3DCGとノンリニア編集の専門店が送る最新情報とお得情報!インディゾーンブログ インディゾーン@オンライン

« Houdini 13 日本語オンラインマニュアルをアップデートしました! | メイン | 【開催まで2週間を切りました!】 映画 『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』 エフェクト メイキングセミナー [6月20日(金)開催!] »

2014年06月07日

The Foudry社より、Ocula 4 がリリースされました。

foundry_headern_600.jpgocula-4-email-header.jpg

ゼロからの再構築で、OCULAの時代到来!

OCULA 4は、業界標準のステレオポストプロダクションツールセットを完全にリニューアルしました。最先端のアルゴリズムを用いて広範囲に見直し、CPUの計算結果と同一な高速GPU処理や、数百もの大量なショットを制作する場合においてもターンアラウンド(実行結果)の時間が確実に速くなる全く新しいワークフローを導入しました。

詳細はこちらから(英語)

01_New-algorithms.jpg

新しいアルゴリズムの導入

そのアルゴリズムは完全に見直され、最先端レベルの精度を用いて、ポスト処理の膨大なクリーンアップ時間を短縮できるようになりました。視差ベクトルはさらにきれいで安定性が増し、画像の再構築はさらに鮮明になりました。

02_alignment-small.png

改善したツール

今回のリリースには、反復を減らしてショットの実行スピードを向上させるための主要機能のアップデートも含まれており、初回から正しい修正が行なわれます。新しい最新式のコントロールは、結果を手動で簡単に調整でき、また、OCULAはNUKEのPython APIを使用してオフライン修正を自動化できる機能を装備しました。

03_newfeat.png

ツールセットとQC

実制作で試行された新しいOCULAテンプレートが、新しいQCツールと共にプロダクションフッテージを適用させるために追加され、OCULAから最高の結果が得られるよう補正の確認を容易にします。

04_fry.jpgAnimal Logic社が映画『華麗なるギャツビー』で使用したOCULAの事例をご覧ください。

高速GPU演算

新しいツールは、計算を高速化させるためにBLINK技術を使用してGPU上で動作するようになり、CPUと同じ結果を生成して、CPU演算ファームでレンダリングを行う際にユーザーに安心感を与えます。

All feature images © 2009 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. Images courtesy of Weta Digital.

Ocula 15日間評価版 をダウンロード

※ダウンロードにはアカウントを作成する必要があります。

Ocula製品についてはこちら

Oculaチームより

>> Ocula、The Foundry社製品についてはこちら



投稿者 INDYZONE : 2014年06月07日 15:14

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://indyzone.jp/blog/mt-tb.cgi/2196