3DCGとノンリニア編集の専門店が送る最新情報とお得情報!インディゾーンブログ インディゾーン@オンライン

« The Foundry社より、Mari 2.6v5 がリリースされました。 | メイン | Sitni Sati社、FumeFX 3.5.7 for Maya リリース! »

2015年05月08日

Thinkbox Software社より、Deadline 7.1.0.35 がリリースされました。

DEADLINE_Banner_640x220_v001.jpg

Deadline 7.1は、Thinkbox Software社のスケーラブルなハイボリューム演算管理ソリューションの最新バージョンです。ビルトインクラウドのサポートや最新の3Dアニメーションツールとの一体化に加え、Deadline 7.1は、Autodesk社の AutoCAD、VREDおよびVREDCluster; CSI社のCSiBridge、ETABS、SAFEおよびSAP2000; EnergyPlus; そしてBentley Systems社の MicroStationといった高度な建築、エンジニアリング、建設(AEC)アプリケーションにも対応するようになりました。

Deadline 7.1は、先般導入されたビルトインVMXサポート上に構築し、VFXおよびAECの双方のユーザーがオンデマンド演算を行うためにパブリックおよびプライベートクラウドのリソースを活用することができます。さらに、Slaveメトリクスおよび統計の更新、balanced/weightedジョブスケジューリングに対する強化、フォント同期の拡張などが含まれています。また、QuickTimes、サムネイル、および他の成果物の作成と処理のような、典型的なポストレンダリングタスクを自動化するために設計された軽量型コンポジットおよびビデオ処理プラグインDraftの更新バージョンが、Deadline 7.1に新しく追加されました。

詳細は Deadline 7.1.0.35 新機能ページをご覧ください。

Deadline_71035_bl_rl.jpg

>> Deadline 7.1.0.35 リリースノートはこちら

※Deadline 7.1 バージョンを利用するには、新しい7.1ライセンスが必要となりますので、予めご了承下さい。Deadline 7.0以前のライセンスをお持ちの場合は、ライセンスの更新が必要となります。さらに、Deadline 7.1に同梱されているバージョンのDraftに対しては、新しい1.3ライセンスが必要です。Draft 1.2以前のライセンスをお持ちの場合は、ライセンスの更新が必要となります。更新ライセンスファイルが必要な場合は、こちらまでご連絡ください。

Deadlineとは

Deadline はレンダーファームを手軽に管理できるレンダリング管理ソフトウェアです。
Deadlineは全ての規模のレンダーファームに強い対応力と幅広い管理オプションを提供します。

>> Deadline 評価ライセンスの申請はこちら

>> Deadline 製品情報 および ご購入はこちら

その他、お問い合わせは こちら までご連絡下さい。

 

>> Thinkbox社製品の詳細・ご購入はこちらnx.gif

投稿者 INDYZONE : 2015年05月08日 11:20

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://indyzone.jp/blog/mt-tb.cgi/2397