3DCGとノンリニア編集の専門店が送る最新情報とお得情報!インディゾーンブログ インディゾーン@オンライン

« Thinkbox Software社より、スタンドアロン版ボリュームパーティクルのレンダラー「Krakatoa SR」がリリースされました。 | メイン | The Foundry社、次世代レイヤーを搭載した Mari 2.0 をリリース! »

2013年03月15日

新しい CLOUD FX と OCEAN FX ツールを搭載した HOUDINI 12.5 リリース

新バージョンは完全統合された OpenVDB による疎構造ボリュームと Alembic プリミティブの内蔵サポートにより最適化したライティングとレンダリングパイプラインを搭載。

main_banner_25.jpg

トロント - 2013年3月14日 - Side Effects Softwareは、Houdini 12.5の即時リリースを発表しました。同社は3Dアニメーションと特殊効果ソフトウェアの業界リーダーの一つであり、このリリースには、Cloud FX, Ocean FX, Open VDB ボリュームスカルプトツール、そして Alembic プリミティブ遅延ロードの内蔵サポートで最適化されたライティングおよびレンダリングパイプラインなど、豊富な新機能と機能拡張を備えています。

新しい Cloud FX ツールは、雲の形成、塑造そしてレンダリングをアーティストに易しい形で提供します。このワークフローは、オープンソース・イニシアティブの一つである OpenVDB による疎構造ボリューム スカルプトツール群を活用しています。 これらのツールの統合は、ドリームワークス・アニメーションと Side Effects Software の直接のコラボレーションの結果です。

「OpenVDB 1.0 はもはや Houdini に完全に統合されています」と開発担当ディレクターの Cristin Barghiel は言います。

「Side Effects は、ドリームワークス・アニメーションから OpenVBD とともに提供された様々な低レベルのボリュームスカルプトツールを元にアーティストにとって使い易い高次元の Cloud FX ツールを完成させました。」

Houdini 12.5 はボリュームを用いて形状をアニメーションする海洋景観に変形させる Ocean FX Wave ツールを搭載しています。ビューポートに結果を視覚化し、そのままレンダリングすることもディスプレイスメントマップとしてアニメーションしたテクスチャとして出力することも可能です。

Ocean FX Wave Tank ツールはさらに先に行き、アニメーションした海洋表面から FLIP 流体シミュレーションを生成することが可能です。さらなる写実性のために、元になる FLIP 流体シミュレーションから、飛沫、泡、撹拌波を生成する統合されたWhitewater ソルバも利用できます。 Mist ツールはこれらの効果をさらに高めるために使うことができます。

Igor Zanic と Thomas Hullin は、Houdini 12.5 とこれら FLIP 流体ツールをベータテストした VFX アーティストの二人です。 「Houdini 12.5 は、市販されている中で最良の流体ソルバを搭載しています、速くて信頼性が高く、大規模液体から小さな粘性物まで対応できます」と Thomas 氏。 「Houdini のノードベースのプロシージャルワークフローの力で自分のシミュレーションを最適化をとことんまで図れます。リジッドボディと FLIP 流体の統合は非常に強力です」とIgor。

Houdini 12.5 のライティングおよびレンダリングパイプラインは、リライティングオプションと IPR (Interactive Photorealistic Rendering) の最適化によって著しく強化されました。

Alembic のようなファイル形式からのプリミティブをサポートしたことにより、ビューポートや Mantra レンダラーへのデータのやり取りを非常に軽減することができました。

これらの改良が、大規模データセットを扱う際のHoudiniの堅牢性を高め、VFX スタジオが Houdini の Mantra レンダラーを標準レンダラーをとして使うべく目を向けている主な理由の一つにしています。

Houdini 12.5 には、ボリュームライト、新ブレット RBD コンストレイン、大規模形状を最適化するための新 PolySoup プリミティブ形状、ポイントプリミティブ、強力なサーフェス再メッシュツールなど他にも多くの機能追加が含まれています。

 

>> Houdini 12.5の機能表はこちら

 

入手情報

Houdini 12.5 は sidefx.com (英語サイト)より直ちにダウンロード可能です。

Houdini - モデリング、アニメーション、キャラクタ・リギング およびレンダリング機能搭載 - は199,000円(税込)から、Houdini FX - Houdini に加え、パーティクル、Pyro FX (炎)、流体などの特殊効果機能を追加 - は448,000円(税込)からでご購入頂けます。

これらの価格には初年度保守が含まれ、業務制作向け技術サポート、デイリービルドおよびすべてのメジャーアップグレードを行うことが可能です。

>> Houdini ご購入はこちら

無償体験版である Apprentice も同様に本日からダウンロード可能で、また Houdini Apprentice HD は、年間価格$99で sidefx.com より購入可能です。

 

[Side Effects Softwareについて]

1987年に設立された Side Effects Software は、映画、CM、ビデオゲームなどのための高度な3Dアニメーションや特殊効果のソフトウェアである Houdini の開発により世界的に確固たる地位を築き上げています。

Side Effects Software は、映画芸術科学協会(米アカデミー協会)より科学技術部門で過去に三度受賞しています。 Houdini は、Blizzard Entertainment, Blue Sky Studios, Double Negative, DreamWorks Animation, Electronic Arts, Framestore, Guerrilla Games, Pixar Animation Studios, Sony Pictures Imageworks など、数多くの最先端デジタルコンテンツ制作現場で使用されています。

>> Sidefx.com(英語サイト)
>> Sidefx.jp(日本語サイト)

 

[ 株式会社インディゾーンについて ]

インディゾーンは、当初3次元グラフィックスワークステーションであるシリコングラフィックス(SGI)社のワークステーションユーザーの為の周辺機器とサービスを行う会社として1996年5月に設立されました。 現在のビジネスの主体は上記の周辺機器中心から徐々に、HP社ワークステーションおよびWindows、Apple社MacintoshベースのCGおよびノンリニア編集システムや各種映像装置の販売・保守を中心に、インターネット上のオンラインショップ及びWebコンテンツの制作業務を行っています。近年では3DCGソフトであるカナダのSide Effects社のHoudini日本国内総代理店やPixar Animation Studios社のRenderManの正規国内販売店及び英国The Foundry社の3DコンポジットツールNukeの日本代理店などのクリエイターに人気の高い製品や立体視メガネやディスプレイといったVR(バーチャ ルリアリティ)製品などの販売を通じて業界内で確固たる地位を確立しています。

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社インディゾーン 担当 田中
TEL:03-5733-8971 / FAX:03-5733-8972(平日 09:30-18:00)
東京都港区浜松町2-7-11 芝KSビル 3階

 

投稿者 INDYZONE : 2013年03月15日 10:39

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://indyzone.jp/blog/mt-tb.cgi/1838