3DCGとノンリニア編集の専門店が送る最新情報とお得情報!インディゾーンブログ インディゾーン@オンライン

« [速報] Katana + Mari Meet Up at SIGGRAPH 2017 レポート | メイン | 「作りながら学ぶ Maya インディゾーンブログ」 新着記事のご案内(2017.8.7) »

2017年08月03日

Pixar's RenderMan Art & Science Fair レポート

0802001.jpg

Pixarのパーティーへ参加してきました。

パーティーではドリンクやフードが提供され、Carsで使われたテクニックなどが紹介されていました。一番の目玉だったのが、レンダリングがほぼライブで行われる機能で(あくまで確認用)、シーンで行った変更等が物凄い(ほぼリアルタイムに近い)速度でレンダリングされ、シェーダーの調整はこれはら物凄く効率化して行くと思われます。

0802002.jpg

どの様にしてこのようなパフォーマンスの向上をしたのか質問をしたところ、「デベロッパーの血と汗と涙による凄まじい努力と、さらなる努力と、絶え間ない努力」(サンプリングの最適化、データトランスファーのマルチスレッド化、レイトレースを一から書き直し・・他もろもろ)によって実現されたそうです。

デモで使用されたマシンはXeonのモンスターマシンですが、普通のCore i7などのCPUでもかなりの速度向上が体感できるらしいです。そして最後に、将来的にはCPUとGPUを両方使ってレンダリングできるXPUというのを開発中だとの事です。これからのRenderManに期待が膨らみますね!

投稿者 INDYZONE : 2017年08月03日 15:33

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://indyzone.jp/blog/mt-tb.cgi/2903