3DCGとノンリニア編集の専門店が送る最新情報とお得情報!インディゾーンブログ インディゾーン@オンライン

« RayFire Tool 1.61 がリリースされました! | メイン | modo 601 初級トレーニング付きキャンペーン! »

2013年02月22日

Thinkbox Software社より、Krakatoa for Maya がリリースされました!

Krakatoa_maya_bl560.jpg

カリフォルニア州ロサンゼルス(2013年2月21日) - Thinkbox Software社は本日、Microsoft WindowsおよびLinuxオペレーティング システム上で動作するAutodesk Mayaに対応する、ボリュームパーティクルのレンダラーである Krakatoa MY のリリースを発表しました。

Krakatoaは、以前よりAutodesk 3ds Max版として制作現場で実績のある、Thinkbox Software社が提供するボリューメトリックパーティクルのレンダラーです。Krakatoaは、高度に最適化され、大幅にマルチスレッド化したCPUベースのレンダリングエンジンで、専用のハイエンド・グラフィック・アクセラレーションを搭載していない多くのWindowsまたはLinuxオペレーティング システムのハードウェア上(ノートパソコンやレンダーノードを含む)で問題なく使用することができます。

Krakatoa MYは、シームレスにKrakaotaレンダラーとAutodesk Mayaを接続し、数百万ものパーティクルを扱うときにアーティストのワークフローを促進するために設計された多くの機能を提供します。Krakatoa MYは、Krakatoa SR (Stand-alone Renderer)およびKrakatoa MX (3ds Max)と共通のレンダリングコアを使用し、同じ入力データおよび設定を使用した場合に、同一の出力結果を生成します。

Krakatoa MYの主要機能には以下のものが含まれます:

  • 様々なフィルタ モードやモーションブラー、および被写界深度カメラ効果を利用した、パーティクルデータのポイントまたはボクセル表示、およびOpenEXRファイルに出力するHDRIレンダーパス
  • パーティクルごとのColor、Emission、Absorption、Density、およびその他多数に対する制御とともに、Additive (加算)およびVolumetric (ボリューメトリック) シェーディングモデルの両方を同時にサポート
  • 様々なライト スキャッタリング アルゴリズムに対応。ジオメトリおよびDTEXマップの両方から得る高品質なセルフシャドウやオクルージョン。
  • 既にキャッシュされたパーティクルに対して、オフセット、リタイム、結合、および修正することが可能で、Krakatoaの.PRTファイル シーケンス、RealFlowのBINファイル シーケンス、そしてCSVシーケンスに対応する専用パーティクル ローダー オブジェクト。
  • Mayaビューポート内の、専用PRT VolumeおよびPRT Fractalオブジェクトは、ポリゴン メッシュのボリュームや数値計算用アルゴリズムからプロシージャルなパーティクルの生成を提供します。
  • 高密度なパーティクルクラウドに結合するために、同一シミュレーションの複数のバージョンをキャッシュするためのパーティクル パーティション ツール
  • レンダリング時に、低いカウント(low-count)のシミュレーションを高いカウント(high-count)のパーティクルクラウドに変換するための、Particle Repopulation (パーティクルの再増殖)

画像提供:Adam Guzowski氏/Evermotion。Waterfallパーティクルセット。

「長年の間、Krakatoaが、大小のスタジオにおいてご愛好のツールとなり得たのは、多様性とパフォーマンスです。Krakatoa MYのリリースとともに、私たちは、以前からご要望の多かったパーティクルエフェクト生成における効率的なパイプラインへのアクセスを、Mayaユーザーに提供できることが最大の喜びです。私たちは、お客様からのフィードバックを歓迎し、クライアントが必要とするものを実現するために要求されること以上を追求するのはとても幸せです。そのため、Krakatoa MYが、それを達成できることにエキサイトしています。」Thinkbox Software社の創業者 Chris Bondのコメント

Krakatoa MYをAutodesk Mayaの中でインタラクティブに使用するには専用のワークステーションライセンスが必要となりますが、ネットワーク レンダリングのライセンスは、他のKrakatoa製品(Krakatoa SRおよびKrakatoa MX)が使用するライセンスと互換性があります。ワークステーションライセンスとレンダーライセンスをバンドルした商品(プロフェッショナルバンドルおよびスタンダードバンドル)は、割引価格で提供しています。



>> Krakatoa MY の製品概要や機能紹介

>> Krakatoa MY およびその他Thinkbox製品のご購入はこちらnx.gif

 

 

投稿者 INDYZONE : 2013年02月22日 22:27

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://indyzone.jp/blog/mt-tb.cgi/1827