3DCGとノンリニア編集の専門店が送る最新情報とお得情報!インディゾーンブログ インディゾーン@オンライン

« GTMF 2016 出展および講演のご案内 【大阪:7月5日(火) 東京:7月15日(金)開催】 | メイン | Houdini 15.5 セミナー 2016 東京 【7月12日(火) 開催!】 »

2016年06月20日

Houdini 日本語情報ブログに、記事を6つ追加しました。

h15b_160620.jpg

Houdini日本語情報ブログに、以下6つの項目を公開しましたので是非ご覧ください!

h15b_160620_001.jpg

レンダーパスの設定 2

  • Position、Z-Depth、ノーマルパスの設定について説明しています。サンプルファイルをダウンロード頂けますので、ファイルを見ながらご確認いただけます。

h15b_160620_002.jpg

Positionパス等の使われ方

  • 今回はHoudiniから話がそれますがNukeで簡単にそれぞれのパスの使い方を説明します。サンプルファイルをダウンロード頂けますので、ファイルを見ながらご確認いただけます。

h15b_160620_003.jpg

カスタムアトリビュートをパスとして吐き出す

  • アトリビュートを作ってパスとして吐き出す方法を説明します。サンプルファイルをダウンロード頂けますので、ファイルを見ながらご確認いただけます。

h15b_160620_004.jpg

Positionパスのワールド座標とカメラ座標

  • 今回はワールド座標のPositonパスを使って簡単にマスクを作ります。サンプルファイルをダウンロード頂けますので、ファイルを見ながらご確認いただけます。

h15b_160620_005.jpg

モーションブラー

  • モーションブラーの説明です。サンプルファイルをダウンロード頂けますので、ファイルを見ながらご確認いただけます。

h15b_160620_006.jpg

Velocityパス

  • Velcityパスの作り方を説明します。サンプルファイルをダウンロード頂けますので、ファイルを見ながらご確認いただけます。

 

上記内容は下記ページ(一覧)からもご覧頂けます。
http://houdini.indyzone.jp/blog/?m=201606

 

Houdini について

Houdiniは、優れたパフォーマンスと飛躍的で使いやすい新機能を併せ持ち、あらゆるCGプロフェッショナルに、パワフルで使いやすい3Dアニ メーションのユーザエクスペリエンスを提供します。CG業界のUI標準に合わせて設計された新しいユーザインターフェースにより、制作時間を大幅に削減 し、プロダクションパイプラインの柔軟性を高めるパフォーマンスを享受することができます。

>> Houdini の製品詳細・ご購入はこちらnx.gif

>> sidefx.jp (日本語サイト) はこちら

投稿者 INDYZONE : 2016年06月20日 20:10

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://indyzone.jp/blog/mt-tb.cgi/2611