3DCGとノンリニア編集の専門店が送る最新情報とお得情報!インディゾーンブログ インディゾーン@オンライン

« EVERMOTIONより、アーチモデルズ Vol.179 が発売されました。 | メイン | 「作りながら学ぶ Maya インディゾーンブログ」 新着記事のご案内(2017.3.10) »

2017年03月09日

Thinkbox Software社より、Deadline 9 がリリースされました。

deadline9_shipping_splash.png

Deadline 9.0は、Thinkbox Software社が開発したスケーラブルな大容量演算管理ソリューションの最新バージョンで、既存のDeadlineレンダーファームのセキュリティを強化するための新機能を導入しています。Deadline Repositoryのインストーラは、MongoDBデータベースのSSL有効化バージョンをインストールし、オプションでパスワードロックができるSSL証明書を使用してデータベースに接続するようにDeadlineのデフォルトを設定します。また、分散デプロイメントのサポートを向上するための新しいインストールと設定オプションが追加されました。

DeadlineのRemote Commandシステムにも改善が施されました。Remote Commandが暗号化され、検証チェックはコマンドが送信者から発信されたことと、その送信者が同一のRepositoryに接続されていることを確認します。Remote CommandリダイレクションもDeadline Pulse経由で対応可能になり、Remote Commandを異なるサブネット上で安全に送ることが可能です。

デリバリーの自動処理を行うDeadlineのプラグインであるDraft と、Autodesk Shotgun、ftruckおよびNIMを含むプロジェクト管理アプリケーションに対して、共通のインターフェースが全てのサブミッタに含まれるようになりました。また、Altus、Cinebench、ClarisseのCNode、Composite 2017、Corona 1.4&1.5、Episode、KeyShot、Media Encoder 2017、Microstation CONNECT、Redshift for Houdini、Redshift Standalone、Silhouette、SketchUp 2017、V-Rayのvdenoise、そして VRED 2017.1 & 2017.2を含むアプリケーションおよびレンダラーに対するサポートも追加されました。V-Ray DBRのサポートがmodo および Rhino 5に含まれるようになり、3dsCmdプラグインがDynamic V-Ray DBRのオフロードに対応するようになり、V-RayスタンドアロンサブミッタがFoundry社のNUKEに追加されました。MayaからエクスポートするRedshiftとHoudiniからエクスポートするRenderManに加えて、Redshift for Maya向けのJigsawレンダリングとCinema 4DおよびVRED向けのタイルレンダリングが含まれるようになりました。

従来のフローティングライセンスをご使用の場合、Deadline 9.0のライセンスが必要となります。尚、Usage Basedライセンスをご使用の場合は、すでに購入済みのレンダリング時間は、そのままご使用頂けます。さらに、Deadline 9.0に付属するDraftのバージョンは1.6にアップグレードされているため、こちらも新しいライセンスが必要となります。DeadlineおよびDraftのライセンスアップデートをご希望の方は、こちらまでご連絡ください。

 

その他、Thinkbox Software製品についての日本語情報は、下記サイトをご覧ください。
http://thinkboxpartner.indyzone.jp/

Thinkbox Software社について

Chris Bondによって2010年に創設したThinkbox Software社は、プロダクション導入済みのビジュアルアーティスト向けのツールを開発し、各製品に対応の良い質の高いサポートを行っています。エンターテインメント、工業、またはデザイン業界で使用されるThinkbox社製品には、レンダリングやファイル処理で使用される大容量データ管理ソフトウェアであるDeadline®や、アーティスト主導のソフトウェアツールがあり、VFX、アニメーション、デジタルシミュレーション用のデータセットの作成、ビジュアライズ、修正が可能です。詳細については www.thinkboxsoftware.com をご覧ください。Twitterでも @thinkboxsoft をフォローできます。

株式会社インディゾーンについて

インディゾーンは、当初3次元グラフィックスワークステーションであるシリコングラフィックス(SGI)社のワークステーションユーザーの為の周辺機器とサービスを行う会社として1996年5月に設立されました。 現在のビジネスの主体は上記の周辺機器中心から徐々に、HP社ワークステーションおよびWindows、Apple社MacintoshベースのCGおよびノンリニア編集システムや各種映像装置の販売・保守を中心に、インターネット上のオンラインショップ及びWebコンテンツの制作業務を行っています。近年では3DCGソフトであるカナダのSide Effects社のHoudini日本国内総代理店やPixar Animation Studios社のRenderManの正規国内販売店や英国Foundry社の3DコンポジットツールNukeの日本代理店及びカナダのThinkbox Softwareの日本代理店としてコンテンツクリエイションツールなどのクリエイターに人気の高い製品の販売を通じて業界内で確固たる地位を確立しています。

投稿者 INDYZONE : 2017年03月09日 20:19

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://indyzone.jp/blog/mt-tb.cgi/2801