3DCGとノンリニア編集の専門店が送る最新情報とお得情報!インディゾーンブログ インディゾーン@オンライン

« Foundry社より、Nuke 11.0v2 がリリースされました。 | メイン | 「作りながら学ぶ Maya インディゾーンブログ」 新着記事のご案内(2017.9.8) »

2017年09月01日

Deadline 10 機能情報を追加しました。

rayfire_bl560_171_2018.jpg

先日リリースされた Deadline 10 の機能情報を追加致しました。以下ページよりご覧下さい。

Deadline 10 機能情報

Deadline 10 について

Deadline はレンダーファームを手軽に管理できるレンダリング管理ソフトウェアです。
Deadlineは全ての規模のレンダーファームに強い対応力と幅広い管理オプションを提供します。

Deadline 10は、使いやすい分散演算管理ソリューションの最新版です。今回の更新では、お客様のレンダーファームがオンプレミス、純粋にクラウド上、あるいは両方のハイブリッドのいずれの場所にあってもシンプルかつ安全に拡張することができるAWS Cloudへのネイティブな統合を行いました。

Deadline 10は、従量ライセンスのお客様にはご使用いただけます。従来のフローティングライセンスのユーザーは、新しいライセンスが必要になります。Deadlineの年間ライセンスの価格は、1年間 5,750円(税別)に更新されました(ご購入はこちら)。Deadlineのパーマネントライセンスは、ご要望に応じて引き続きご購入可能であり、年間ライセンスへ移行していただくこともできます。ライセンスに関するお問い合わせは、こちらまでご連絡下さい。

投稿者 INDYZONE : 2017年09月01日 19:36

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://indyzone.jp/blog/mt-tb.cgi/2929