3DCGとノンリニア編集の専門店が送る最新情報とお得情報!インディゾーンブログ インディゾーン@オンライン

« Phoenix FD 1.1 がリリースされました! | メイン | EVERMOTIONより、アーチモデルズ Vol.85が発売されました。 »

2010年09月16日

RayFire Tool 1.51 がリリースされました!

rayfire_bl480.jpg

この度のリリースでは2つの重要な新機能、"Rebars support" および "Radial Fragmentation type" が追加されました。詳細につきましては下記をご覧ください。

RayFire Tool 既存ユーザー様は無償でアップグレード頂けます。
※アップグレードにつきましては、弊社よりご購入頂いたユーザー様へメールにてご案内しております。
メールが届いていない場合、迷惑メールとして処理されていないかご確認下さい。

 

Rebar Tool:
Rebar「鉄筋」という意味で、Rebar Tool とは、何らかのジオメトリを破壊する際に、実際の建造物の建築方法に近いように、Rebar「鉄筋」を埋め込むことで, 衝撃をジオメトリに加えたとき、そのRebarが 埋め込まれてる箇所のジオメトリには、ひび割れ・破壊などが起こりにくくなり、破壊された様相にも違いを生じさせるエフェクトのことです。

 

Radial Fragmentation:
Radial Fragmentationとは、何らかのジオメトリに衝撃を与えて破壊する以前の段階で、前もってヒビをいれておくエフェクトのことです。そのヒビの入り方に関しては、RayFire Tool内のパラメーターに よって細かく設定ができます。それとは別に、実際にリジット・ボディ・シミュレーションを用いて、ヒビ・破壊などの計算も行えます。

 

評価版ダウンロード

ご注意:
RayFire Tool 1.51 は最新の3ds Max用Nvidia PhysX プラグイン2.0に対応しますが、Nvidia PhysXプラグイン2.0を提供しておりません。 PhysX対応を利用するには、Nvidia Developer Zoneから入手して手動でインストールする必要があります。Nvidia社が同社のプラグインの配布を禁止しているため、ご提供できません。

下記にPhysX Plug-in 3dsMax 2.0 インストーラのダウンロード方法をご案内いたします。
NVIDIA_PhysX Plug-in 3dsMax 2.0をインストールした後、RayFire Tool 1.51をインストールしてください。

1) PhysX Developer Support ウェブサイトへアクセスします。
PhysX プラグイン2.0 ダウンロードサイトはこちら

※PhysX プラグイン2.0をダウンロードする場合は、アカウントを作成していただく必要がございます。
画面右の【My Support】のタブを選択いただき、アカウントをおもちでしたら【Sign in】をお願いします。
アカウントをお持ちでない場合は、【Request New Account】からアカウントの作成をお願いします。

2) ログイン後、ページの真ん中のタブを Online Support > Downloads の順でクリックします。

3) ページ左側にメニューが表示されますので Downloads > Plug-ins > Max 2.01の順でクリックします。

4) ページ右で開いたダウンロードリンクをクリックしてプラグインをダウンロードします。

 

>>RayFire Tool のご購入・詳細はこちらnx.gif

投稿者 INDYZONE : 2010年09月16日 11:34

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://indyzone.jp/blog/mt-tb.cgi/1298