3DCGとノンリニア編集の専門店が送る最新情報とお得情報!インディゾーンブログ インディゾーン@オンライン

« Shave and a Haircut for Maya 9.5 日本語マニュアルが完成しました! | メイン | Nuke 入門クラス 【2017年1月14日(土) 開催!】 »

2016年12月28日

RenderMan 21 RIS チュートリアル 「デバッグと最適化」を無償公開!

rmanris_bl560.png

RenderMan 21 RIS チュートリアル 「デバッグと最適化 - RenderManのRISを最大限に活用する方法 -」 の日本語ドキュメントを無償公開致します!

こちらのドキュメントでは、レンダー画像で発生していることをよりよく理解するために使用できるいくつかの基本的な技術について説明しています。

これにより、問題や障害を系統的に見つけ出すことができます。一旦解決してしまえば、レンダリングが速く終了し、画質の向上にもつながります。この知識を習得すると、シーンの構築中に発生する課題を予測し、実際に問題になる前に取り除くことができます。

> 「デバッグと最適化」日本語ドキュメント(PDF)はこちら <

 

当チュートリアルのプロジェクトファイルは、以下のPixar社のRenderManサイトよりダウンロード頂けます。

Pixar, RenderManサイト - Debugging & Optimization ページ

rmrisv21assets.png

RenderMan 21 RIS チュートリアル 「デバッグと最適化」サンプル画像

rmanris_sample_bl560.png

謝辞:

Pixar Animation Studio-RenderMan TeamのDylan Sisson氏には、このドキュメントのご紹介及び日本語版翻訳の許可を頂き感謝いたします。

また、Pixar Animation Studios,ヴィルマン龍介氏/Ryusuke Villemin氏には、文章全般の校正並びに用語のご解説など多大なるご協力を頂きました。この場をお借りしてお礼を申し上げます。

 

RISについて
旧バージョンとなりますが、RenderMan 20 日本語ユーザーガイドにて、RISの詳細をご覧頂けます。RenderManのRISとは、高速で使い易く設計された新しいレンダリングモードであり、プロダクション品質のレンダーを生成することができます。

RenderMan 20 ユーザーガイド → RISの情報はこちら

 

RenderManについて

RenderManはハリウッド映画において、実写合成やリアリティを優先したプロフェッショナルレンダラーです。常にトップクオリティが求められるハリウッドニーズと技術が凝縮しています。RenderManは特に3Dアニメーションと視覚効果(VFX)のレンダリングにおいて大きな目標を達成するために設計されました。その結果RenderManは高速で効率よく最先端の機能を提供すると共に複雑なジオメトリを大量に取り扱うことができます。

>> Renderman 製品の詳細・ご購入はこちら

投稿者 INDYZONE : 2016年12月28日 14:45

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://indyzone.jp/blog/mt-tb.cgi/2743