3DCGとノンリニア編集の専門店が送る最新情報とお得情報!インディゾーンブログ インディゾーン@オンライン

« modo 501 キャンペーン特価!30%OFF! | メイン | Naiad 年末特別プロモーション!ライセンスご購入本数分、半年間ライセンスをご提供 »

2011年10月28日

The Foundry社より、KATANA v1.0 がリリースされました!

 
Nuke and NukeX V 6.3

KATANA 1.0: CGパイプラインの革命へ

KATANAは、アセット・ワークフローに基づく柔軟な手法で、従来のCGパイプラインを置き換える、最先端で制作現場実証済みのルック開発およびライティングツールです。ノードベースで、複雑なCGデータをアーティストによるコントロールを保ちながら素早く処理します。

KATANAとは?

KATANAは、高度にスケーラブルなアセットベースのワークフローが必要とする下記の機能性を目的に設計されました。

  • CGデータの処理中でもアセットの更新
  • ショットやシーケンスの間で、エディットやオーバーライドなどのライティング設定の共有
  • 複数レンダラの使用やレンダーパス間の依存関係指定
  • 大量のCGデータ特有のアセット・バリアントを処理することなく、CGデータのライティング・レシピの一部となるアセットの変更

さらに詳しい内容につきましては、こちらの製品ページ(英語サイト)をご覧ください。

KATANAは、Sony Picture Imageworks社により、2004年から20本以上の作品で使用された実績を持ちます。但し、標準的なパッケージ製品ではないため、ユーザーによるワークフローとの統合が必要となります。

ご使用中のCGパイプラインとKATANAとの統合にご興味をお持ちでしたら、こちらまでご連絡ください。

ようこそKATANAへ - ILM

The Foundry社は、Industrial Light & Magic (Lucasfilm Company)が、KATANAのサイトライセンスをご購入され、既に制作において稼働させていることを大いに喜んでいます。

「私たちはKATANAで実用したかった特定の機能および性能を実現させるため、過去数年間、The Foundry社と共に仕事をしてきました。私たちはKATANAを制作に導入することにより、このパッケージが大いに期待できることを確信しました。今後も自身の制作パイプラインにKATANAのような技術を導入しながらThe Foundry社との関係を継続していきたいと思います」
John Knoll, Industrial Light & Magic
ビジュアルエフェクツ スーバーバイザー

KATANAの詳細はこちら(英語サイト)をご覧下さい。

 
3D Particles
Planar Tracker
Denoise
 

>>Foundry 製品についてはこちら

投稿者 INDYZONE : 2011年10月28日 22:14

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://indyzone.jp/blog/mt-tb.cgi/1570