3DCGとノンリニア編集の専門店が送る最新情報とお得情報!インディゾーンブログ インディゾーン@オンライン

« 【終了間近!12月24日(火)まで】The Foundry ウィンタープロモーション! | メイン | Thinkbox Software社がKrakatoa for MAXON CINEMA 4Dを発表! »

2013年12月19日

Thinkbox Software社がMagmaに対応したKrakatoa MY 2.3 for Mayaを発売!

カリフォルニア州ロサンゼルス(2013年12月17日) - Thinkbox Software社は、Autodesk社Maya用の高容量パーティクルレンダラの最新バージョンKrakatoa MY 2.3のリリースを発表しました。UIやパフォーマンス面の改善のほか、パーティクルデータを修正するための直感的なノードベースのツールキットMagmaが追加されました。このリリースはAutodesk社3ds Maxバージョンのプラグインの更新版Krakatoa MX 2.3と同時に行われ、双方の3Dアプリケーション間で同一の機能が使用できます。

CPUベースでマルチスレッドなKrakatoaは、かつてないほどのスピードで何十万ものパーティクルの取得、キャッシュ化、変形、修正、シェーディング及び、レンダリングを行うパイプラインを提供することで、ホストアプリケーションのメモリーとシステムの限界を打破します。Krakatoaをよく利用するアーティストの多くは、土ぼこり、煙、沈泥、海洋面の泡、プラズマ、抽象的なイメージ、固体物質など自然界におけるCG現象を作成します。また、建築、土木技術、建設業界においてLIDARやパーティクルデータセットを可視化するときにも使用されます。

Krakatoa MY 2.3の主要機能

  • Full Magma Support: パーティクルデータをKrakatoaでプロシージャルに修正します。
  • Higher Particle Counts: 分散された.PRTのDeadline上でのパーティショニングは、
    Mayaパーティクルシステムのパーティクル総数を増やします。
  • PRT Surfacing: ジオメトリのサーフェスでパーティクルを生成します。

8169217-23948157-thumbnail.jpg

「私達が3dsMax用のKrakatoaを先に開発したのは、そのソフトウェアを熟知していたからです。Mayaのサポートを導入したのも自然な流れであり、同等のレベルに達するまで時間がかかりましたが、これでKrakatoaはMayaユーザーに対してもシームレスに動作します。」と、Thinkbox社創設者であるChris Bondは話します。「Maya用の新しいMagmaツールキットを書きあげることは大仕事でしたが、ユーザーにかなり多くのメリットを提供できます。また、私達はKrakatoa全体の既存の機能を微調整したので、全てのプラットフォームにおいて機能が同等になり、アーティストが与えるどんな仕事も完全にこなします。」

>> Krakatoa MY (Maya版) 評価ライセンスの申請はこちら

>> Krakatoa MY (Maya版) 製品情報はこちら

その他、お問い合わせはこちらまでご連絡下さい。

 

[ Thinkbox Software社について ]

thinkbox_logo_bl.png

Chris Bondによって2010年に創設したThinkbox Software社は、プロダクション導入済みのビジュアルアーティスト向けのツールを開発し、各製品に対応の良い質の高いサポートを行っています。エンターテインメント、工業、またはデザイン業界で使用されるThinkbox社製品には、レンダリングやファイル処理で使用される大容量データ管理ソフトウェアであるDeadline®や、アーティスト主導のソフトウェアツールがあり、VFX、アニメーション、デジタルシミュレーション用のデータセットの作成、ビジュアライズ、修正が可能です。

 

[ 株式会社インディゾーンについて ]

インディゾーンは、当初3次元グラフィックスワークステーションであるシリコングラフィックス(SGI)社のワークステーションユーザーの為の周辺機器と サービスを行う会社として1996年5月に設立されました。 現在のビジネスの主体は上記の周辺機器中心から徐々に、HP社ワークステーションおよびWindows、Apple社MacintoshベースのCGおよ びノンリニア編集システムや各種映像装置の販売・保守を中心に、インターネット上のオンラインショップ及びWebコンテンツの制作業務を行っています。近 年では3DCGソフトであるカナダのSide Effects社のHoudini日本国内総代理店やPixar Animation Studios社のRenderManの正規国内販売店及び英国The Foundry社の3DコンポジットツールNukeの日本代理店などのクリエイターに人気の高い製品や立体視メガネやディスプレイといったVR(バーチャ ルリアリティ)製品などの販売を通じて業界内で確固たる地位を確立しています。

 



投稿者 INDYZONE : 2013年12月19日 19:13

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://indyzone.jp/blog/mt-tb.cgi/2076