3DCGとノンリニア編集の専門店が送る最新情報とお得情報!インディゾーンブログ インディゾーン@オンライン

2016年08月25日

The Foundry社より、Nuke 10.0v4 がリリースされました。

foundry_headern_600.jpgnukeheader_600.jpg
Nuke 10.0v4がリリースされました。

Nuke 10.0v4 がリリースされ、即日ダウンロードが可能になったこと発表します。今回のバージョンには、NUKE, NUKEX, NUKE STUDIO, HIRO & HIEROPLAYER の修正や改善が施されています。

NUKEのパフォーマンスと信頼性を向上していくため、今回のリリースより、NUKEファミリー製品(Nuke、NukeX、Nuke Studio、Hiero、HieroPlayer)をご使用されているマシンから使用統計を収集することを許可するかどうかをユーザー様に尋ねます。ご使用情報を提供していただくことで、The Foundry社のサポートチームがより迅速に問題を解決する手助けとなります。

アプリケーション起動時に、使用統計の収集を許可するかどうかを尋ねるダイアログが表示されます。データ収集の有効/無効はPreferencesメニュー(Behaviors -> Startup)からいつでも変更できます。

改善についてのすべての詳細につきましては、リリースノート(英語PDF)をご覧ください。

Nuke 10.0v4 は、メンテナンス期間が有効なお客様に対して無償で提供され、ダウンロードが可能です。

いますぐNUKE 10 をダウンロード

メンテナンス更新をご希望のお客様は、こちらまでご連絡ください。

Nuke,NukeX,Nuke Studioの15日間評価版(機能制限無し)はこちら
※ダウンロードにはアカウントを作成する必要があります。

Nuke について

Nukeは強力なコンポジットソフトです。3D合成環境を実現する3Dエンジンの搭載、2Dと3Dコンポジットの柔軟な切り替え、高解像度画像の対応など、最高級の機能群でVFX映像制作に大きく貢献します。

投稿者 INDYZONE : 21:30 | トラックバック (0)

「インディゾーン The Foundry サポートブログ」 を開設しました!

thefoundryblog_bl560.png

当ブログページでは、The Foundry社製品に関連する最新ニュースや機能情報を紹介致します。

ユーザー様にとってより製品が使いやすくなるよう、主にNUKE、NUKE STUDIO、MARIを中心とした様々な機能紹介やヒントを日本語で投稿してまいります。その他、ライセンスに関するトラブルシューティングなども載せていく予定です。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

>> The Foundry サポートブログはこちら

投稿者 INDYZONE : 11:00 | トラックバック (0)

【開始!】 2日間限定のMari 40%off プロモーション!

foundry_headern_600.jpgmari40off_2016_st_bl600.jpg
アカデミー科学技術賞受賞3Dペインティングソフト
Mari 新規ライセンスが40%以上OFF!

The Foundry社では、2016年8月25日(木)から26日(金)の2日間限定でMARI プロモーションを実施中です。このプロモーションでは、通常価格から驚きの40%以上のお値引きでMARIをご提供致します。

通常価格: 243,800円(税別)  ⇒  128,000円(税別)
  263,304円(税込)   138,240円(税込)

プロモーション期間

2016年8月25日(木)開始 - 8月26日(金)まで 実施中!

プロモーション対象製品

・Mari 初年度メンテナンス付き (ノードロックライセンス または フローティングライセンス)

Mari ご購入特典

 The Foundry メモ帳
foundry_book.png

Mari に関するQ & A ページ ご提供
・先着20名様に、The Foundry メモ帳 を進呈
・Mari 入門クラス を無料で受講 
もしくは 弊社にてご使用頂ける5,000円分のクーポン券プレゼント
※Mari 入門クラスの次回以降の開催日時については順次アップ致します。
内容については次回開催のMari 入門クラスをご覧下さい。

新規ご購入の方:

The Foundry社、Nuke,Hiero,MariまたはCollectiveいずれの製品もご所有されていないお客様は、下記リンクよりご注文頂けますようお願いします。

Nuke,Hiero,MariまたはCollectiveご所有の方:

The Foundry社、Nuke,Hiero,MariまたはCollectiveいずれかの製品をご所有の場合は、メンテナンス期間を調整する必要がございますので、あらためて弊社よりお見積もりをご案内致します。詳細は下記リンクよりご覧ください。

※プロモーション内容は予告なく変更になる場合があります。
※メーカーへの発注および納品はプロモーション開始以降となります。

Mari について

MARIは、大規模なプロジェクトに対応できる創造的なテクスチャペインティングツールです。MARIには、多くの2Dペイント系ソフトウエアでは到達しえない創造的なツールセットを搭載しており、アーティストがペイント作業に専念することが可能です。MARIのインターフェースは 非常に反応が良く、軽快にペイント作業が進められます。3Dモデルに直接ペイントし、その結果をその場ですぐに確認することができます。また、制作時間を短縮し、今まで不可能とされていたテクスチャ制作を可能にします。
>> Mari 製品詳細はこちら

投稿者 INDYZONE : 10:29 | トラックバック (0)

2016年08月22日

[イベントレポート] NUKE Composite Sessions in TOKYO 2016

2016年8月6日、東京工芸大学 中野キャンパスにて、Nukeのコンポジターを対象とした 『NUKE Composite Sessions in Tokyo 2016』 が開催されました。

ncst16_01.png

今回のイベントは、『CARA VR』の紹介、『NUKE』を使用した短時間でのキーイングおよびインテグレーションの実演、映画 『 KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV 』でのメイキングストーリー、そして様々な現場でご活躍されている方々による座談会等、充実した内容でした。

はじめに、The Foundry社のクリエイティブスペシャリスト 藤田 雅子 様より、先日リリースされたThe Foundry社製品の360°VRコンテンツ用ツールキット『CARA VR』の機能紹介デモが行われました。

CARA VR プラグインによって、GoPro等で撮影された画像またはシーケンスに対して、解析・展開、色調補正、つなぎ目部分の補正を自動で行える機能をご紹介されました。

さらに、使い慣れたNUKEのRotoノードやRotoPaintノード、3Dコンポジット等と組み合わせることで、一部分を個別に修正することが可能であるとのご説明でした。

ncst16_02.png

株式会社ギャラクシーオブテラー テラオカ マサヒロ 様によるスピードキーイングでは、キーイング素材と背景用の素材のみがある状態から、キーイングと合成を30分程で実際にNUKEを使用しての実演でした。

キーイング素材から、中心部分とディテール部分それぞれに合わせてIBKを使用してキーイングを行い、Keylightを使用したディスピルを行った素材と合成します。

その後、背景の色を変更、背景に合わせた色調補正や、Lightwarpノードの考え方を利用して髪の光が透けている部分のみのマスクを作成して調整するなどし、なじみの調整を行っていきます。

必要な素材を合成し、最後にRoto等で範囲を指定した部分のアニメーションを行い、完成です。

ncst16_03.png

吉川 辰平 様によるスピードインテグレーションでは、同じく30分程で、合成用の素材を素材のガイドの色と合わせるということを、通常作業される際に気をつけている点に触れつつ、実演していただきました。

ncst16_04.png

実写の元素材から、単純にCG画像を合成した場合、明らかに色が異なる部分より車全体のインテグレーションを開始します。

AOVのリビルド、色収差、グレイン処理等をまとめたベースコンポを元に作業を行います。LightElementのスペキュラ、およびリフレクションに車体色が入っているため、個別に色を調整します。

コンプを行う前に、プレートのマイナス値を入れ込み、最終合成後にマイナス値をリバースする処理をした後、AOVのRGB Maskを使用して、パーツ毎にGradeノードでBlackpoint、WhitePoint、lift、Gainによる色合わせを行います。

反射部分のみを合わせる場合は、LogKeyerとRGB Maskを、面毎に調整を行う場合は、AOVのNormalをRelight Toolsetを用い、ChannelMergeノードを利用してマスクを作成します。

色収差等を調整し、マイナス値をリバースして完成です。

テラオカ様、吉川様ともに、よく使用されているGizmoやツールセット等を活用されていたため、実際の作業内容を見ることのできる貴重なセッションとなりました。

株式会社スクウェア・エニックス 第2ビジネス・ディビジョン 綿森 勇 様からは、映画 『 KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV 』のメイキングストーリーをご紹介頂きました。

膨大な作業量のあるプロジェクトを、多くの協力会社の方とロスのない工程で進行するために、全く同じ内容を行えるようにツールセットを開発していたとのことで、いくつかの開発例や仕組みをお話いただきました。

ncst16_05.png

物理的に現象をとらえること、現実世界と異なる結果にしないことを重視し、合成の認識、手法を決定していたとのことです。

また、物理的(フィジカルベース)のコンポジットを行うために、Rawデータを保持したコンポジット、カメラの設定によって起きる光の減衰の式をもとに、エフェクトを自動決定するツールなどを使用されていました。

上記のルールを守りながらも、映像としてよりよく見せるために独自のカラーガマットを用いる、ショットごとに演出として設定するためのLUT等が用意されました。

そのほか、CGでは現状対応が難しいものをコンポジットで行った例として、一部のキャラクタの質感表現をPositionとNormal、ShuffleCopyを利用した例、フォグを追加するために開発されたツールの例をご紹介いただきました。

NUKEで開発・使用されたツールセットの仕組みや、コンポジットの考え方がとても理解しやすい解説でした。

NUKEを使用して制作された 『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』 は、全国劇場にて絶賛上映中となっておりますので、ご興味のある方は、映画館のスクリーンにて是非ご覧ください。

最後に、「今、コンプに求められるものとは? Happy Comp , Happy Life」という題で、90分の座談会が行われました。

ncst16_06.png

座談会の登壇者は、株式会社デジタル・フロンティア 土井 淳 様、NHK放送技術局 松永 孝治 様、マーザ・アニメーションプラネット株式会社 脇坂 拓 様、株式会社スクウェア・エニックス 綿森 勇 様、

モデレータとして株式会社ギャラクシーオブテラー テラオカ マサヒロ 様、吉川 辰平 様でした。

ncst16_07.png

ncst16_08.png

NUKEコンポジターからの視点やVFXスーパーバイザー、CGディレクター、プロダクションエンジニアとそれぞれの立場の違いのよる貴重な意見をお聞きすることができました。

ご来場の皆様及び御登壇者様には、ご多用にもかかわらず、猛暑の中ご来場頂き誠に有難うございました。インディゾーンでは、これからもコンポジターの皆様の制作に役立つセミナーを企画して参りますので是非ご参加ください!

Happy Compositing !

投稿者 INDYZONE : 09:50 | トラックバック (0)

2016年08月19日

EVERMOTIONより、アーチモデルズ Vol.172 が発売されました。

am172_bl450.jpg

アーチモデルズVol.172

Archmodels vol. 172には、テクスチャー、シェーダー、マテリアルが設定された 、様々なビルのモデルデータを95種類収録しています。これらのモデルデータをシーンに配置して、すぐに使用することができます。
※シーンデータは含まれていません。

対応フォーマット:*.obj、*.fbx、C4d advanced renderer、Mental Ray *.max、Vray *.max、V-Ray *.c4d

※このコレクションは3ds Max 2011以上もしくはCinema 4D R17以上が必須となります。

>>アーチモデルズ Vol.172のご購入・詳細はこちらnx.gif

>>その他のEVERMOTION製品のご購入・詳細はこちらnx.gif

投稿者 INDYZONE : 20:41 | トラックバック (0)

RayFire Tool 1.68 がリリースされました!

rayfire_bl560_168.jpg

最新のRayFire 1.68が、アップデートされたCacheプラグインと共にリリースされました。

RayFire Tool 1.66 リリース後にご購入頂いたユーザー様には無償で提供されます。
(ライセンスの再認証は必要ありません)

また、RayFire Tool 1.68にはRayFire Cache for Mayaプラグインが付属します。Maya 2013から2016で利用可能なプラグインとなっており、Maya上でRayfire Cacheファイルの読み込み、記録、再生を行うことができます。

※RayFire Tool 1.68 のダウンロードおよびインストール方法につきましては、ご購入の際にご登録を頂きましたメールアドレスにお送りしています。

まだ、弊社よりメールを受取っていない場合は、お手数ですがこちらまで、E-Mailにてご連絡をお願い致します。メールが届いていない場合は、迷惑メールとして処理されていないかもご確認下さい。

RayFire Tool 有償アップグレードについて
RayFire Tool 1.65 以前をご購入頂いたユーザー様は有償アップグレードになります。
※v1.65以前から1.66以降へ無償アップグレードされたお客様も有償となります。
>> RayFire Tool 1.68 へのアップグレードご購入はこちら
ご購入時期がご不明な方はこちらまでお問い合わせください。

 

RayFire Tool 1.68.01 の変更点

  • RayFire Cache. 変形アニメーションとトポロジの変更に対応
  • RayFire Cache. 調整可能なフレームレート(FPS)
  • RayFire Cache. スケールを異なるシステム単位に調整できます。
  • Exclude from Sim by Size. 非常に小さなオブジェクトを待機後にシミュレーションから除外することを可能にします。

※RayFire Tool 1.68 の3ds Max対応バージョン:2013 ~ 2017

RayFire Cache | Maya について [Rayfire Tool 1.68 に付属]

RayFire Cache for Mayaは、トランスフォームのアニメーションを記録したり再生することができます。全てのジオメトリ及びアニメーション情報を外部の単一ファイルに保存するため、シーンをクリーンで使いやすい状態にし、更にシーンサイズを小さく保つことが可能です。統一されたファイル形式によって、3ds Maxで記録したアニメーションをMayaで再生することを可能にしており、逆もまた同様です。RayFire Cache for MayaプラグインはWindowsプラットフォームのMaya 2013、2014、2015、2016に対応します。

※RayFire Cache 1.0 のMaya対応バージョン:2013 ~ 2016

 

>>RayFire Tool のご購入・詳細はこちら

投稿者 INDYZONE : 16:50 | トラックバック (0)

Sitni Sati社、FumeFX 4.0.5 for 3ds Max をリリース!

fumefx405_page_bl560.jpg

Sitni Sati社より、FumeFX 4.0.5 for 3ds Max がリリースされました!

FumeFX 4.0.5 for 3ds Max 新機能 および 変更

  • MAXScriptに GetBBox(dim0, dim1) を追加
  • MAXScriptに GetFireInfo(min,max,avg), GetSmokeInfo, GetTempInfo, GetVelInfo を追加
  • MAXScriptの Load/SavePresets で、デフォルト以外の任意のフォルダからもプリセットをロード/保存できるようになりました。
  • FumeFXソースのアイコン表示にユーザー定義のワイヤフレームカラーを使用できるようになりました。
  • ThinkingParticles 6.x (およびThinkingParticles for 3ds Max 2017)に対応。
  • NSim Retimingが正しく動作しない不具合を修正。
  • 40スレッド以上を使用するシミュレーションがストール状態に陥る不具合を修正。
  • NSim .f3d/.vdbで現在のフレームからの継続が正しく動作しない不具合を修正。
  • 大規模なサイズのグリッドとBurn Rate Variationが0よりも大きい場合にFumeFXがクラッシュする不具合を修正。
  • 3ds Max Scritpロールアウトの[Use]チェックボックスと[Edit]ボタンが常に無効になっていた不具合を修正。

アップデートについて

インストーラは、ご購入時にご案内しているインストーラダウンロードページよりダウンロード頂けます。ご不明な場合は、お手数ですがこちらまで、E-Mailにてご連絡をお願い致します。

 

>> FumeFX およびその他製品のご購入はこちらnx.gif

投稿者 INDYZONE : 11:50 | トラックバック (0)

2016年08月18日

Autodesk製品、サブスクリプション移行キャンペーン! 2016年10月21日(金)まで

autodeskpromo_2016_bl560.jpg

永久ライセンス保有のお客様、今ならサブスクリプション(期間ライセンス・3年間)が50%OFF!!

本キャンペーンは、保守プランに加入していないバージョン2016以前の永久ライセンス(R14?2017)をご所有されている場合、3年間サブスクリプションライセンスを通常価格から50%割引の優待価格でご購入いただけます。

現在ご利用中の永久ライセンスの所有権を失うことなく、最小限の初期費用で3年間分のオートデスクライセンスをご導入いただけるチャンスです。この機会に是非ご検討ください。

 

25off.png


3ds Max シングルユーザー サブスクリプション 3年間
Maya シングルユーザー サブスクリプション 3年間

通常価格: 605,000円(税別)  ⇒  302,500円(税別)

 

詳細・お見積もり依頼はこちら

Autodesk サブスクリプションについて

Autodesk サブスクリプションは、3ヵ月 もしくは 12ヵ月 の期間付きライセンス契約です。レンタルプランのように運用可能で、短期スタッフ雇用やプロジェクトごとにソフトウェアを導入できるため、柔軟な予算管理が可能です。契約期間中は、永久ライセンス製品と同じフルバージョンのソフトウェアをご使用いただけます。

 

 

投稿者 INDYZONE : 18:26 | トラックバック (0)

『ゼロ・グラビティ』メイキングストーリーを追加 [The Foundry Japan 公式 YouTube チャンネル]

The Foundry Japan 公式 YouTube チャンネルに、アカデミー賞視覚効果賞を受賞した映画 『ゼロ・グラビティ』 のメイキングストーリー(日本語字幕付き)が新たに公開されました。是非ご覧下さい!

f160818_01.jpg

【『ゼロ・グラビティ』メイキングストーリー】

アカデミー賞視覚効果賞を受賞したティム・ウェバー監督とFramestoreのビジュアルエフェクトチームによる、見事な受賞作品『ゼロ・グラビティ』の制作舞台裏。CG満載の映像制作にまつわる困難や、撮影技術と編集作業の独特な融合について語られています。NUKEがこの作品でどのように利用され、極めてリアルな映像を作り出す上で不可欠な役割を担ったか、是非ご覧ください。

その他の動画はこちら(一覧)からもご覧頂けます。

 

>> The Foundry社製品についてはこちら

投稿者 INDYZONE : 12:44 | トラックバック (0)

[空席が出ました!] NUKE STUDIO 入門クラス 【8月23日(火) 開催!】

nuke_freeex_bl560.jpg

※8月23日(火)開催分、空席が出ました!

The Foundry社、NUKE STUDIOは、個人のアーティストの方、そして共同チーム制作スタッフの方にとって、様々な形態のプロジェクトを成功するために必要なすべての機能を提供します。

Nukeファミリーをご導入もしくはご検討中の方、またご興味を持たれている方には最適な講座となっております。 1人1台のマシンをご用意しておりますので、実際にマシンを操作しながら習得頂けます。

このクラスは、購入を目的としたプロフェッショナル向けのトレーニングになります。学生様のご参加は、ご遠慮下さい。

Nuke Studio 操作画面

開催日時:

2016年8月23日(火)  15:00 ~ 18:00 (3時間)

内容:

シーケンスの追加、コンフォーム

  • 素材の読み込み
  • EDLからの読み込み

オフラインのメディア設定

比較表示、調整方法

Soft Effects

  • タイミング調整(TimeWarp)
  • 色調補正(Grade,ColorCorrect)

Export設定とプロジェクト管理について

  • ファイル名について
  • 設定方法
  • プロジェクト管理

Create Comp

  • Compファイルの生成
  • EditingとCompositingの切り替え
  • 作業と書き出し

バージョニング

Export設定を利用したシーケンスの追加読み込み

最終出力

※当トレーニングは1人1台のマシンをご用意したハンズオン形式で行います。
※内容に関しましては、予告なく変更する場合がありますので、予めご了承ください。

開催会場:
株式会社インディゾーン
〒105-0013 東京都港区浜松町2-7-11 芝KSビル 3F
Tel.03-5733-8971

受講料: 32,400円(税込)  初回に限り無料

定員:
6名

button.gif

 

投稿者 INDYZONE : 12:23 | トラックバック (0)

2016年08月17日

Houdini 日本語情報ブログに、記事を5つ追加しました。

h15b_160817.jpg

Houdini日本語情報ブログに、以下5つの項目を公開しましたので是非ご覧ください!

h15b_160817_01.jpg

パラメーターのエクスプレッションの値を見る方法

  • パラメーターのエクスプレッションの値を見る方法について説明しています。

h15b_160817_02.jpg

パラメーターのStringの所にエクスプレッションを書く方法

  • VEXのウェビナーで紹介されていたものを説明しています。[サンプルファイルあり]

h15b_160817_03.jpg

Solverノードを使って実際に超簡単なソルバーを作ってみる

  • 今回はものすごく簡単な物理シミュレーションをSolverノードで実装する方法について説明しています。[サンプルファイルあり]

h15b_160817_04.jpg

Solverノードの使い方

  • Solverノードは理解すると非常に強力なノードですが、イマイチ良くわからない方のために解説しています。

h15b_160817_05.jpg

ネットワークビューで、ノードのチャンネルが参照しているデータのリンクを表示

  • 他人のシーンファイル等をリバースエンジニアするときに多少役に立つかと思います。

 

上記内容は下記ページ(一覧)からもご覧頂けます。
http://houdini.indyzone.jp/blog/?m=201608

 

Houdini について

Houdiniは、優れたパフォーマンスと飛躍的で使いやすい新機能を併せ持ち、あらゆるCGプロフェッショナルに、パワフルで使いやすい3Dアニ メーションのユーザエクスペリエンスを提供します。CG業界のUI標準に合わせて設計された新しいユーザインターフェースにより、制作時間を大幅に削減 し、プロダクションパイプラインの柔軟性を高めるパフォーマンスを享受することができます。

>> Houdini の製品詳細・ご購入はこちらnx.gif

>> sidefx.jp (日本語サイト) はこちら

投稿者 INDYZONE : 15:33 | トラックバック (0)

[追加開催!] NUKE STUDIO 入門クラス 【8月30日(火)】

nuke_freeex_bl560.jpg

8月23日分は定員に達したためお申込受付を終了いたしました。
ご好評につき、8月30日(火)に追加で開催致します!

The Foundry社、NUKE STUDIOは、個人のアーティストの方、そして共同チーム制作スタッフの方にとって、様々な形態のプロジェクトを成功するために必要なすべての機能を提供します。

Nukeファミリーをご導入もしくはご検討中の方、またご興味を持たれている方には最適な講座となっております。 1人1台のマシンをご用意しておりますので、実際にマシンを操作しながら習得頂けます。

このクラスは、購入を目的としたプロフェッショナル向けのトレーニングになります。学生様のご参加は、ご遠慮下さい。

Nuke Studio 操作画面

開催日時:

2016年8月30日(火)  15:00 ~ 18:00 (3時間)

内容:

シーケンスの追加、コンフォーム

  • 素材の読み込み
  • EDLからの読み込み

オフラインのメディア設定

比較表示、調整方法

Soft Effects

  • タイミング調整(TimeWarp)
  • 色調補正(Grade,ColorCorrect)

Export設定とプロジェクト管理について

  • ファイル名について
  • 設定方法
  • プロジェクト管理

Create Comp

  • Compファイルの生成
  • EditingとCompositingの切り替え
  • 作業と書き出し

バージョニング

Export設定を利用したシーケンスの追加読み込み

最終出力

※当トレーニングは1人1台のマシンをご用意したハンズオン形式で行います。
※内容に関しましては、予告なく変更する場合がありますので、予めご了承ください。

開催会場:
株式会社インディゾーン
〒105-0013 東京都港区浜松町2-7-11 芝KSビル 3F
Tel.03-5733-8971

受講料: 32,400円(税込)  初回に限り無料

定員:
6名

button.gif

 

投稿者 INDYZONE : 11:54 | トラックバック (0)

2016年08月16日

NUKE Composite Sessions in OSAKA 2016 【9月2日(金) 開催!】

banner_osaka_640.png

東京に続き、大阪でも開催!
NUKE Composite Sessions in OSAKA [ 2016年9月2日(金) 開催!]

東京で開催の NUKE Composite Sessions を、来たる9月2日(金)、デジタルハリウッド 大阪校で開催することが決定しました。

当日は、The Foundry社のクリエイティブ・スペシャリストより、NUKEセッションを行います。
その後、稲垣 充育 様および吉川 辰平 様より、実際の現場で求められるキーイングとインテグレーションなどNUKEコンポジットのキーとなる実演解説を行って頂きます。

またユーザー事例として、映画 『 KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV 』 のNUKEにおけるメイキングについて、株式会社スクウェア・エニックス 第2ビジネス・ディビジョンの制作スタッフ様よりご紹介いただきます。

メーカーセッション、ユーザーセッション、ユーザー事例と非常に盛りだくさんな内容となっています。NUKEをご使用中のユーザーやこれから導入を予定している方には、充実した1日となるでしょう。

お誘い合わせのうえ、皆様のご参加をお待ちしています。

Happy Compositing!

イベントタイトル:

NUKE Composite Sessions in OSAKA 2016

開催日時:
2016年9月2日(金) 14:00 ~ 18:00 (開場 13:30予定)

ゲストスピーカー (五十音順):
・稲垣 充育 様
・吉川 辰平 様
・綿森 勇 様 | 株式会社スクウェア・エニックス

開催会場:
デジタルハリウッド 大阪校 [WEBサイト]
大阪市北区鶴野町4-11 朝日プラザ梅田ビル2F [地図はこちら]
JR「大阪駅」徒歩6分 / 阪急電鉄「梅田駅」徒歩4分
阪神電鉄/地下鉄「梅田駅」徒歩6分
地下鉄「東梅田駅」「中崎町駅」徒歩6分

 

その他詳細、お申込みは以下リンク先をご覧下さい。

button.gif

 

投稿者 INDYZONE : 15:00 | トラックバック (0)

2016年08月10日

Google Cloud Platform NEXT World Tour in Tokyo に インディゾーン x CROSS は出展します。

GCP_Banners_Facebook_1200x628_footer_v2.jpg

GCP NEXT World Tour が今年も東京で開催されます!
インディゾーン x CROSS はパートナーとして出展します!

GCP NEXT とは、Google Cloud Platform の国内最大のイベントです。
GCP のグローバルエキスパートや豪華ゲストスピーカーによる基調講演、5 種類のテーマに沿った ブレイクアウトセッション、コードラボ、体験エリアなど、さまざまなコンテンツが予定されております。

最新のクラウド テクノロジーを体感できるまたとない機会となっておりますので、ぜひこの機会に参加登録をお願いいたします。

ご参加登録はこちら

皆さまのご登録を心よりお待ち申し上げております。

 

[ インディゾーン x CROSS について ]

インディゾーン x CROSSは、 Google Cloud Platform のパートナーとしてクラウドベース (CROSS)のレンダリングの導入設計、環境構築、運用・保守までをトータルでサポートするコンサルティングサービスです。

Google Cloud Platform(GCP)やGoogle Cloud Storage(GCS)をはじめとするGoogleのクラウドプロダクトのレンダリングパイプラン構築はもちろんのこと、Zync など、VFX アーティストのために VFX アーティストによって設計されたレンダリング用ソリューションもサポートいたします。 Zync によりアーティストは、Maya や Nuke など使い慣れたレンダリングツールを使用することで、Google インフラストラクチャのパフォーマンスやスケールそして価格面におけるメリットもシームレスに享受することが可能になります。

これらによってインディゾーン x CROSSはレンダリングサーバ運用サポートや、サービス監視、バックアップなどの作業代行や技術サポートを行い、クリエイティブ環境のレンダリングサーバ技術面を総合的にお手伝いすることを目指しています。

投稿者 INDYZONE : 16:59 | トラックバック (0)

NUKE STUDIO 入門クラス 【8月23日(火) 開催!】

nuke_freeex_bl560.jpg

The Foundry社、NUKE STUDIOは、個人のアーティストの方、そして共同チーム制作スタッフの方にとって、様々な形態のプロジェクトを成功するために必要なすべての機能を提供します。

Nukeファミリーをご導入もしくはご検討中の方、またご興味を持たれている方には最適な講座となっております。 1人1台のマシンをご用意しておりますので、実際にマシンを操作しながら習得頂けます。

このクラスは、購入を目的としたプロフェッショナル向けのトレーニングになります。学生様のご参加は、ご遠慮下さい。

Nuke Studio 操作画面

開催日時:

2016年8月23日(火)  15:00 ~ 18:00 (3時間)

内容:

シーケンスの追加、コンフォーム

  • 素材の読み込み
  • EDLからの読み込み

オフラインのメディア設定

比較表示、調整方法

Soft Effects

  • タイミング調整(TimeWarp)
  • 色調補正(Grade,ColorCorrect)

Export設定とプロジェクト管理について

  • ファイル名について
  • 設定方法
  • プロジェクト管理

Create Comp

  • Compファイルの生成
  • EditingとCompositingの切り替え
  • 作業と書き出し

バージョニング

Export設定を利用したシーケンスの追加読み込み

最終出力

※当トレーニングは1人1台のマシンをご用意したハンズオン形式で行います。
※内容に関しましては、予告なく変更する場合がありますので、予めご了承ください。

開催会場:
株式会社インディゾーン
〒105-0013 東京都港区浜松町2-7-11 芝KSビル 3F
Tel.03-5733-8971

受講料: 32,400円(税込)  初回に限り無料

定員:
6名

button.gif

 

投稿者 INDYZONE : 16:58 | トラックバック (0)

CARA VR 製品ページを追加しました

caravrpage_bl450.jpg

CARA VR for NUKE 製品ページを追加しました。
CARA VR 製品概要や機能などをご覧頂けます。

CARA VR 製品ページはこちら

 

CARA VR について

ワークフローを効率化し、ステッチ、レビュー、球体画像操作用の専用GPU駆動型ツールを追加することで、CARA VRは、360°ビデオコンテンツを作成するために本来NUKEが備えている適合性を強化します。

投稿者 INDYZONE : 15:40 | トラックバック (0)

EVERMOTIONより、アーチモデルズ Vol.171 が発売されました。

am171_bl450.jpg

アーチモデルズVol.171

Archmodels vol. 171には、建築用ビジュアライゼーション用のプロフェッショナルで高精細な3dモデルが54種類含まれています。本コレクションには、3dスキャンした 樹皮を持つハイクオリティで低ポリのアニメーションしたツリーモデルが収録されています。本コレクションには北半球の気候帯に存在する樹木が含まれてお り、本コレクションはヨーロッパおよび北米に存在する種で構成されています。全てのオブジェクトは、ご自身のビジュアリゼーション内ですぐに使用できるよ うになっています。
※シーンデータは含まれていません。

対応フォーマット:*.obj、*.fbx、C4d advanced renderer、Mental Ray *.max、Vray *.max、V-Ray *.c4d

※このコレクションは3ds Max 2011以上もしくはCinema 4D R17以上が必須となります。

>>アーチモデルズ Vol.171のご購入・詳細はこちらnx.gif

>>その他のEVERMOTION製品のご購入・詳細はこちらnx.gif

投稿者 INDYZONE : 15:04 | トラックバック (0)

2016年08月08日

FumeFX 4.0 for Maya 日本語オンラインマニュアルが完成しました!

fumefx4maya_jpm_rlbl560.jpg

FumeFX 4.0 for Mayaの日本語オンラインマニュアルが完成しました。
当マニュアルでは、FumeFX for Mayaのユーザーインターフェイスの説明や各機能の使用方法・設定方法などを分かりやすく解説しております。 併せて収録しているチュートリアルを終了することで、FumeFX for Mayaをいち早く理解することができ操作の手助けになります。ぜひご活用ください。

FumeFX for Maya 日本語オンラインマニュアルは、FumeFX 4 for Maya を弊社ならびに弊社パートナーよりご購入頂いたお客様へ無償でご提供致します。

FumeFX 4.0 for Maya 日本語オンラインマニュアル サンプル画像

fume4my_jpm_bl560.png

※FumeFX 4.0 for Maya 日本語オンラインマニュアルにつきましては、ユーザー様へメールにてご案内しております。まだ、弊社よりメールを受取っていない場合は、お手数ですがこちらまで、E-Mailにてご連絡をお願い致します。
メールが届いていない場合は、迷惑メールとして処理されていないかもご確認下さい。

FumeFX for Maya について

FumeFX は現実的で見事な炎、煙、及び爆発効果用に設計された、これまでになかったソリューションです。この独特なプラグインはAutodesk Media & Entertainmentの Maya モデリングおよびアニメーションソフトウェアにシームレスに統合するためにSitni Sati社より開発された、強力なガス状流体ダイナミクスシミュレータです。リアリズムの頂点を目指すビジュアルエフェクトアーティスト、ゲーム開発者、 そしてビジュアライゼーションのプロのために開発されたFumeFXは、流体ガスの微妙な差異と複雑さに到達する性能で匹敵するものはありません。

 

>> FumeFX for Maya の製品詳細・ご購入はこちらnx.gif

投稿者 INDYZONE : 16:45 | トラックバック (0)

2016年08月05日

【8月25日(木)開始】 The Foundry社、Mari 40%off プロモーション![予約販売開始しました]

foundry_headern_600.jpgmari40off_2016_pre.jpg
アカデミー科学技術賞受賞3Dペインティングソフト
Mari 新規ライセンスが40%以上OFF!

The Foundry社では、2016年8月25日(木)から48時間限定(2日間)の MARI プロモーションを実施致します。このプロモーションでは、通常価格から驚きの40%以上のお値引きでMARIをご提供致します。

通常価格: 243,800円(税別)  ⇒  128,000円(税別)
  263,304円(税込)   138,240円(税込)

プロモーション期間

2016年8月25日(木)開始 - 8月26日(金) 15時受注分まで

予約販売について

8月5日(金)より、予約販売の受付を開始しております。
※予約販売分の納品は8月25日(木)となります。

プロモーション対象製品

・Mari 初年度メンテナンス付き (ノードロックライセンス または フローティングライセンス)

Mari ご購入特典

 The Foundry メモ帳
foundry_book.png

Mari に関するQ & A ページ ご提供
・先着20名様に、The Foundry メモ帳 を進呈
・Mari 入門クラス を無料で受講 
もしくは 弊社にてご使用頂ける5,000円分のクーポン券プレゼント
※Mari 入門クラスの次回以降の開催日時については順次アップ致します。
内容については次回開催のMari 入門クラスをご覧下さい。

新規ご購入の方:

The Foundry社、Nuke,Hiero,MariまたはCollectiveいずれの製品もご所有されていないお客様は、下記リンクよりご注文頂けますようお願いします。

Nuke,Hiero,MariまたはCollectiveご所有の方:

The Foundry社、Nuke,Hiero,MariまたはCollectiveいずれかの製品をご所有の場合は、メンテナンス期間を調整する必要がございますので、あらためて弊社よりお見積もりをご案内致します。詳細は下記リンクよりご覧ください。

※プロモーション内容は予告なく変更になる場合があります。
※メーカーへの発注および納品はプロモーション開始以降となります。

Mari について

MARIは、大規模なプロジェクトに対応できる創造的なテクスチャペインティングツールです。MARIには、多くの2Dペイント系ソフトウエアでは到達しえない創造的なツールセットを搭載しており、アーティストがペイント作業に専念することが可能です。MARIのインターフェースは 非常に反応が良く、軽快にペイント作業が進められます。3Dモデルに直接ペイントし、その結果をその場ですぐに確認することができます。また、制作時間を短縮し、今まで不可能とされていたテクスチャ制作を可能にします。
>> Mari 製品詳細はこちら

>> The Foundry社製品についてはこちら

投稿者 INDYZONE : 14:02 | トラックバック (0)

2016年08月04日

目的に合わせた自由な講座設計ができるフリースタイルCGラーニング空間『CGGYM』
デジタルハリウッド東京本校に続き大阪校に誕生! [PR]

CGGYM.jpg

IT関連及びデジタルコンテンツの人材育成スクール[デジタルハリウッド](運営会社:デジタルハリウッド株式会社、本校:東京都千代田区)の大阪校では、広がるCG・映像分野の学びニーズに応え、東京本校にて好評をいただいている、CG・映像を必要なパートだけ個別に学ぶことができるフリースタイル CGラーニング空間「CG GYM」を開設しました。

ゲームや映画などのエンターテイメント分野では当たり前のように使用されている3DCG表現。

昨今では映像表現のみならず、プロダクトデザイン、プロジェクションマッピング、建築、医療、3Dプリンター、ドローンなどのマシン操縦にも使われ、あらゆる分野で3DCG表現が欠かせないものになってきています。 こうした活用法の拡大により、3DCGはあらゆる業種でそのスキルが求められるようになっています。

デジタルハリウッドでは様々なニーズに合わせたCGの教育を提供する為、”CGを必要な部分だけ個別に学ぶ”をコンセプトに、目的に合わせて学習内容をカスタマイズできるCGの学び空間、“CG GYM”をデジタルハリウッド大阪校に2016年7月開設しました。

「CG GYM」ではCG制作ツールであるMayaを、モデリング、アニメーション、レンダリング・ライティング、 エフェクトのそれぞれの工程に分け、必要な部分だけを学習することを可能にしました。

これにより3Dの静止画だけを作りたい方や、CGの苦手分野だけをピックアップして学ぶこともできます。

合わせて CG 合成や映像編集で使われる AfterEffects、粘土をこねるように3Dモデリングの造形(スカルプティング)ができるモデリングツールZBrushも学習することができるので、必要に応じて自由な組み合わせで学習できます。また目的別にあらかじめパッケージングした講座からお選び頂くことも可能です。

学習スタイルは独自のeラーニングシステムを活用した反転学習スタイルを導入しており、自宅や外出先でも学習することができます。まさにCGを好きな時に、好きなだけ、できるまでトレーニングできる施設、 それが「CG GYM」です。

また「CG GYM」開設記念として、 誰もが自分のスキルを活用して教室やワークショップを開催できる、 まなびのマーケットプレイスを運営するストリートアカデミー株式会社と連動した体験授業を毎月開催します。 よりCG、映像でのものづくりを身近に、楽しく、学びやすくする環境を創出します。

CG GYMはこんな方におススメ!

  • 異業種の方でCGスキルを現職で活用されたい方
  • CGの苦手分野を克服したい方
  • 仕事の関係等で固定の曜日で通えない方
  • 安価でCG学習を始めたい方

※スクール説明会にて講座詳細のご案内と申込受付をいたします。 本コースをご検討中の方はまずはスクール説明会へお越しください。

コースの詳細、 スクール説明会、 お問い合わせはこちら:

☆CG GYM
http://school.dhw.co.jp/school/osaka/event/event058.html

開講校舎

デジタルハリウッド大阪校
大阪市北区鶴野町4-11 朝日プラザ梅田ビル2F

(アクセス)
JR「大阪駅」徒歩6分
阪急電鉄「梅田駅」徒歩4分
阪神電鉄/地下鉄「梅田駅」徒歩6分
地下鉄「東梅田駅」「中崎町駅」徒歩6分

(お問い合わせ)
0120-655-810(月曜定休日)
メールでのお問い合わせはこちら

投稿者 INDYZONE : 18:07 | トラックバック (0)

2016年08月03日

The Foundry Japan 公式 YouTube チャンネル開局!

foundry_ythdr.jpg

The Foundry Japan 公式 YouTube チャンネルが開局されました!

開局に伴いまずは4本の動画が配信されています。(各動画については以下にご案内しております)

今後は、世界中のFoundryユーザーによる製品活用事例や話題作のメイキングストーリーなど、価値ある情報を日本語でどんどん発信されていくそうですので是非ご覧下さい!

f160803_04.jpg

【『コスモス:時空と宇宙』メイキングストーリー】:Tippett

設立30周年を迎えた有名VFX制作会社 Tippett Studioにおいて、NUKE、MODO、MARI、KATANAが作品制作にどのように用いられているのか、その舞台裏について話を聞きました。

f160803_03.jpg

【MODO活用事例】MODOを使ったパッケージデザイン

イギリスのハルに拠点を置くTrident社は、急成長を遂げる革新的なデジタルブランドマネジメント企業で、日用品の世界的トップブランドのグラフィック制作を手掛けています。アーティストはMODOを使用して、商品の購入時に消費者の関心を確実に引き付けるグラフィックや3D映像、アニメーション制作を行っています。

f160803_02.jpg

【MODO+MARI+NUKEパイプライン事例】:CoSA VFX

COSA VFXは、MODOやMARI、NUKEといったThe Foundry社のパイプラインを使用し、アメリカのテレビドラマ『GOTHAM/ゴッサム』の舞台であるゴッサム・シティの暗い、不吉な世界を表現しました。

f160803_01.jpg

【NUKE STUDIO活用事例】:nineteentwenty

nineteentwentyの創立者は会社設立の際、顧客と自らの事業の双方にとってのコスト削減を図りつつ、最高品質のコンテンツとエクスペリエンスを顧客に提供することを決意しました。

上記動画はこちら(一覧)からもご覧頂けます。

 

>> The Foundry社製品についてはこちら

投稿者 INDYZONE : 17:59 | トラックバック (0)

2016年08月01日

Houdini 日本語情報ブログに、記事を4つ追加しました。

h15b_160801.jpg

Houdini日本語情報ブログに、以下4つの項目を公開しましたので是非ご覧ください!

h15b_160801_001.jpg

HoudiniのCOPでUVパスを元にテクスチャを入れ替える 4

  • それぞれのパスを使って合成して元の質感を再現する方法について説明します。[サンプルファイルあり]

h15b_160801_002.jpg

Wrangleで他のインプットのデータの読み方

  • VEXのウェビナーで紹介されていたものを説明しています。[サンプルファイルあり]

h15b_160801_003.jpg

Wrangleでアップストリームのアトリビュートを継承、もしアトリビュートがなければ初期化

  • VEXのウェビナーで紹介されていたものを説明しています。[サンプルファイルあり]

h15b_160801_004.jpg

Wrangle のEnforce Prototypes について

  • Wrangle のEnforce Prototypes について説明しています。

 

上記内容は下記ページ(一覧)からもご覧頂けます。
http://houdini.indyzone.jp/blog/?m=201607

 

Houdini について

Houdiniは、優れたパフォーマンスと飛躍的で使いやすい新機能を併せ持ち、あらゆるCGプロフェッショナルに、パワフルで使いやすい3Dアニ メーションのユーザエクスペリエンスを提供します。CG業界のUI標準に合わせて設計された新しいユーザインターフェースにより、制作時間を大幅に削減 し、プロダクションパイプラインの柔軟性を高めるパフォーマンスを享受することができます。

>> Houdini の製品詳細・ご購入はこちらnx.gif

>> sidefx.jp (日本語サイト) はこちら

投稿者 INDYZONE : 19:51 | トラックバック (0)

【終了間近!8月8日(月)まで】 MODO 10 シリーズ 2016 SUMMERキャンペーン 実施中!

banner_CampaignTop_2016SummerCampaign02.png

※終了間近となっておりますのでご検討中の方はお早めにご購入頂けますようお願い致します。

MODO 10 シリーズを期間限定の特別価格でご提供!

2016年8月8日(月)までの期間、MODO 10 シリーズ日本語版をお求めやすい価格でご購入いただけるキャンペーン「MODO 10 シリーズ 2016 SUMMERキャンペーン」を実施いたします。是非この機会に、MODO 10 シリーズ日本語版の導入、アップグレードをご検討ください。

プロモーション期間

2016年8月8日(月)まで

SUMMERキャンペーン ご購入はこちら

製品名 / 新規ライセンス 定価
(税込)
プロモ定価
(税込)
IZ価格
(税込)
MODO 10 シリーズ 通常版/スタンドアローン 244,080円 213,840円 192,240円
MODO 10 シリーズ 通常版/フローティング 244,080円 213,840円 192,240円

製品名 / アップグレード 定価
(税込)
プロモ定価
(税込)
IZ価格
(税込)
MODO 10 シリーズ アップグレード 通常版/
スタンドアローン
73,440円 64,800円 58,320円
MODO 10 シリーズ アップグレード 通常版/
フローティング
73,440円 64,800円 58,320円

MODO について

MODOは新たな次の段階へと進化した3Dモデリング、ペイント、レンダリングなどの機能を、MacおよびPC双方のプラットフォーム上へと、一つの統合 環境としてご提供します。そしてさらに、3Dスカルプティングツール、アニメーション、そしてネットワークレンダリングを備える真に徹底したソリューショ ンとなっています!それぞれがただ機能として存在しているだけではなく、MODOはテクノロジを見事に統合し、すばらしい処理能力、ワークフローの改善が施されています。

投稿者 INDYZONE : 17:49 | トラックバック (0)

2016年07月29日

CINEMA 4D MSAバンドルキャンペーン 【2016年8月31日まで】

CINEMA4D_R17_msab_590.jpg

2016年8月31日まで、Cinema 4D R17およびBodyPaint 3D R17にMAXONサービス契約(MSA)をバンドル販売するキャンペーン「MSAバンドルキャンペーン」を実施中。MSAは、契約期間中に新バージョンがリリースされると無償でバージョンアップやチュートリアルの提供などが行われるサービスです。

さらに、新規購入なら通常価格より15%オフでMSAをお付けしますので、通常よりもかなりお買い得になっています。アップグレードも通常のアップグレードから35%をお値引き後の価格にMSA費用を追加した金額でアップグレードできます。

キャンペーン期間:

2016年8月31日 15時受注分まで

MAXONサービス契約について

「MAXONサービス契約 」(MSA)は、MAXONのお客様に提供されるオプションです。ご契約いただいたお客様には、常に最新版のCINEMA 4Dもしくは BodyPaint 3Dが提供されます。MSAにご契約期間中に契約ソフトの新しいバージョンがリリースされた場合、自動的に製品が送られるため、いつも最新の機能をお使い いただくことができます。

対象製品:

  • Cinema 4D 各製品の新規購入 (新規ライセンス および サイドグレード[乗り換え版])
  • Cinema 4D 各製品のアップグレード

>> MSAバンドルキャンペーンの詳細・ご購入はこちらnx.gif

投稿者 INDYZONE : 17:11 | トラックバック (0)

2016年07月27日

Nuke 無料体験セミナー 【8月19日(金) 開催!】

nuke_freeex_bl560.jpg

The Foundry社、コンポジットソフトウェア「Nuke」のインターフェースや基本的な機能、操作方法などを学ぶ事が出来る無料体験セミナーを開催致します。1人1台のマシンをご用意しておりますので、実際にマシンを操作しながら習得頂けます。

Nukeの導入をご検討中の方、またはご興味を持たれた方等、ぜひともご参加ください。

開催日時:

【第一部】 2016年8月19日(金)  【第一部】 13:00 ~ 16:00 [3時間 (休憩含む)]
【第二部】 2016年8月19日(金)  【第二部】 17:00 ~ 20:00 [3時間 (休憩含む)]
※第一部、第二部ともに同じ内容となります。

内容:

Nuke基本操作

  • UI、プロジェクト設定と環境設定
  • ノードについて
  • Viewerについて

コンポジット

  • 基本的なコンポジット
    ファイルの読み込み、合成、アニメーション、ファイルの書き出しという基本的な流れを行います。

    ※対象となるノードまたは機能
    (Read、Merge、アニメーションの設定、Curve Editor、Write)
  • はめ込み合成
    実写の素材に対して、トラッキングを使用して別の素材を合成します。

    ※対象となるノードまたは機能
    (PlanarTracker、CornerPin2D、Blur)
  • 3Dコンポジット
    実写のシーケンスに対して、3Dのオブジェクトを配置します。

    ※対象となるノードまたは機能
    (CameraTracker、ReadGeo、ScanlineRender、色調補正、VectorBlur)

※当トレーニングは1人1台のマシンをご用意したハンズオン形式で行います。
※内容に関しましては、予告なく変更する場合がありますので、予めご了承ください。

開催会場:
株式会社インディゾーン
〒105-0013 東京都港区浜松町2-7-11 芝KSビル 3F
Tel.03-5733-8971

受講料:無料

定員:
各6名

button.gif

 

投稿者 INDYZONE : 20:14 | トラックバック (0)