3DCGとノンリニア編集の専門店が送る最新情報とお得情報!インディゾーンブログ インディゾーン@オンライン

« [空席が出ました!] Houdiniダイナミクス基本講座 【2017年12月23日(土) 開催!】 | メイン | 【ご購入特典&ユーザー様向け】 Houdini 脱☆初心者-Mantraレンダリングワークフロー のオンライン動画 & データご提供! »

2017年12月01日

Foundry社、CARA VR 2.0 リリース記念 20%off プロモーション開始!

foundry_headern_600.jpgCaraVR2rpromo_600.png
CARA VR 新規ライセンスが20%OFF!

Foundry社より、CARA VR 2.0 がリリースされました。このリリースには、多数の新機能が含まれています。主要な新機能は、当ページ下部をご覧ください。

そしてこの度、CARA VR 2.0 リリースに伴い、CARA VR 新規ライセンスを通常価格から 20%off でご提供するプロモーションを実施致します!アップグレードも特別価格にてご提供!
この機会にぜひご検討ください。

プロモーション期間

2017年12月1日(金) から 12月28日(木) 15時受注分まで

 

  1. CARA VR 2.0 for NUKE 新規ライセンス →20% off !
    通常価格: 515,400円(税別)  ⇒  395,000円(税別)
      556,632円(税込)   426,600円(税込)
  2. CARA VR 2.0 for NUKE アップグレード → 特別価格
    通常価格: 119,880円(税別)  ⇒  114,000円(税別)
      129,470円(税込)   123,120円(税込)

CARA VR 2.0 リリース開始!

より高速でハイクオリティになったスティッチング、360°映像のマッチムーブ、ステレオ映像補正のための新しいワークフローを満喫してください。さらに、Cara VR Renderライセンスが無償になりました!

CARA VR 2.0 主要な新機能

改善されたスティッチングツール

新しいGlobalWarpノードは、ゴーストを最小限に抑えて高品質の360°映像のスティッチを作成し、スティッチングを高速化します。GlobalWarpは、重複する領域での主要な特徴点を揃えるためのコントロールを追加し、複数のカメラビューに重なっているオブジェクトの場合でも、コンストレインを追加してレクトリニアの入力画像内にある既知の直線のゆがみを軽減することができます。

360°映像のマッチムーブとスタビライズ

Cara VRのTrackerノードは、より快適なVR体験とより簡単な3Dエレメントの配置のために、スタビライズとマッチムーブの処理を簡素化および加速化するように再設計されました。新しいTrackerは、自動トラッキングと360°映像のスティッチへのスタビライズを追加しました。既存のユーザーが定義するトラックのワークフローを使用してトラッキングを改良したり、スタビライズで特定の領域を固定することができます。

ステレオ映像補正用のOculaツール

Cara VR 2.0には、特にビュー間の色、フォーカス、配置に不一致があるフッテージにおいて、ステレオ映像のクリーンアップ作業の悩みを取り除いてくれるパワフルなOculaツールセットから継承された、ツール一式が含まれています。今回のリリースには、深度推定用のハイクオリティな視差ベクトルを生成するDisparity Generatorノードの更新バージョン、視差ベクトルから深度を計算するためのDisparity To Depth、左と右のビューのカラーを統一するための新しいStereo Colour Matcher、一方のビューからもう一方のビューを再構築することができるNew Viewが含まれており、360°のフッテージで使用するために全て最適化されました。

 

>> CARA VR 2.0 新機能詳細はこちら

システム条件

対応OS

  • Windows 7 または Windows 10 (64ビットのみ)
  • Mac® OS X 10.9 (Mavericks)または10.10 (Yosemite)
  • CentOS/Red Hat Enterprise Linux 5または6 (64ビットのみ)
    ※Cara VR 2.0は、バージョン10.5v1以上のNuke、NukeX、Nuke Studio、およびバージョン11.0v1以上のNukeに対応しています。

最小ハードウェア要件

プロセッサ Inter Core 2 Duo以降のx86-64互換CPU
ストレージ キャッシュおよびテンポラリファイル用に5GBのディスク容量が必要
RAM メモリー容量8 GB RAM
ディスプレイ 最低1280 x 1024ピクセル解像度および24ビットカラー以上
ビデオカード メモリー容量512MBのビデオメモリとOpenGL 2.0用ドライバをサポートするグラフィックカード

*追加でViewer上の処理のGPUアクセラセーション処理を有効にするには、フローティングポイントテクスチャ対応のOpenGL 2.0GLSLが必要です。

Foundry、日本語チュートリアルビデオ (Foundry Japan 公式)

foundryyourube_thum.jpgFoundry Japan 公式 YouTube チャンネルには、現在 CARA VR for NUKE 日本語チュートリアルがアップされています。NUKE STUDIO についても近日中に公開予定となっておりますのでご期待下さい。
CARA VR for NUKE 日本語チュートリアルビデオ一覧はこちら
Foundry Japan 公式 Youtube チャンネルはこちら

Foundry サポートブログ (インディゾーン)

nukejp_thum3.jpg弊社が運営する当ブログページでは、Foundry社製品に関連する最新ニュースや機能情報を紹介しています。 ユーザー様にとってより製品が使いやすくなるよう、主にNUKE、NUKE STUDIO、MARIを中心とした様々な機能紹介やヒントを日本語で投稿しています。ぜひご覧ください。
Foundry サポートブログはこちら

CARA VR について

ワークフローを効率化し、ステッチ、レビュー、球体画像操作用の専用GPU駆動型ツールを追加することで、CARA VRは、360° ビデオコンテンツを作成するために本来NUKEが備えている適合性を強化します。
>>製品詳細はこちら

投稿者 INDYZONE : 2017年12月01日 18:20

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://indyzone.jp/blog/mt-tb.cgi/2976