3DCGとノンリニア編集の専門店が送る最新情報とお得情報!インディゾーンブログ インディゾーン@オンライン

« HDR Light Studio 3.0 製品ページ開設! & 日本語マニュアル完成! | メイン | EVERMOTIONより、アーチモデルズ Vol.111が発売されました。 »

2012年03月28日

Autodesk 最新バージョン 2013 製品を発表!

autodesk_2013_bl.jpg

オートデスク株式会社は、3DCG 制作ソフトウェアの最新バージョン 2013 を発表しました。今回発表された新製品は、Autodesk 3ds Max 2013、Autodesk Maya 2013、Autodesk Softimage 2013、Autodesk Mudbox 2013、Autodesk MotionBuilder 2013およびスイート製品の最新バージョンとなります。

下記各製品の出荷開始日は、2012年4月12日(木)となります。
製品のご購入についてはこちらまでお問い合わせ下さい。

スイートの拡張を通じて、より高性能なツールセットを提供

最新の Autodesk Entertainment Creation Suite では、新たに Ultimate エディションが追加され、これまで提供していた Standard、Premium も加えて 3 種類のエディションを提供します。各スイート製品には以下の製品が含まれます。

Autodesk Entertainment Creation Suite Standard 2013
(オートデスク エンターテインメント クリエーション スイート スタンダード 2013 )

  • アニメーション ソフトウェアの Autodesk 3ds Max 2013、または Autodesk Maya 2013のどちらか 1 製品
  • 3D スカルプティング・ペインティング ソフトウェアの Autodesk Mudbox 2013
  • リアルタイム バーチャル プロダクション・モーション キャプチャ エディティング ソフトウェアの Autodesk MotionBuilder 2013
  • コンセプト アート ソフトウェアの Autodesk SketchBook Designer 2013

Autodesk Entertainment Creation Suite Premium 2013
(オートデスク エンターテインメント クリエーション スイート プレミアム 2013 )
Premium エディションには、上記 Standard エディションの構成製品に加え、以下の製品が含まれます。

  • 3D アニメーションとビジュアルエフェクト ソフトウェアの Autodesk Softimage 2013 (オートデスク ソフトイマージ 2013 )

Autodesk Entertainment Creation Suite Ultimate 2013
(オートデスク エンターテインメント クリエーション スイート アルティメット 2013 )
Ultimate エディションには、上記 Premium エディションの構成製品に加え、選択制だった Autodesk 3ds Max 2013、Autodesk Maya 2013 の両方の製品が含まれます。

今回発表した全ての Autodesk Entertainment Creation Suite に含まれる Autodesk SketchBook Designer 2013 は、アーティストは直感的なペイントとベクターを組み合わせたハイブリッドツールセットを使用でき、キャラクタ、プロップ、環境の作成において、アイデアの模索・表現が可能になります。

オートデスクの最新ソフトウェアにより、クリエイティビティの強化、コラボレーションの促進、複雑なデータ管理が可能に

Autodesk Entertainment Creation Suite 2013 に含まれる各製品もアップデートし、新しいクリエイティブ ツールセット、よりインタラクティブなビューポート、クリエーターのコラボレーションを促進するワークフローの強化、複雑なデータの管理、パイプラインからの効率的なデータ互換などの特長を提供します。
今回発表された各製品の特長は以下の通りです。

Autodesk Maya 2013 (オートデスク マヤ 2013 )
ダイナミック シミュレーション、アニメーション、レンダリングを行う高性能な新ツールセットは、新次元のクリエイティビティと生産性の向上を実現し、クリエーターは作業時間を短縮できます。また、Maya 2013 で新たに追加された Open Data (オープンデータ)の取り組みにより、複数の制作業務の同時進行を促進し、複雑化する業務をより効率的に管理できます。

Autodesk 3ds Max 2013 (オートデスク スリーディーエスマックス 2013 )
最新版では、NVIDIA irayR レンダラーの ActiveShade (アクティブ シェード)や新しいレンダーパス システムをサポートし、AdobeR After EffectsR や Adobe PhotoshopR との相互運用性を強化しました。またモーショングラフィックス、3Dアニメーション、シミュレーション向けの新ツールを提供します。

Autodesk Softimage 2013 (オートデスク ソフトイマージ 2013 )
高品質の相互運用環境を提供するほか、新しい CrowdFX (クラウド エフエックス)、群集シミュレーション機能に加え、強化されたモデリング、アニメーション、物理演算、セレクションなど、高性能な新ツールを搭載しています。

Autodesk MotionBuilder 2013 (オートデスク モーションビルダー 2013 )
制作チームがより確実にデータを取得、統合、リファインするためのサポートや、バーチャル プロダクション向けの新しいノンリニア編集のパラダイムを提供します。また、ライブ モーション キャプチャ データを直接ディスクに書き込める機能、柔軟性の高い新しいヘッズアップ表示( HUD )、フローティング ビューア、WAVE ファイルのサポートなどの機能を搭載しています。

Autodesk Mudbox 2013 (オートデスク マッドボックス 2013 )
Gigatexel (ギガテクセル)エンジンにより、複雑な制作前のシーンをより簡単に作成することができ、また大量のオブジェクトを効率的に編集できます。また、新しい多目的カーブにより、エッジ シャープネス データのサポートや Adobe Photoshop との相互運用性の強化を実現しています。

ご購入に関するお問い合わせはこちらまでお問い合わせ下さい。

投稿者 INDYZONE : 2012年03月28日 14:30

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://indyzone.jp/blog/mt-tb.cgi/1647