3DCGとノンリニア編集の専門店が送る最新情報とお得情報!インディゾーンブログ インディゾーン@オンライン

« Adobe Creative Suite 6 販売開始! | メイン | Dosch Deisign 素材集の新製品がリリースされました »

2012年05月18日

RayFire Tool 1.58 (PhysX プラグイン2.85対応版) がリリースされました

rayfire_bl560_158.jpg

3ds Max 2013 および PhysX プラグイン2.85に対応した最新バージョン、RayFire Tool 1.58がリリースされました。

RayFire Tool 1.5xをご使用の既存ユーザー様には無償で提供されます。
(ライセンスの再認証は必要ありません)

RayFire Tool 1.58 Changelog

  • 3ds Max 2013 をサポート
  • Nvidia PhysX プラグイン2.85 をサポート
  • プラグイン(ベータ)に含まれる Entropy Bullet をサポート
  • すべての破片のクラスタリング
  • Voronoi (ボロノイ)破片の面分割
  • Sleeping オブジェクトに対する、Revive by Velocity (速度による回復)が可能なDead Objects機能
  • Kinematic オブジェクトに対するBipedおよびCATのサポート
  • UIのExtend (展開)モード
  • 選択したオブジェクトに対するクラスタリングツール
  • 選択したオブジェクトに対するPoint Cache (ポイントキャッシュ)ツール
  • 選択したオブジェクトに対するRemove Inner Faces (内側の面を削除)ツール
  • Interactive Demolition (インタラクティブ破壊)のSolidity (固さ)を 0 にすることが可能

※RayFire Tool 1.58 および Physx 2.85 プラグインのインストール方法につきましては、ご購入の際にご登録を頂きましたメールアドレスにお送りしています。

まだ、弊社よりメールを受取っていない場合は、お手数ですがこちらまで、E-Mailにてご連絡をお願い致します。メールが届いていない場合は、迷惑メールとして処理されていないかもご確認下さい。

>>RayFire Tool のご購入・詳細はこちら

投稿者 INDYZONE : 2012年05月18日 17:13

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://indyzone.jp/blog/mt-tb.cgi/1672