブな個人アーティストに対しても権限を与えるために設計された、パワフルなノードベースのVFX、編集および仕上げスタジオを作成するために、好評いただいていたHIEROとNUKEXの機能にその他様々な機能を合体させました。
>>製品詳細はこちら
Nukeは強力なコンポジットソフトです。3D合成環境を実現する3Dエンジンの搭載、2Dと3Dコンポジットの柔軟な切替、高解像度画像の対応など最高級の機能群でVFX映像制作に大きく貢献します。
>>製品詳細はこちら
[お問い合わせ先]
株式会社インディゾーン 東京支店 Tel.03-5733-8971 Fax.03-5733-8972
株式会社インディゾーン 大阪事業所 Tel.06-6448-8310 Fax.06-6448-2801
お問い合わせフォーム