3DCGとノンリニア編集の専門店が送る最新情報とお得情報!インディゾーンブログ インディゾーン@オンライン

« 【ご購入特典&ユーザー様向け】 Houdini 脱☆初心者-Mantraレンダリングワークフロー のオンライン動画 & データご提供! | メイン | 「作りながら学ぶ Maya インディゾーンブログ」 新着記事のご案内(2017.12.8) »

2017年12月06日

Foundry社、Mari 4.0 リリース記念 27%off プロモーション!

foundry_headern_600.jpgmari40_rpromoheader.jpg
Mari 新規ライセンスが27%OFF!

Foundry社より、Mari 4.0 がリリースされました。このリリースには、多数の新機能が含まれています。新機能の主要な機能は、当ページ下部をご覧ください。

そしてこの度、Mari 4.0 リリースに伴い、Mari を通常価格から驚きの 27%off でご提供するプロモーションを実施致します!この機会にぜひご検討ください。

通常価格: 245,800円(税別)  ⇒  179,000円(税別)
  265,464円(税込)   193,320円(税込)

プロモーション期間

2017年12月28日(木)15時受注分まで

プロモーション対象製品

・Mari 初年度メンテナンス付き (ノードロックライセンス または フローティングライセンス)

Mari ご購入特典

  1. Mari に関するQ & A ページ ご提供
  2. Mari 入門クラス を無料で受講
    もしくは 弊社にてご使用頂ける5,000円分のクーポン券プレゼント
    ※Mari 入門クラスの内容については次回開催のMari 入門クラスをご覧下さい。

新規ご購入の方:

Foundry社、Nuke,Hiero,MariまたはCollectiveいずれの製品もご所有されていないお客様は、下記リンクよりご注文頂けますようお願いします。

Nuke,Hiero,MariまたはCollectiveご所有の方:

Foundry社、Nuke,Hiero,MariまたはCollectiveいずれかの製品をご所有の場合は、メンテナンス期間を調整する必要がございますので、あらためて弊社よりお見積もりをご案内致します。詳細は下記リンクよりご覧ください。

※プロモーション内容は予告なく変更になる場合があります。


MARI 4.0 について

Mari 4.0は、Mariをより使いやすく、より学びやすくするという目標を掲げて開発されました。プロジェクトを素早く作成し、柔軟で設定可能なエクスポート、簡易化された操作をご堪能ください。UIは劇的に改良され、素早いペイントを可能にする新たなドラッグ&ドロップによる塗りつぶし機能や、より直感的なカスタムブラシの作成など、多数の新しいワークフローが導入されています。更にこれらはより効率的なコア機能の上に成り立っています!

Mari 4.0 主要な新機能

より速いスタートアップとエクスポート

Mari4では、これまで手動で操作していた手順を自動化した新しいスタートアップメカニズムでプロジェクトを素早く開始できます。スタートアップダイアログのチャンネルプリセットで定義した通りに、チャンネルがシェーダに接続された状態でシェーダが自動的に構築され、ユーザーは、初期のライティングとシェーディングセットアップを選択することができます。新しいExport Managerでは、チャンネルとBake Pointノードのバッチエクスポートを設定します。アーティストは、同じソースから複数のエクスポートターゲットの作成と管理ができるので、テクスチャマップを次のパイプラインに渡す時に柔軟に対応できます。

feature-Quicker-Start-Up-and-Export_Mari4.0.png

操作性の向上

ツールセット間を操作しやすくするために、多数の変更が実施されました。Mariの全パレットを含む新しいPalettesツールバーは、Mariが出来ること全てに対して容易なアクセスと可視性を提供します。マウスがパレットの上にある状態でスペースバーを押すことにより、パレットをフル画面に拡大することができます。類似した機能のツールは、Toolsツールバーの単一ボタンに集約され、ユーザーは、より広くなったキャンバス上で集中して作業することができます。他にも様々なパレットを統合し、重複機能を削除し、UIを簡略化することで、Mariをより学びやすく、より使いやすくしました。

feature-Better-Navigation_Mari4.0.png

UIの改善

精度を上げるために、Colorsパレットはスケーラブルになりました。コンポーネントスライダは、操作に合わせて各ポイントの最終的な色を表示するように改善されました。ユーザーは、Mariの数値コントロールに搭載された精確なキーボードのステップ機能でプロシージャルな操作を微調整できます。HUDのデザインは刷新され、ペイントの題材の上に描画されることがなくなり、ユーザーは、ペイントにより集中して効率的に作業できます。Basicノードグラフモードは削除されたため、Advancedモードがデフォルトになります。Mariを学習中の方でも、非商用版で完全なノードグラフにアクセスできるようになりました。

feature-Improved-UI_Mari4.0.png

強化されたワークフロー

ドラッグ&ドロップの塗りつぶしメカニズムにより、選択範囲に直観的にペイントを塗りつぶせるようになったことで、時間の節約と作業の効率化を図ります。Brush Editorは、Tool Propertiesパレットに統合され、選択しているブラシは、ツールバー上に明瞭に表示されるようになりました。テクスチャセットを閲覧するための新しいパレットでは、テクスチャファイルをより簡単に閲覧と読み込みができるようになりました。Layersパレットは、Groupレイヤーの操作がより直観的となり、少ないステップ数で目標とする設定が行えます。Walt Disney Animation Studios社のBrent Burley氏による2012年の論文を基にした、最終的な3Dプログラム/シェーダに一致するチャンネルと連携してプレビューする新しいPrincipled BRDFシェーダを追加しました。

feature-Improved-Workflows_Mari4.0.png

コア

OpenSubdiv 3.1.xへのアップグレードとUIへの機能追加により、ソフトウェアのレンダラーから得られるメッシュの細分化とさらに一致する挙動を可能にしています。Mariのユーザープリファレンスファイルは、ファイル名にアプリケーションのバージョンを埋め込んで保存するようになりました。これにより、アーティストは異なるバージョンのMariをUIまたはプリファレンスを破損する危険性なしに切り替えることができます。多くの環境設定のグループ、ラベル、ツールチップは、分かりやすくなるように変更しています。また、VFX Reference Platform 2017仕様のライブラリと適合するように全てのサードパーティ製のライブラリをアップデートしました。

feature-Core_Mari4.0.png

システム条件

Mari 4.0

  • Windows 7 64ビット以上
  • Linux 64ビットオペレーティングシステム(CentOS/RHEL 6)
    ※Mac OS X版は開発中のため後日リリース予定。

Mari 3.3

  • Windows 7 64ビット以上
  • Linux 64ビットオペレーティングシステム(CentOS/RHEL 6)
  • Mac OS X 10.9.5 (Mavericks)または10.10.5以上

最小システム条件

プロセッサ クアッドコアCPU
ストレージ キャッシュとテンポラリーファイル用 10GB以上のディスク空き容量
RAM 4GBメモリ以上
ディスプレイ 1680 x 1050 ピクセル解像度以上
ビデオカード 最新ドライバを搭載したNVIDIA及びAMDグラフィックスカード、1GBのグラフィックスメモリ、OpenGL 3.2*以上

*ディスプレイメントのプレビューは、現在、OpenGL 4.0またはそれ以降に対応するカード及びドライバのみでご利用いただけます。

Mari について

MARIは、大規模なプロジェクトに対応できる創造的なテクスチャペインティングツールです。MARIには、多くの2Dペイント系ソフトウエアでは到達しえない創造的なツールセットを搭載しており、アーティストがペイント作業に専念することが可能です。MARIのインターフェースは 非常に反応が良く、軽快にペイント作業が進められます。3Dモデルに直接ペイントし、その結果をその場ですぐに確認することができます。また、制作時間を短縮し、今まで不可能とされていたテクスチャ制作を可能にします。
>> Mari 製品詳細はこちら


投稿者 INDYZONE : 2017年12月06日 10:51

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://indyzone.jp/blog/mt-tb.cgi/2978