3DCGとノンリニア編集の専門店が送る最新情報とお得情報!インディゾーンブログ インディゾーン@オンライン

« EVERMOTION アーチインテリアズ for Unreal Engine Vol.2 が発売されました。 | メイン | [空席が出ました!] Nuke 入門クラス 【2015年10月22日(木) 開催!】 »

2015年10月08日

Maxwell Render V3.2 がリリースされました!

mw32_bl560.jpg

最新バージョンのMaxwell Render V3.2がリリースされました。

バージョン3.2の新機能ハイライト

  • バーチャルリアリティの登場です!新VR動作可能レンズ [ビデオが下部にあります]
  • サブサーフェイス・スキャタリングにおけるスピードを大幅に改善
  • 過去最大のチャンネルおよびチャンネルコンビネーション数
  • Maxwell Studioユーザーの方は、固有のファイルフォーマットで直接作業するための新しいアセット参照にご満足いただけるはずです。
  • 入れ子状の誘導絶縁体: 流体をレンダリングする方にとっては、重要な改善です。
  • マルチライト:Multilightエミッタの選択と編集を同時に実行
  • 他にも数多くあります。

Maxwell Render v3.2 新機能詳細はこちら(Nextlimit社サイト[英語])

 

Lenses

アップグレードについて

Maxwell Render V3のライセンスをご所有のユーザー様は、無償でアップデートできます。V1およびV2をご所有のユーザー様がV3をご使用になるには、V3へのアップグレードが必要になります。

Maxwell Render について

Maxwell Renderは物理的に正しい計算を行い、歪みを起こさないレンダリング・エンジンです。複雑な光の相互作用の演算を行うことで、Maxwell Renderは光を実世界と同じようにシミュレートすることが可能です。

Maxwell Render V3は技術的な進化と新機能を追加したため、締め切りに追われていてもクリエイティブなアイデアに妥協はありません。Maxwell Renderを使用することで、迅速で簡単なシーン設定や最高品質にて最短時間でフォトリアルなイメージにすることが可能です。お好きな3DプラットフォームでMaxwellを使って、無敵のレンダリング体験を。

Maxwell Render 製品詳細はこちら

投稿者 INDYZONE : 2015年10月08日 15:30

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://indyzone.jp/blog/mt-tb.cgi/2477