3DCGとノンリニア編集の専門店が送る最新情報とお得情報!インディゾーンブログ インディゾーン@オンライン

« LightWave 11 アップグレード サマーキャンペーン!20%OFF! | メイン | Nuke用プラグイン particleIllusion for Nuke 販売開始! »

2012年07月05日

Thinkbox Software社より、Deadline 5.2 がリリースされました!

Deadline_52_bl560.jpg

この最新のDeadlineのリリースでは、再起動されるまで、スレイブが新規のレンダリング・プロセスの起動を妨げていた不具合の修正を含む、 Linuxにおいてのスレイブの安定性を向上させました。多くのレンダリング・アプリケーションの新規バージョンもサポートしており、”Anime Studio”用の新しいプラグインも追加されました。結果として、いくつかの新機能が追加され、様々な不具合が修正されました。

最新の5.2ライセンスでは、このバージョンで起動する必要があり、Deadline 5.1で追加された最新のthinkboxライセンス・サーバーを、Deadline 5.2は使用します。

>> Deadline 5.2 リリースノートの詳細はこちらをご覧ください

Deadline_52_bl_rl.jpg



アップグレードについて

サブスクリプションの期日が有効な場合は、現在のライセンスからDeadline 5.2 に無償のアップグレードが保証されます。全サブスクリプションの加入者は、追加費用なしにこのアップグレードを受け取ることが可能です。

Deadline 5.2 のアップグレードにはライセンスの再発行が必要となりますので、下記情報のご連絡をお願い致します。

ライセンスサーバーに変更が無い場合
ライセンスサーバーに変更が無ければ、お持ちのライセンスファイルをこちらまで送付して下さい。

ライセンスサーバー情報に変更がある場合
ライセンスサーバー情報に変更がある場合は、下記ライセンスサーバー情報のご連絡をこちらまでご連絡頂けましたらメーカーへ申請させて頂きます。

※ライセンスサーバ情報(ご連絡頂く情報)
- Host Name :
- MAC Address :

サブスクリプション契約が期限が切れている場合はご使用頂けませんので、アップグレードする必要がございます。アップグレードをご希望のお客様はこちらまでご連絡ください。

Deadlineについて

DeadlineはWindowsレンダーファームを手軽に管理できるレンダリング管理ソフトウェアです。
Deadlineは全ての規模のレンダーファームに強い対応力と幅広い管理オプションを提供します。

>> Deadlineの詳細・ご購入はこちらnx.gif

投稿者 INDYZONE : 2012年07月05日 19:08

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://indyzone.jp/blog/mt-tb.cgi/1710