3DCGとノンリニア編集の専門店が送る最新情報とお得情報!インディゾーンブログ インディゾーン@オンライン

« Naiad 年末特別プロモーション!ライセンスご購入本数分、半年間ライセンスをご提供 | メイン | 【ムービー】XMESH 概要 - ジオメトリー・キャッシングシステムの基本を紹介 »

2011年11月04日

The Foundry社より、OCULA 3.0 がリリースされました!

 
Nuke and NukeX V 6.3

3年間の共同研究の末、
ついに
OCULAのメジャーアップグレードがリリース

OCULA 3.0は、我々にとって、これまでのアップグレードの中で最も意味のあるアップグレードになりました。より早いセットアップを可能にし、より多くのライブアクションのステレオ3Dに関する問題を解決しながら、これまで以上に高品質の結果を生み出すことができるようになりました。

OCULAは、ライブアクションやステレオ3D補正そして統合を行うコンポジターに対する最有力なツールセットです。アーティストに対して、OCULA 3.0は、NUKEおよびNUKEX 6.3におけるエレメントの統合や一般的なステレオ3Dに関する問題の修正に役立つ一連のノードを提供します。

また、OCULA 3.0は、「アバター」、「トロン:レガシー」、「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」、「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」などを含む革新的なライブアクションのステレオ3Dプロジェクトで磨かれた全く新しい視差エンジン、および次のような機能を提供するツールを含みます。

> 対カメラにおける焦点ずれの修正
> ステレオ・リタイミングの実行

> 日常的に使用されるステレオ3D合成作業の迅速化

実際に、ライブプロジェクトでOCULAが、どのように使われているのかご興味のある方は、「アバター」(英語サイト)および「トロン:レガシー」(英語サイト)のケーススタディをご参照ください。

下の動画にて新しい視差マッピング(disparity mapping)をご覧ください。

Disparity

例1

例2


Focus Matching



Stereo Retiming




OCULA 3.0 の詳細はこちら(英語サイト)

 
3D Particles
Planar Tracker
Denoise
 

>>OCULA、The Foundry 製品についてはこちら

投稿者 INDYZONE : 2011年11月04日 13:44

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://indyzone.jp/blog/mt-tb.cgi/1572