3DCGとノンリニア編集の専門店が送る最新情報とお得情報!インディゾーンブログ インディゾーン@オンライン

« 【ムービー】XMESH 概要 - ジオメトリー・キャッシングシステムの基本を紹介 | メイン | 【期間延長!12月28日まで!】Connect to RealFlow 2012 プロモーション! »

2011年11月05日

Tree C Technology社より、VR4MAX R7 がリリースされました!

vr4max_r7_bl560_2.jpg

VR4MAX R7は、Autodesk 3ds Max 2012に対応し、Atmosphere SystemやLUAスクリプトエンジンのような素晴らしい新機能を含みます。さらに、ODEフィジックスエンジンが、最適なマルチスレッドパフォーマンスのためのさらなる進化を遂げました。

Atmosphere Systemを使用することで、雲や雨、風を含む素晴らしい空模様および極めて現実に近い気象条件によって、豊かなコンテンツの表現が可能です。「ローカル・ライティング」は、正確に算出された日照条件および地球上の任意の場所と時間における天体の位置を再現します。さらに、物理的にリアルな屋外ライティングの影響範囲が、選択された気象条件において追加されます。

LUAスクリプトエンジンは、論理的推論を含むカスタムアクションを実行するための柔軟な方法を提供し、簡単に定義した機能の再利用を可能にします。

Atmosphere system (大気環境システム)

カスタムタイプと降水量

現実的な雲の様々な形状から選択可能

>> VR4MAX R7 の新機能や改善点などは、こちらのリリースノートをご覧下さい。

>> VR4MAX 製品詳細・ご購入はこちら

投稿者 INDYZONE : 2011年11月05日 17:43

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://indyzone.jp/blog/mt-tb.cgi/1575