3DCGとノンリニア編集の専門店が送る最新情報とお得情報!インディゾーンブログ インディゾーン@オンライン

« Houdini 12.1の日本語ヘルプ(マニュアル)公開について | メイン | Krakatoa MX Tips をアップしました! [Thinkblogs 記事追加] »

2013年07月05日

RayFire Tool 1.62 がリリースされました!

rayfire_bl560_162.jpg

RayFire Tool 最新バージョン 1.62 がリリースされました。

RayFire Tool 1.59 リリース後にご購入頂いたユーザー様には無償で提供されます。
(ライセンスの再認証は必要ありません)

※RayFire Tool 1.62および Physx プラグインのダウンロードおよびインストール方法につきましては、ご購入の際にご登録を頂きましたメールアドレスにお送りしています。

まだ、弊社よりメールを受取っていない場合は、お手数ですがこちらまで、E-Mailにてご連絡をお願い致します。メールが届いていない場合は、迷惑メールとして処理されていないかもご確認下さい。

RayFire Tool 有償アップグレードについて
RayFire Tool 1.58 以前をご購入頂いたユーザー様は有償アップグレードになります。
※v1.58以前から1.59以降へ無償アップグレードされたお客様も有償となります。
>> RayFire Tool 1.62 へのアップグレードご購入はこちら
ご購入時期がご不明な方はこちらまでお問い合わせください。

 

RayFire Tool 1.62 新機能について:

1つ目は Voxel モディファイヤです。これはジオメトリをボクセル化し、それらをコントロールしたりアニメーション化したりするための幅広いプロパティを提供します。

動作は下記プロモーションビデオをご覧ください。

ボクセル化機能の詳細とチュートリアルについてはこちら(英語)をご参照ください。


2つ目は Clusters モディファイヤです。これはシンプルな破片の集まりを素早く簡単に結合し、より複雑にクラスタ化された破片を生成します。プロモーションビデオはこちら。

クラスタリング機能の詳細とチュートリアルについてはこちら(英語)をご参照ください。

 

RayFire Tool 1.62 Changelog:

ビルド 1.62.01

  1. RayFire Voxel モディファイヤ
  2. RayFire Clusters モディファイヤ
  3. いくつかの修正とスピードの改善。

ビルド 1.61.07

  1. Advanced プロパティのMaterial IDプロパティがデフォルトの0の値でない万一の場合に備えて、ProBoolean Wod Splinter fragmentation (破砕)のバグを修正。

 

>>RayFire Tool のご購入・詳細はこちら

 



投稿者 INDYZONE : 2013年07月05日 21:52

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://indyzone.jp/blog/mt-tb.cgi/1960