3DCGとノンリニア編集の専門店が送る最新情報とお得情報!インディゾーンブログ インディゾーン@オンライン

« Maxwell Render 3.0 活用セミナー 【3月7日(金) 開催!】 | メイン | The Foundry社より、Nuke & NukeX 8.0v3 がリリースされました。 »

2014年02月13日

Thinkbox Software社がDeadline 6.1をリリース!

deadline_6_header_bl560.jpg

カリフォルニア州ロサンゼルス(2014年1月29日) - 本日、Thinkbox Software社は、制作現場で実証済みの高容量データ管理ソリューションDeadline 6.1 をリリース致しました。全プラットフォームで互換性を持たせ、Deadline 6 で導入した能率的なUIと柔軟性のあるデータベースバックエンド、および安定性が向上した機能に磨きを掛けました。また、操作性を一掃することで機能強化を図り、ジョブの投入を高速化しました。機能を高度に最適化したため、これまでより10倍以上も高速に動作させることができるようになり、驚異的なアップデートにより何千台ものマシンに対するサポートも容易にスケールアップできます。さらに、OpenEXRのサポートを改良し、典型的なポストレンダリングタスクを自動化するために設計された、Thinkbox社の軽量型コンポジット及びビデオプロセシングプラグインの最新イテレーションを搭載したDraft 1.1 をDeadline 6.1 に組み込みました。

※Deadline 6.1 はライセンスの再発行が必要となります(6.0のライセンスではご使用いただけません)。Deadline 6.1 のアップグレード方法につきましては、ご購入の際にご登録を頂きましたメールアドレスにお送りしています。

サブスクリプションが有効なユーザー様で、まだ弊社よりメールを受取っていない場合は、お手数ですがこちらまで、E-Mailにてご連絡をお願い致します。メールが届いていない場合は、迷惑メールとして処理されていないかもご確認下さい。

Deadline 6.1 に含まれる主要な新機能:

  • スケジューリングコントロールの増強 - 先入れ先出方式、平均化、または厳密優先度重み付けスケジューリングアルゴリズムを使用して、どのようにジョブをスケジューリングすべきかをコントロールすることで、ワークフローをカスタマイズできます。
  • 簡素化された二次的リソース配置 - マシンを常にアクティブ状態にするため、第1のプールで使用できるジョブが空の場合、第2のプールシステムで容易にジョブをファームへ自動的に割り振りできるようになります。
  • ノードベースのジョブ従属ビュー - Deadlineモニターに新たに加わったパネルで、ドラッグアンドドロップで容易に修正可能な、ジョブ従属ツリーのノードベースでのビューを提供します。
  • アセットおよびスクリプトの依存性 - 必要なアセット(テクスチャ、キャッシュファイルなど)が全て使用でき、かつPythonスクリプトが成功して戻ってきたときのみ、ジョブが開始されます。
  • アップデートされたAPI - 新しいRESTful APIを使用して、データベースからの情報のリクエスト、新データの保存、既存データの変更、またはデータベースからのエントリーの除去が容易に行えます。
  • スタンドアロン Python API - Deadlineのコンテキスト内で起動させなくても、またマシンにDeadlineをインストールしなくても、ネイティブのPythonスクリプトを使用してDeadlineと通信します。
  • 追加のクラウドプロバイダーサポート - DeadlineはMicrosoft AzureとAmazon EC2に対応可能になりました。
  • メンテナンスジョブモード - ベンチマークテストの実行や新しいソフトウェアのインストール、そしてファイルの同期を行うときに便利で、投入されたメンテナンスジョブは、ファームの各スレーブ上で一度だけレンダリングを行います。
  • ポップアップメッセージ通知システム - Deadline 5 におけるNetSend Notificationに類似したこのシステムは、ジョブが完了もしくは失敗した際、その旨のメッセージをワークステーションにポップアップ表示で送ります。
  • 3ds Max向けの「ジグソー」マルチ領域レンダリング - Autodesk® 3ds Max®では、より高度なDeadlineワークフローによって、ユーザーがレンダリングする任意の数のサイズ領域を定義できるようになり、既存のフレームやシーケンスを瞬時にアップデートしながら、変化するオブジェクトを追跡するための位置とサイズをアニメーションします。
  • Mayaおよび3ds Max向けのV-Ray分散レンダリング(DBR)のサポート -
    Autodesk® Maya®および3ds Max®ユーザー向けには、どのノードがChaos Group社 V-Ray® Spawnerを実行しているかを示すために、新しいDeadlineインターフェイスは自動的にアップデートを行い、V-Rayに使用可能なノードを提供します。
  • 製品サポートの拡張 - Adobe After Effects CC、Smith Micro Software Anime Studio 9/9.5、MAXON CINEMA 4D 15、Side Effects Software Houdini 13、Side Effects Mantra Standalone 13、Next Limit Technologies Maxwell Renderer V3、The Foundry社のNUKE 8、 Next Limit Technologies RealFlow 2013、Planetside Software Terragen 3、3ds Max版V-Ray 3.0、E-on Software Vue 2014、そしてSantiago Ogaz & co xNormalへのサポートを追加しました。

スケール可能なプロセス管理ツールであるDeadlineは、時間と労力と費用を節約するために、地理的な場所は関係なく、ワークステーションを通じて効率的なジョブを確実に実行します。VFX業界を牽引するレンダリング管理ソフトウェアとして、エンジニアリングやビジネス市場の演算リソースの管理にも使用できます。

8169217-23948157-thumbnail.jpg

「Deadline 6.1 には、マシン数が数千台であろうが2、3台であろうが、ファシリティーがこれまでになくスケールアップできる新機能とパフォーマンスの最適化が搭載されています。例えば、「ジグソー」は無数のマシン上で1つのフレームレンダーを分割し、新しいノードビュー従属グラフで色別けします。直感的で視覚的な方法でスクリプトやアセット、そしてジョブの従属性をユーザーが管理できるのです。」と、Thinkbox Software社の創設者、Chris Bond氏は話します。「弊社内のDeadlineチームを強化し続け、お客様に何度も質問し、弊社にいただいたフィードバックの規模に関係なく、その大部分を統合しました。ユーザーがワークフローの可能性を最大限に引き出すことができるDeadline 6.1 は、間違いなく弊社のツール開発に対するコミットメントを反映させています。

>> Deadline 評価ライセンスの申請はこちら

>> Deadline 製品情報 および ご購入はこちら

その他、お問い合わせはこちらまでご連絡下さい。

[ Thinkbox Software社について ]

thinkbox_logo_bl.png

Chris Bondによって2010年に創設したThinkbox Software社は、プロダクション導入済みのビジュアルアーティスト向けのツールを開発し、各製品に対応の良い質の高いサポートを行っています。エンターテインメント、工業、またはデザイン業界で使用されるThinkbox社製品には、レンダリングやファイル処理で使用される大容量データ管理ソフトウェアであるDeadline®や、アーティスト主導のソフトウェアツールがあり、VFX、アニメーション、デジタルシミュレーション用のデータセットの作成、ビジュアライズ、修正が可能です。

[ 株式会社インディゾーンについて ]

インディゾーンは、当初3次元グラフィックスワークステーションであるシリコングラフィックス(SGI)社のワークステーションユーザーの為の周辺機器と サービスを行う会社として1996年5月に設立されました。 現在のビジネスの主体は上記の周辺機器中心から徐々に、HP社ワークステーションおよびWindows、Apple社MacintoshベースのCGおよ びノンリニア編集システムや各種映像装置の販売・保守を中心に、インターネット上のオンラインショップ及びWebコンテンツの制作業務を行っています。近 年では3DCGソフトであるカナダのSide Effects社のHoudini日本国内総代理店やPixar Animation Studios社のRenderManの正規国内販売店及び英国The Foundry社の3DコンポジットツールNukeの日本代理店などのクリエイターに人気の高い製品や立体視メガネやディスプレイといったVR(バーチャ ルリアリティ)製品などの販売を通じて業界内で確固たる地位を確立しています。



投稿者 INDYZONE : 2014年02月13日 12:52

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://indyzone.jp/blog/mt-tb.cgi/2109