3DCGとノンリニア編集の専門店が送る最新情報とお得情報!インディゾーンブログ インディゾーン@オンライン

« MODO 801 英語版 アップグレードキャンペーン 【日本語版へ無償アップグレード付】 販売開始! | メイン | Sitni Sati社製品(FumeFX,AfterBurn,DreamScape)、3ds Max 2015 対応版 リリース! »

2014年04月25日

3d-io社より、Flatiron v2 がリリースされました!

flatiron_20_bl560.jpg

Flatiron 2.0は、Autodesk® 3ds Max®向けの最もパワフルなシーンテクスチャベイクのソリューションです。ゲームのアーティストやリアルタイム・ビジュアライゼーション、そしてプロトタイピングデザイナーが、ほんの数回クリックするだけでシーン全体をベイクしたビットマップを作成できるように開発されました。テクスチャベイキングプロセスの構築において、大手スタジオやゲーム開発者から長年ご利用いただいています。

01s_Flatiron_V2_single-pass_multi_render_elements.jpg

最新のFlatiron 2.0のリリースでは、スピード面を全体的に改善し、高度なワークフロー向けに新機能を追加しました。

  • シングルパスで複数のレンダーエレメントをテクスチャベイク
  • テクスチャ出力用に設定された名前付けルール
  • テクスチャベイクのアニメーションをサポート
  • カスタマイズ可能なプリセット
  • 全てのTarget Materialをサポート
  • 異なるベイキング結果に対する新しい柔軟性のあるオブジェクトコレクションシステム
  • Flatironセレクションおよびプリセットがシーン内に保存されます。
  • ベイクしたテクスチャ用の調整可能な背景カラー
  • 機能と安定性を改善
  • MAXScriptを改善
  • 新たに単純化した、ウェブで管理可能なライセンシング
  • 3ds Max 2010 から 2015 まで対応

02s_Flatiron_V2_unwrapping_asset_management.jpg

アップデートについて

Flatironの旧バージョンをお持ちの既存ユーザー様は、無償でFlatiron 2 へアップデート致します。
弊社または弊社パートナー様よりご購入いただいたお客様へ、ご購入時にご登録を頂きましたメールアドレスにお送りしています。

まだ、弊社よりメールを受取っていない場合は、お手数ですがこちらまで、E-Mailにてご連絡をお願い致します。メールが届いていない場合は、迷惑メールとして処理されていないかもご確認下さい。

03s_Flatiron_V2_full_scene_animation_baking.jpg

必要条件

・Microsoft .NET 2.0のインストール。
・Microsoft DirectX 9.0c (2008年8月版)

Flatironについて

Flatiron は一度に複数のオブジェクトまたはシーン全体を取り扱える3ds Max用のテクスチャベーキング プラグインです。Flatironは、正確なピクセルにモデルサーフェースのアスペクト比を与えて、UVマップの展開を自動で生成します。 Flatironはユーザのシーンベーキングのワークフローを高速化し、テクスチャリングの品質を大きく改善します。

Flatiron 2.0 は45,360円(税込)で、下記よりご購入いただけます。
>>Flatiron のご購入はこちら

3d-io社について

3d-io games & video production GmbHは、ハイエンドなソフトウェア開発、モデリング、アニメーション、レンダリング、CGエフェクト、そして3Dインダストリアルデザイン専門の会社です。ドイツのヴィースバーデンに本社を置く3d-io GmbHは、グラフィックスやアニメーションの他、ゲーム開発、デザイン&ビデオ制作、デジタルコンテンツ作成において強い存在感を確立してきました。献身的なサポートチーム、経験豊富なプログラマー、そしてトップクラスの3Dアーティストと協力し、使いやすいソフトウェア製品を提供すべく尽力しております。ゲーム市場における弊社の最新製品は、German Game Developers Award 2008のベストグラフィックス部門にノミネートされ、CG製品は世界中の著名なゲームおよびデザインスタジオでご使用いただいています。



投稿者 INDYZONE : 2014年04月25日 21:44

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://indyzone.jp/blog/mt-tb.cgi/2161