3DCGとノンリニア編集の専門店が送る最新情報とお得情報!インディゾーンブログ インディゾーン@オンライン

« EVERMOTIONより、アーチモデルズ Vol.123が発売されました。 | メイン | Thinkbox Software社より、Krakatoa for Maya がリリースされました! »

2013年02月14日

RayFire Tool 1.61 がリリースされました!

rayfire_bl560_161.jpg

3ds Max 2009 - 2013およびPhysXプラグイン2.71、2.86、2.87に対応した最新バージョンRayFire Tool 1.61がリリースされました。

RayFire Tool 1.58 リリース後にご購入頂いたユーザー様には無償で提供されます。
(ライセンスの再認証は必要ありません)

※RayFire Tool 1.61および Physx プラグインのダウンロードおよびインストール方法につきましては、ご購入の際にご登録を頂きましたメールアドレスにお送りしています。

まだ、弊社よりメールを受取っていない場合は、お手数ですがこちらまで、E-Mailにてご連絡をお願い致します。メールが届いていない場合は、迷惑メールとして処理されていないかもご確認下さい。

RayFire Tool 有償アップグレードについて
RayFire Tool 1.57 以前をご購入頂いたユーザー様は有償アップグレードになります。
※v1.57以前から1.58以降(~1.60)へ無償アップグレードされたお客様も有償となります。
>> RayFire Tool 1.6へのアップグレードご購入はこちら
ご購入時期がご不明な方はこちらまでお問い合わせください。

 

RayFire Tool 1.61 Changelog:

ビルド 1.61.02

  1. RF_Bomb のバグを修正。

ビルド 1.61.01

  1. RayFire Cache オブジェクトを追加。
  2. kinematic Ablembic オブジェクトをサポート。
  3. クラスタリングを強化および改善しました。

RayFire Cache について(RayFire 1.61 新機能)

3ds Max 2009 - 2013 対応 RayFire Cache プラグイン

RayFire Cache プラグインは、数千のオブジェクトおよびそのアニメーションを一つのファイルにキャッシュし、すべてのメッシュとアニメーションデータをシーンの外で管理することを可能にします。様々な再生プロパティを使用することで、キャッシュしたものとは全く異なる結果を得ることができます。

RayFire Cache プロモーション動画 - ジオメトリ&アニメーションのキャッシュ

RayFire Cache は、RayFire Tool に含まれます。

機能リスト

  • ジオメトリおよび変換(transformation)のキャッシュ
  • アニメーション可能な速度プロパティ
  • 再生グラフによる再生
  • 逆再生
  • Visibility track (可視トラック)に対するキャッシュ
  • アニメーションしたサブオブジェクト ギズモによる再生の有効化
  • Hold In / Out、Offset、Delete by Age アクションによるPer Element (要素あたり)の再生コントロール
  • 読み込みの種類:Stream、Per-Sample、Pre-Load
  • カスタム ビューポートおよびレンダリング プロパティ
  • 破裂。キャッシュしたアニメーションを、アニメーション化した破片にベイクし直します。
  • レンダーファーム用の無償Loader

 

>>RayFire Tool のご購入・詳細はこちら

投稿者 INDYZONE : 2013年02月14日 16:01

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://indyzone.jp/blog/mt-tb.cgi/1826