3DCGとノンリニア編集の専門店が送る最新情報とお得情報!インディゾーンブログ インディゾーン@オンライン

« EVERMOTIONより、アーチモデルズ Vol.185 が発売されました。 | メイン | 3ds Max Interactive を搭載した 3ds Max 2018 Update 1 がリリースされました。 »

2017年06月12日

Next Limit社より、Maxwell 4.1 がリリースされました。

mw41_bl560.jpg

最大8倍高速になったレンダリング

Maxwell 4.1 に搭載された強力な新機能 Denoiser は、低いサンプリングレベルでより高速に鮮明な画像を作成するのに役立ち、ユーザーのワークフローを最適化します。

他の改善点:
 - 最適化されたGPUのメモリ処理
 - Multilight Standalone V2
 - シーン内でライトの強度を調整可能な新しいLightsパネルをStudioに搭載
 - 新しいイルミネーションアセットをLibraryパネルに搭載
 - 新しいマテリアル互換性: MERL、X-Rite AxF、Real-IESファイル

Maxwell 4.1 の入手方法:

V4をお持ちの方 Customer Portal から無償でダウンロード頂けます。
V3をお持ちの方 V4へアップグレード(有償)して頂けます。こちらまでお問い合わせ下さい。
V2またはV1をお持ちの方 2017年6月30日までであればV4へアップグレード可能です(エンド・オブ・ライフ プロモーション実施中)。上記以降は、V4の新規ライセンスのご購入が必要となります。

Maxwell Render について

Maxwell Renderは物理的に正しい計算を行い、歪みを起こさないレンダリング・エンジンです。複雑な光の相互作用の演算を行うことで、Maxwell Renderは光を実世界と同じようにシミュレートすることが可能です。
Maxwell Render 製品詳細はこちら

投稿者 INDYZONE : 2017年06月12日 17:40

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://indyzone.jp/blog/mt-tb.cgi/2872