3DCGとノンリニア編集の専門店が送る最新情報とお得情報!インディゾーンブログ インディゾーン@オンライン

« EVERMOTIONより、アーチモデルズ Vol.75が発売されました。 | メイン | Pdplayer 1.0.4.17 がダウンロード可能になりました。 »

2010年03月23日

RayFire Tool 1.5 リリース!32bitと64bit 3ds Max用のPhysXプラグイン2.0に対応!

RayFire Toolとは、射撃、破壊、粉砕、崩壊、破砕、破裂、起爆、爆発等の効果を実現する3ds Maxプラグインです。

Rayfire Tool 1.5 追加機能

RayfireのユーザーインターフェースによってNVidia PhysX リジッドボディ(剛体物理計算)に対応します。
最新版 RayFire Tool 1.5 では32bitと64bit 3ds Max用のPhysXプラグイン2.0に対応しました。
既存ユーザー様は無償でアップグレード頂けます。


RayFire Tool プロモーションビデオが公開されました!ぜひご覧下さい。



RayFire Tool 1.5 Changelog

Build 1.5.0 リリース

  1. 最新版PhysXプラグインv.2.0の32bitと64 bitに対応しました。
    ご注意:PhysXプラグイン v.2.0 をRayFire Tool 1.5 で使用するには、別途インストールする必要があります。 (ダウンロード方法は当ページ下部をご覧下さい)
  2. ホームグリッドを、無限のUnyielding (非弾力)平面として使用する機能が追加されました。 ※画像1、2
    この機能を有効にするチェックボックス"Home grid as ground(ホームグリッドを設置面として使用)"はUnyielding Objectsロールアウトにあります。

    画像1 ※画像をクリックすると拡大します   画像2 ※画像をクリックすると拡大します
    v1.46 ホームグリッドから破片がすり抜けます   v1.5 ホームグリッドが無限のUnyielding(非弾力)平面となり、
    破片が平面上に残ります

  3. Mass(質量)プロパティをImpactとInactiveロールアウトから削除しました。※画像3
  4. v.1.5からDensity(密度)プロパティをImpact、Inactive、Unyieldingロールアウトに追加しました。※画像4

    画像3 ※画像をクリックすると拡大します   画像4 ※画像をクリックすると拡大します
    v1.46 Mass (質量)を設定します   v1.5 Density(密度)を設定します

  5. v.1.5からDensity(密度)プロパティをCustom Properties画面に追加しました。※画像5

    画像5

  6. PhysXプラグインv.2.0の制約により、"複数オブジェクトのグループを1個の凹面形のオブジェクトとしてシミュレーションする"("Simulate group of objects as one concave object")機能を削除しました。今後戻す予定です。
  7. PhysXプラグインv.2.0の制約により、"グループを破壊する"("Demolish groups")機能を削除しました。今後戻す予定です。 * これはインタラクティブ破壊(Interactive Demolition)機能を使用する時、グループの破壊を可能にする機能です。
  8. "Glue demolished objects"(破壊したオブジェクトの破片を接着する) 機能と "Glue linked objects"(リンクしたオブジェクトの破片を接着する)機能を削除。今後戻す予定です。 ※画像6、7

    画像6 ※画像をクリックすると拡大します   画像7 ※画像をクリックすると拡大します
    v1.46(左画像)の赤枠内の機能が v1.5(右画像) にて削除されました。今後戻す予定です。

    Glue機能を適用していない場合(下左画像)、ドーナツ状のオブジェクトは円柱に衝突した途端に破片がバラバラになります。Glue機能を適用した場合(下右画像)、円柱に衝突しても破片がバラバラにならず、元の形状をある程度保ったまま落下します。 ※画像8、9

    画像8 ※画像をクリックすると拡大します   画像9 ※画像をクリックすると拡大します
    Glue機能を適用していない場合
    円柱に衝突した途端にバラバラになります
      Glue機能を適用した場合
    円柱に衝突しても破片がバラバラにならず元の形状を
    ある程度保ったまま落下します

  9. 新たに"Remove PhysX modifier"(PhysXモディファイヤーを削除する)ツールをToolメニューに追加しました。

Mass(質量)プロパティからDensity(密度)プロパティへの変更について:
RayFire Tool 1.46では、Mass(質量)のプロパティを設定することによってオブジェクト(破片も含む)の重さを設定していましたが、RayFire Tool 1.5から、Density (密度)プロパティに変更され、Density (密度)を設定することによりオブジェクトの重さを決定します。



[ 1.46 + PhysX v.1 ] および [ 1.5 + PhysX v.2 ] 機能比較表

機能リスト
RayFire Tools 1.46
+ PhysXプラグインv.1
RayFire Tools 1.5
+ PhysXプラグインv.2
ホームグリッドを、無限のUnyielding (非弾力)平面として使用する機能
×
複数オブジェクトのグループを1個の凹面形のオブジェクトとしてシミュレーションする機能
×(今後戻す予定)
グループを破壊する機能(Demolish group)
×(今後戻す予定)
破壊したオブジェクトの破片を接着する機能(Glue demolished)
×(今後戻す予定)
リンクしたオブジェクトの破片を接着する機能(Glue linked)
×(今後戻す予定)
PhysXモディファイヤーを削除する機能(Remove PhysX modifier)
×

3ds Max 対応バージョン:
RayFire Tools 1.46 + PhysXプラグインv.1
 → 3ds Max 9(32bit/64bit) , 2008(32bit/64bit) , 2009(32bit/64bit) , 2010(32bit/64bit)
 ※64bit版はPhysXエンジンに未対応です。

RayFire Tools 1.5 + PhysXプラグインv.2
→ 3ds Max 2008(32bit/64bit) , 2009(32bit/64bit) , 2010(32bit/64bit)
※32bitと64bit 3ds Max用のPhysXプラグイン2.0に対応




評価版ダウンロード

ご注意:
RayFire Tool 1.5 は最新の3ds Max用Nvidia PhysX プラグイン2.0に対応しますが、Nvidia PhysXプラグイン2.0を提供しておりません。PhysXプラグイン v.2.0 をRayFire Tool 1.5 で使用するには、Nvidia Developer Zoneからダウンロードしてインストールする必要があります。Nvidia社が同社のプラグインの配布を禁止しているため、ご提供できません。

下記にPhysX Plug-in 3dsMax 2.0 インストーラのダウンロード方法をご案内いたします。
NVIDIA_PhysX Plug-in 3dsMax 2.0をインストールした後、RayFire Tool 1.5をインストールしてください。

NVIDIA_PhysX Plug-in 3dsMax 2.0のダウンロード方法は以下の通りです。
--------------------------------------------------------------------
1) PhysX Developer Support ウェブサイトへアクセスします。
PhysX Developer Support ウェブサイトはこちら

2) ページの真ん中のタブを Online Support > Downloads の順でクリックします。

3) ページ左側にメニューが表示されますので Downloads > Plug-ins の順でクリックします。

4) ページ右で開いたダウンロードリンクをクリックしてプラグインをダウンロードします。
 ・NVIDIA_PhysX_Plug-in_3dsMax_x64_2.01.1222.0945 (3ds Max 64-bit)
 ・NVIDIA_PhysX_Plug-in_3dsMax_x86_2.01.1222.0945 (3ds Max 32-bit)
 (*) 3ds Max 2010で動作確認済み
--------------------------------------------------------------------

最新版PhysX プラグインはMax 2008、Max 2009、Max 2010のみ対応します。
旧バージョンRayFire Tool 1.46はインストーラにPhysXエンジンの全ファイルを格納していますが、旧バージョンのNvidia PhysXプラグインに対応しており、64-bitの3ds Maxには対応しておりません。

>>Rayfire Tool 1.5 ご購入ページはこちら

お問い合わせ先 info@indyzone.co.jp

投稿者 INDYZONE : 2010年03月23日 16:14

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://indyzone.jp/blog/mt-tb.cgi/1124