3DCGとノンリニア編集の専門店が送る最新情報とお得情報!インディゾーンブログ インディゾーン@オンライン

« CINEMA 4D R15 MSAバンドルキャンペーン!期間限定特価! | メイン | EVERMOTIONより、アーチエクステリアズ for CINEMA 4D Vol.19 が発売されました。 »

2014年07月28日

SynthEyes 1407 3-D TrackerにSynthiaが搭載されました。

syntheyes_1407_Synthia_bl560.jpg

自然な言語テキストとボイスコントロールを備えた画期的な新しい生産性の高いツール

* 2014年7月24日、ペンシルベニア州フェニックスビル。即時リリース。

Andersson Technologies LLC社のSynthEyes 3-Dトラッキングアプリケーションの最新バージョン1407は、画期的な新しい生産性ツール「Synthia」を搭載します。SynthEyes Instructible Asistant、略してSynthiaは、チャット形式で自然な言語コントロールを可能にします。SiriやGoogle Nowのような単純なアシスタントと違い、Synthiaは単純でも複雑でも特殊な指示に応答し、ユーザーが英語で指示を与えることによって機能を追加することができます。クラウドコミュニケーションでユーザーの経験値に基づいて飛躍的に改善させることができます。

Andersson Technologies LLC社のオーナーであるRuss Andersson氏曰く「一般的なソフトウェアユーザー、特にトラッキングアーティストは、タスクがだんだん複雑になり、タイムスケールが短くなっていくような状況に直面します。Proアプリケーションはこれまで機能と柔軟性を充分に追加してきましたが、ユーザーがそれらを学習する時間はほとんどなくなっています。メニューは層状に重なり、よくわからない機能のアイコンが山ほどあるため、グラフィカル対話は複雑になってしまいました。そして、多くのユーザーには、従来のスクリプト言語を使用している単純な仕事を自動化するのに必要なプログラミングの専門知識を持ち合わせていません。Synthiaは、瞬時に非常に新しく非常に古いパラダイム、話し言葉と書き言葉を備え、ソフトウェアがナチュラルな言語で出される指示を理解して直接タスクを実行できるような新しい未来への道を示してくれます」。

Synthiaは、SynthEyesについて指南する広範囲な基盤で構成されています。したがって、Synthiaは将来的に他のアプリケーションの制御もできるかもしれないと期待しています。

1407で追加されたその他の新機能としては、トラッキングアーティストとスーパーバイザー間でコミュニケーションを図るための「ノート」や、多種多様な追加機能、バグ修正を含みます。

メーカーサイトから、Synthiaを搭載したSynthEyesの評価版(Windows版、Mac OS X版、Linux版)をお試しいただけます。1407の機能に関するチュートリアル(英語)は、ウェブサイトで入手可能です。

価格と入手方法

SynthEyes Proのライセンスは1本64,750円(税別)です。クロスプラットフォームのProライセンスは1本84,250円(税別)です。フルフローティングProライセンスは1本129,750円(税別)(サイト単位のライセンスマネージャは35,000円(税別))です。学生や趣味でご使用の方向けにはエントリーレベルIntroバージョンのWindows版とMac版があり、38,750円(税別)です。

サポート契約期間中のSynthEyesのユーザーは、新バージョンを無償でご入手いただけます。旧SynthEyesユーザー向けのアップグレードまたは更新価格は、弊社までご連絡下さい。

>> SynthEyes 各製品はこちらnx.gif



投稿者 INDYZONE : 2014年07月28日 15:32

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://indyzone.jp/blog/mt-tb.cgi/2223